ぴこれぽーと

最近はフィギュアスケート界の闇について書いています。

デーオタ佐々木彰生の不自然なほどの高橋上げツイまとめ

   

Pocket

氷艶はUSMがほぼ贔屓だけを集めて行ったショー。五輪PRが絡んでいるため、チケット売れなくて客席がガラガラでも赤字でも関係なし。

その贔屓だけを集めた氷艶に出演していたスケーターの1人、佐々木彰生というデーオタスケーターについて記事にしたいと思います。

彼のTwitterでの不自然なほどの高橋上げのつぶやきをまとめました。

スポンサーリンク

佐々木彰生

笑顔製造者(彰吉は彰生氏) (@akiolympus0319)

佐々木彰生は歌子と同じチーム高橋メンバー。氷艶にも主演。他のスケーターを貶しながら高橋に媚びていたおかげで氷艶で大役をもらえた可能性が高い。

佐々木氏は大役がもらえるような実績がまったくないため、明らかに不自然。

2013年全日本13位。2014年、6月に現役引退した元スケーター。

 

「唯一無二」「大ちゃんを越えるスケーターは現れない!」

「唯一無二」はデーオタがよく使う言葉。超えるも何も他と比べなきゃ褒められないのもデーオタと同じ思考。氷艶の出演が発表されたとき、この頃にオフォーが決まったんだろうと感じた人も。

高橋を褒め称えていればいいことがあるんですねぇ。

 

うんざりするほどの不自然な高橋上げの数々

 

 

親子ともどもデーオタ

ほんとなのか知りませんが、自分の母親も高橋が好きだよーとわざわざツイでアピール。デーオタと同様、人気捏造目的?笑

 

悪質なUSM事務所所属の1人、宇野選手のことも褒めツイ

高橋に関係ある人物のことは持ち上げています。

 

この人物はひじょうーーーに計算高い人間であることは確実。悪質界隈に媚び売っておけばいいことあるんでしょうねー。

 

Pocket

スポンサーリンク

 - エンタメ