世界選手権2018男子フリー最終グループ各国ジャッジと結果

2018年の世界選手権はショートプログラムが終わった時点でマッシミリアーノが最悪な大会と言っていたが、まさかフリーもそうなるとはな・・・。今回は羽生ハビが不在で金メダル獲得のまたとないチャンスというプレッシャーからなのか、最終グループに突入した途端に稀に見る自爆大会になってしまった。ワールドでここまでの自爆大会は記憶にない。

最終順位の金銀はやっぱりといった感じで・・・コリャダが3位に。

各国ジャッジと結果

SPにいた日本中国ウズベキスタンロシアジャッジが抜け、フリーではラトビア台湾フランスアメリカジャッジがIN。ラトビア・フランス・アメリカは平昌でも好き放題やっていた国。

1 Ms. Agita ABELE ラトビア
2 Ms. Tarja RISTANEN フィンランド
3 Mr. Eddy WU 台湾
4 Ms. Susan BLATZ カナダ
5 Mr. Peter RANKIN オーストラリア
6 Ms. Veronique VERRUE フランス
7 Ms. Anna KANTOR イスラエル
8 Ms. Anna SIEROCKA ポーランド
9 Ms. Wendy ENZMANN アメリカ

 

ネイサン・・・台湾228、オーストラリア226、盛りすぎ。フランスも223。アメリカは平昌でやりすぎたのもあってか220だが、これだけの国が揃えば一気に平均が上がるわけで。
宇野選手・・・台湾183、フィンランド186。取られるべき回転不足を見逃されているので各国の点数比較なんてものももはや無意味な気がする。

 

スポンサーリンク

ネイサン・宇野昌磨 プロトコル

SPでも採点が疑問視されていた2人のプロトコル。ネイサンの繋ぎなしプロにPCS9点台がずらり、宇野選手は3回転倒のグダった演技にPCS88。

両者ともGOEもPCSも酷すぎて呆れ果てた。

 

宇野選手の冒頭の4Loは完全に回転不足だけど、平昌とまったく同じく見逃された。そしてこの見逃しでまたもや順位が変わるという採点だった。

ライアン解説「4Lo、オリンピックと同様のミス。回転全く足りなそう」→回転不足取られず

「」

前の選手達の転倒が相次いでほんとに酷い流れの中、ネイサンは最終滑走で見事に6クワド成功させた。だけどネイサンは着氷が流れないので綺麗じゃない。あれだけジャンプを詰め込めば質より量だから仕方ないのかもしれないが。

また、助走→ジャンプ→助走→ジャンプ→助走→ジャンプでPCS91.84は高すぎる。五輪ではPCS87点台だったがそれも高いけど。

繋ぎを増やすのははっきり言ってかなり難しいと思う。今もジャンプの前に技を組み込むこともできてないから、ジャンプの前後に繋ぎを入れたら同じように跳べるかわからないし大崩れの可能性もある。

でも現状繋ぎなしで高PCSもらえてるし入れる予定ないのかもしれないな。ジャンプ特化型になってしまって残念だ。

あの流れの中しっかりまとめたらガッツリ点を出したい気持ちもわかるけど、着氷が詰まってても4回転なら関係なしで繋ぎが全然無くてもPCSを当たり前に出すようなジャッジは大問題。質の高いジャンプを跳べる選手がいないからとか、他選手が自爆の中で1人だけまとめたからとか、自国贔屓やら、そんな理由でジャンプの加点を大盤振る舞いするなんて採点システムの崩壊でしかない。

最終グループは滑って→(長い助走)→構えて→ジャンプの繰り返し。着氷が汚い高難度ジャンプも目立った。

ジャンプを跳んで点が出るのはルール内なのはわかってるけど繋ぎやステップ無しでもジャッジが評価してるのがもうね。
ずーっと待ち構えてジャンプ跳んでの繰り返しで曲の世界観なんてものは関係なくなってしまってる。

 

