USMと日本スケ連のゴリ押しが原因?ISU公式大会の4F初成功者うやむや

②宇野選手のジャンプ技術には大きな欠陥があり4Fに関してもしかり。一旦、認定したものの迷っている可能性

宇野選手のジャンプに欠陥があるのでISUが躊躇している可能性

スケオタから3.2loopと呼ばれている宇野選手の4F

踏み切りの瞬間

スロー

スケオタの反応まとめ

宇野選手の4Fはトウをつく右足より踏み切る左足が先に離氷し、右足が「フルブレード」状態で最後まで残っている。ブレードの位置をずらして独自の自己流ジャンプを編み出したようだ。

がっつりフルブレード+度を超えたプレロテだからスローで見ると完全にループに見える。フリップとルッツの踏切には厳しいけどループの変形種みたいなフリップ翔ぶ人はどうジャッジしたらいいのか分からないのではないか。

つまり本来フリップは左足で踏み切らなければならないのに、左足ではなく残した右足エッジで踏み切ってしまっているチートジャンプ。

 

スポンサーリンク

ネイサンの4Fとの比較

ネイサンが右足トウを突いた瞬間ほぼ同時に両足が空中に跳び上がる正常な踏み切りをしているのに対し、昌磨君の4Fは左足が空中に跳び上がってもまだ右足全体が ベタリと氷に着いていて、体が二分の一以上回転した所でようやく右足が離氷している。

こういうジャンプはGOEがマイナス評価でなければおかしいし、ネイサンの正しい踏切の4Fと点数評価に差異をつけるべきだと思う。

 

宇野選手はブレードの位置をずらしている。

「Friends+α 宇野昌磨」http://m.bilibili.com/video/av6432996.html#page=2

宇野昌磨のブレードの位置のずらしとスケーティング技術

 

ループはRBO(右足・後ろ向き・アウトエッジ)に乗って踏み切るため、宇野選手の跳び方(氷上でのエッジのスライドのさせ方)のみで考えると4Loに限っては役に立っているかもしれない。

それまで滑ってきた推進力とタイミングを上手く利用する技術関係なく、力技で回転かけられる。
さらに実質3.2Loopと海外でも指摘があった4Fにもこれは役立っているだろう。ただし宇野選手の跳び方に限る。

前傾姿勢はブレードがそんな付け方だからインアウトそれぞれに正しく乗って進める自分のスイートスポットも見い出せず、ああやって体重をかけて両足滑走しないとスピードが出せない。

両方が右寄りだから右は外より左は内より。だから左右非対称。ジャンプの回転が反時計回りだから、ブレードを右寄りにつけることでエッジが抜けるのを防げるということになる。

左はトウループでトウを思い切りついてもエッジが抜けないようにと言っているが、その発言自体がトウをついてるんじゃなくてエッジを使っている証拠。

右はループが抜けないためと言っているが、フリップで右足のトウじゃなくてエッジを使ってプレロテして跳ぶのに確実に役に立ってる。

宇野選手のジャンプの着氷で「流れがあります」と解説されたりするが、右足ブレードをそんな外側に付けていたらそりゃ着氷の時に自然とそれらしい角度になるので(解説に騙されて)一見流れてるように見える人もいるかもしれない。

 

ジャンプの明確な跳び分けが出来ておらず、踏切に関しての疑問がもっとも多いようである。

さらに着氷に関しても、通常は空中で4回転回りきった後で回転を止めて下りてくる。そして着氷に流れのあるジャンプを作るが宇野選手の場合は回転を止めることをせずに回りながら下りてくる、回転数をかせぎながらおりるやり方なので着氷が汚く、ぐり降り、両足着氷、オーバーターン、ステップアウト、フリーレッグが氷にかするなど質の悪さが目立つが今のところそれでもフリップ1本で基礎点と加点で14点くらいはガッツリ稼いでいる。

見ている方の不公平感と苛立ちはつのるばかり。

世界ランク2位、世界選手権2位の人のジャンプとしては突っ込みどころがありすぎる。宇野選手が跳び方を改めるか採点方法を改めるかなんとかしてほしいものだ。
また実際スケート関係者は宇野選手のジャンプ技術と採点についてどのように感じているのだろうか唯一、無良選手が宇野選手は跳び上がった時点で半回転しているので、3回転半で済んでいると発言はしているがそれも選択肢の一つというような言い方をしている。
OB達(小塚、鈴木、高橋など)もこれから色々と宇野選手についても発言すると思うがきっと誰も本当のことは言わないような気がする。

当の宇野選手の最近の発言

@キャッチ! 昌磨くん
小さな頃はオリンピックに行きたいか聞かれ「いければ」
今は「僕の中でオリンピックっていうのは目標ではありますけど夢ではなくて、そして、言い方は悪いかもしれませんけれどもそこがゴールじゃない」

@キャッチ! 昌磨くん。
「ジャンプっていうものは…あの、本当に難しくなってきていてどんどんどんどん高難度を入れなければいけない、 本当にレベルが上がってきているなということを自分でも実感してるんですけども、その中で自分が戦えているということに感謝しつつ楽しみたいなと思っています」

これらの発言から見るに、本人はあくまでも自己評価が高く自分のジャンプに問題があるという風には思ってはいないようだ。
周りも宇野選手本人と同じ考えなのであろうか・・・疑問は深まるばかりである。

 

スポンサーリンク

コメント

  1. るな より:

    今回も大変貴重なご検証ありがとうございます。
    この件は気になっていたのですが、本当に胡散臭いですね。迷宮入り案件なのではないでしょうか。

    宇野選手が世界初4Fを認定されたTCCを公式試合だと言い張り、逆に羽生選手が公式試合で4Loを世界初認定されたチャレンジャーシリーズでは、日本のメディアは公認試合だと言い張り訂正をしませんでした。あれも本当に気持ち悪かったですね。

    スケ連は雑誌における現役選手の扱いを平等にしろとお達しを出しているという噂がありますが、戦績や実力に関するメディアの記載や扱いも、あの手この手で平等にしたいようですね。それどころか実際とは逆のことを書かせてケロッとしています。メディアは嘘を書き逃げです。

    話が逸れましたが、チェン選手を擁するアメリカスケ連も、宇野選手の跳び分けの出来ていないジャンプを内心認めていないんじゃないでしょうか。
    でも宇野選手が4Fをギネスに申請したTCCという大会はアメリカ開催です。自然に考えれば取引かと思いますね、大人の事情が色々とあるのでしょうね。
    現実として、ISUはプロフィールに記載しないし、アメリカサイドも記載してほしいとは考えないでしょうね。

    今シーズンも宇野選手は激甘採点でしょうか。TOYOTAのホームページによれば、宇野選手は既にGPF出場が決まっているかのようで、本当に気分の悪い話です。

    今回も長々と失礼いたしました。
    承認等は良いようにお願い致します。
    お返事は大丈夫です。

    • piko より:

      るな様

      >宇野選手が世界初4Fを認定されたTCCを公式試合だと言い張り、逆に羽生選手が公式試合で4Loを世界初認定されたチャレンジャーシリーズでは、日本のメディアは公認試合だと言い張り訂正をしませんでした。あれも本当に気持ち悪かったですね。

      この件については、るな様も多くの情報を下さりありがとうございます。
      記事をまとめながらあまりにも多くの捏造に呆れてしまいました。

      >羽生選手の「公認試合」の記載については、単に「公認大会」と書くことで(ISU公認大会の意味するものは非常に幅広い)宇野選手と差を付けないようにしたと読み取れました。

      私もそう思います。
      羽生選手と宇野選手の認定を同格扱いするために
      メディアは敢えてISUが公認する大会という広い意味で使っていましたよね。
      本当に気持ち悪いです。

      >スケ連は雑誌における現役選手の扱いを平等にしろとお達しを出しているという噂がありますが、

      どなたかの講義での情報でしたっけ?噂ではなく事実みたいですよ。
      それにともなってFaOIのフォトブックの羽生選手のページ数を当初の予定より減らされたとか。
      羽生選手は当初は20ページ(?)、宇野選手は12ページ(?)(記憶が曖昧です)
      だったとどこかで見ました。
      変更後は羽生選手は14ページ、宇野選手は8ページとかになったんでしたっけ、
      見ていないからわからないのですが、減らされたのは確かのようです。

      スケ連が「1人だけを目立たせない」ようにしている動きは明らかですね。
      高橋や浅田さんの時代にはこんなこと言い出さなかったのにおかしいでよね。

      >チェン選手を擁するアメリカスケ連も、宇野選手の跳び分けの出来ていないジャンプを内心認めていないんじゃないでしょうか。

      もちろんそうだと思います。その認定されたフリップもネイサンのそれとは別物ですし当然アメリカスケ連も腹が立っていると思います。

      >でも宇野選手が4Fをギネスに申請したTCCという大会はアメリカ開催です。自然に考えれば取引かと思いますね、大人の事情が色々とあるのでしょうね。

      取引でしょうね。去年GPSスケアメにも何日も前から行ってた記憶があります。
      一家総出でなんか色々やっていると思います。この不自然な採点は。

      >現実として、ISUはプロフィールに記載しないし、アメリカサイドも記載してほしいとは考えないでしょうね。

      羽生選手のほうはオータムで4Loを跳んで翌日とかだったかにすぐ認定されていましたね。
      対して宇野選手のほうは1週間近くかかって認定されたんですよね。
      当記事にもあるように、田村明子のコラムに書いてありましたものね。
      日本スケ連がISUに要請中だと。本当に異常ですよ。

      それでもプロフに4F成功者として記載しないし
      他の選手に比べてあの短文のプロフは・・・。

      >今シーズンも宇野選手は激甘採点でしょうか。

      ロンバルディア、JOの点の出方でわかりそうですね。
      まぁどっちも激甘採点なので参考にならない試合ですが・・・。

      >TOYOTAのホームページによれば、宇野選手は既にGPF出場が決まっているかのようで、本当に気分の悪い話です。

      気味が悪すぎます。なんでこんなにおかしいことばかり続くのでしょうか。

  2. るな より:

    一部補足ですが、
    羽生選手の「公認試合」の記載については、単に「公認大会」と書くことで(ISU公認大会の意味するものは非常に幅広い)宇野選手と差を付けないようにしたと読み取れました。

    失礼いたしました。

  3. より:

    私は、宇野選手のトリプルアクセルをスローで見て、離氷時が後ろ向きでおかしいと思いました。あれでは三回転です。

    • piko より:

      丸さま

      コメントありがとうございます。
      実はトリプルもまともに出来ていないんですよね。
      ところがワールドでは+3がついて呆れています。
      クワドもあの4Sが認定されたりとめちゃくちゃです。

タイトルとURLをコピーしました