そもそも、グダった選手のPCSもGOEも甘すぎる。

3回転倒の宇野選手になぜPCS88も出てるんだ?薄い繋ぎの両足漕ぎにこれまでも不当に高いPCSが出てるけど、グダっても88も出してるのには疑問しかない。

だからコケずにまとめたネイサンにはPCS91は出さざるを得なくなる。ほんとにもう採点の意味を成さない競技に成り下がった。

 

スケートの採点はエッジで氷にどう図形を描くか、その正確さと難しさを競う。

下半身がきちんと規定に沿った動きが出来ているかどうかがまず大前提で、その上で上半身となる。要するに上半身の動きなんてものは二の次。足元が一番大事なんだよ。

だから下手な選手や体力の持たない選手ほどいつまでも両足滑走ばかりだし、注意を下半身から逸らそうと上半身を大胆に派手に動かしてごまかそうとする。

 

今後、ジャンプが演技の中に流れるように溶け込み、ジャンプ前の跳ぶぞ跳ぶぞ感がなく、繋ぎモリモリで、質の高いジャンプを跳ぶ選手は出てくるだろうか。

 

世界選手権2018男子SP検証【宇野・ネイサン・ボーヤン】

 

スポンサーリンク

コメント

  1. 二児の母 より:

    こんにちは。いつも読ませていただいてます。
    私は何とかジャンプの見分けができる程度のレベルなので、ここでコメントするのも差し出がましいと思い、いつも読ませていただいては「全くその通り!」と共感していましたが、今日は思い切ってコメントさせていただきます(とはいえ、頭の中にあることをすべて文章にできるか不安ですが)。

    おっしゃる通り、フィギュアスケートは足元が一番だと思います。ただ、フィギュアスケートはルールがよく分かっていない人には理解するのが難しい競技ですよね。多分ジャンプを見分けることができない視聴者がほとんだと思いますし、きれいなジャンプと汚いジャンプの違いが分からないとか。回転不足は私もほとんど分かりません。ステップなんて、多分足元見てる視聴者は少ないかもしれませんよね。だから、羽生選手が繰り出す超絶技は、あまりにも簡単そうにこなしているため難しく見えなかったり、「ノーミス風」が逆にすごく見えたり。あと、この選手はジャンプでこけたのに、こけなかった選手より点数が高いのは何故?とかも分かりにくい競技だと思います。だからこそ、ジャッジにはしっかり公平に採点してほしいんですよね。
    羽生選手のコレオシークエンスを見ると、「え!?またステップシークエンス?」っていうぐらい内容が濃いのに対し、宇野選手は両足で滑ってきてクリムキンイーグルで終了。なのに、いつもGOE高いですよね。そのGOEにも納得がいかないのですが、コレオにかけられる時間が多いか少ないかっていうのは、私は演技全体を通して無駄な動作が多いか少ないかじゃないのかなって素人ながら思うんです。だから、羽生選手がいかに少ないクロスオーバーで効率よく滑りつつ、難しいつなぎも入れて、ジャンプも演技にどれほど溶け込んでいるかという点に本当に脱帽です。羽生選手が言った「技術こそ芸術」という言葉、奥が深すぎます。
    あと、本当にフィギュア上半身で争う競技ではないですよね。下半身の動きがあってこその、上半身。だけど、本当にこの上半身にはジャッジや解説者らも騙されている気がします。上半身の動きっていうのは派手ですもんね。

    今回の世界選手権、ネイサンの演技を見ましたが、クワドをあれだけ入れられるっていうのは凄いとは思いますが、何にも伝わってこないんですよね。音楽なしでもいいんじゃないかっていうぐらい。音楽の世界観はどこに行ったんでしょうか。そして、あまりにも構えからのジャンプが多すぎて何か白けます。繋ぎからジャンプに入るのは難しいし、体力も消耗するでしょうが、来季からのルール改定後、時間は短くなるのにジャンプは1つしか減らないという状況で、更に繋ぎが少ない演技構成になっていかないことを願います。

  2. 雪路 より:

    何時もありがとうございます。

    お疲れ様です。
    今季のルールで最後の世界選手権でしたし、
    ゴマカセルノハ今季までだったって事ですかね?

    • piko より:

      雪路様

      まだまだ誤魔化す予定だと思いますよ。
      正直言ってルール改正には期待できませんね・・・。

  3. fukuちゃん より:

    こんにちは、何時も拝見して勉強させて頂いてます。
    今まではTVで各選手の演技見てて流れるような綺麗な演技だなとかギャンプは飛んでるけどなんかぎこちなくて汚いなぐらいしか感じませんでしたが奥が深いフィギアの色々にpiko様の記事を読んで恥ずかしく思いました、まだまだ素人なので専門的な事はわからいのでせめて拡散をさせて頂きます、既に私のFBで色々拡散させて頂きました。
    これからもpiko様の記事楽しみにしてます(^_-)-☆

    • piko より:

      fukuちゃん様

      いつもご覧頂きましてありがとうございます。
      フィギュア界は見た目華やかなのに
      内面はこんなにもドロドロなんですよ・・・。
      知りたくないことばかりかもしれませんし
      私の自己満足ブログなのですが^^;
      ありがとうございます。

  4. 月の花 より:

    こんにちは
    pikoさま、いつもまとめ記事をありがとうございます。
    私もフィギュアのファンになってから短くはないですが、詳しい事は分からない者です。
    何年前か記憶が定かではありませんが、宇野選手の得点が急に上がった時期がありました。えっ?この演技にこの得点??と感じた時からずっと不信感を持っていました。スローでなくても両足滑走がすごく目についたり、どこからが始まりなのか、いつ終わったかも分からない、いつも腕をぶるんと振り回す気持ちの悪いジャンプ、TV画面の端から端まで移動するようなブレブレのスピンなど、疑問しかなかったです。
    それが平昌前ごろからこちらのサイトを見つけて、一人ガッテンして納得しておりました。素人の目から見てもおかしいものはおかしいです。
    pikoさまが膨大な内容をまとめアップしてくださるので、これが世論となって一刻も早く厳正なる審査がなされるようにと願うばかりです。

    • piko より:

      月の花様

      別の記事でも書いていますが、
      ジュニアの頃、2014全日本から
      すでに見逃し採点がありました。
      翌年の四大陸と世界ジュニアでもPCS爆盛り、
      あまりにひどいです。
      http://pikorepo.com/unopcsjyosyokensyo-11105

      >スローでなくても両足滑走がすごく目についたり、どこからが始まりなのか、いつ終わったかも分からない、いつも腕をぶるんと振り回す気持ちの悪いジャンプ、TV画面の端から端まで移動するようなブレブレのスピンなど、疑問しかなかったです。

      そうですよね。酷いトラベリングスピンにあの酷いジャンプ。
      踏切から着氷まであまりに酷すぎる。
      ずっと漕いでばかり。
      これに高得点は疑問しかありませんね。

      平昌以降、コメントくださる方が増えました。
      皆さんやはりあの採点に疑問を感じていらっしゃいます。

  5. えびー より:

    こんにちは! ネーサンの1位は文句なしですがGOEとPCSは疑問ですよね。個人的な意見ですが、男子でPCSが9以上与えられるのは、チャン、羽生、ハビ、ジェーソンの4人だけだと思います。友野君はジャッジ間で最大20点もの開きがでるのは、ジャッジシステムの客観性に疑問わきます。

    • piko より:

      えびー様

      そうなんです。
      ネイサンの1位にはなんの疑問もないですが・・・
      あの点数ですね。

      >男子でPCSが9以上与えられるのは、チャン、羽生、ハビ、ジェーソンの4人だけだと思います。

      私もそう思います。
      彼らは逸脱していますよね。
      その彼らと同等、またはそれ以上の点数を出すジャッジがあまりにも酷い。

      漕いでジャンプ漕いでジャンプ、しかも質が低い、汚い着氷に高得点。

      男子フィギュア界の将来は真っ暗です。

  6. えい より:

    台湾、オーストラリア、フランス…
    有力選手のいない「第三国」の動きですよね。アメリカ自国だけなら昔のアメリカvsソ連の採点合戦となんら変わりませが、複数への根回ししてるんだろうな、と思わざるを得ませんね。

    宇野氏は4Sに挑戦というニュース見ましたが、今飛べるジャンプの矯正が先でしょうに。宇野にしろネイサンにしろ回転不足をちゃんと刺さないからただジャンプを増やすという戦略を通すわけで、なのに高いPCSで、もうジャッジも選手もグダグダ。

    最終グループの中ではコリャダはジャンプさえ決まれば繋ぎやステップ、スピンなどトータルとしては良いと思いましたけど、どうにも出来レースの犠牲になってしまう位置ですかね。

    ISUの公式facebookでは、ネイサンのジャンプばかりの演技に対してかなり苦情コメントが寄せられてました。ネイサンが悪いというか、結局のところジャッジが悪いのですけどね。
    ルール改正よりこうまで崩壊した採点システムどうにかしろと言いたいですね。

    • piko より:

      えいさま

      >台湾、オーストラリア、フランス…
      有力選手のいない「第三国」の動きですよね。

      まさしくそのとおりですね。
      有力選手のいない国にはやりたい放題してもらえますね。
      スケオタはアメリカの汚いやり方を見てきているので根回しを疑われるのは当然ですね。

      宇野選手はロンバルディアで4Sが認められたんですよね・・・。
      回転不足なのに認定されるなんて・・・。
      フリップとかもそうだけど・・・。

      >回転不足をちゃんと刺さないからただジャンプを増やすという戦略を通すわけで、なのに高いPCSで、もうジャッジも選手もグダグダ。

      芸術性の欠片もありませんね。
      採点も崩壊しています。TESもPCSもメチャクチャ。

      コリャダはトータルとしては良い選手ですが、
      確かに犠牲になることが多いですね。
      GPFもそうだった。本来1位だったのに奪われてしまった。

      >ISUの公式facebookでは、ネイサンのジャンプばかりの演技に対してかなり苦情コメントが寄せられてました。

      そうなのですね。
      あれはもう酷いとしか言いようがありませんからね。
      漕いでジャンプの繰り返し。楽しみも何もありません。
      アメリカに有利なルール改正になりそうで憂鬱です。

  7. あおい より:

    毎回見ています。
    世界選手権FSで宇野ファンが
    ボーヤン演技前にもかかわらず、大声で宇野への声援送ってたらしく最悪です。
    結局宇野は怪我じゃないんですよね。今月のアイスショーに出るくらいですからね。
    調子悪かったら「ケガ」の言い訳「靴を替えた」の言い訳。
    GPSでさえも「インフルだった」とか、試合前に言い訳。
    ネイサンもありましたね。去年の世界選手権に「靴問題」オリンピックに「足の腫れ」。
    私は、試合前にそれを広めることこそ「負ける」フラグが立つような気がするのですけどね。「調子悪い」って言ってるわけだから。
    あばらを骨折してよーがノルディック複合に出た渡部さんを見習ってほしいです。
    自分の演技を直そう、とか見せよう、とか思ってないですよね。彼は。
    このジャンプ跳んで加点もらえるからOK!っていう風にしか見えない。
    憧れられる人になりたい、っていうセリフを何回か聞きました。コロコロ変わるコメントのなか、これは「本当に」思っていることなんだと思う。
    けれど、自分を振り返ってみて「憧れられる存在か」すぐにわかると思うんだけど。
    …にしても
    海外記者さんの「羽生のいない世界選手権で勝てなかった宇野に価値はないよ」の言葉はかなり辛辣です。日本でこんなこと言う人いないなあ。
    なにせオリンピックですらショートでの点差考えず「ループ成功してたら金メダル」みたいな嘘ばっかり言ってる人たちですからね。

タイトルとURLをコピーしました