ぴこれぽーと

最近はフィギュアスケート界の闇について書いています。

宇野昌磨のスケートカナダGOE検証動画②

   

Pocket

先日、宇野昌磨選手のスケカナのジャンプ検証動画を紹介しましたが、新たに上げられたスケカナの検証動画を紹介します。ジャッジごとのGOE爆盛りが同時に見られるのでわかりやすいです。

スポンサーリンク

検証動画

作り手がどれだけ不快な思いを抱いているかがよく伝わってくる検証動画。視聴回数が1日で3000近く増えており、海外にも疑惑が広がっているようだ。

・4Fも4Tも3連の3Fもトゥをついて踏み切ることができずブレードべったり
・両手で身体を支えてるお手つきが転倒扱いにならず堂々と見逃し
・3Aのフリーレッグも完全に氷に付いてる(擦ってるどころじゃなくフリーレッグで着氷バランスを明らかに「支えてる」) 
・3A踏切違反 最後に氷に突いた右足で踏み切ってる

 

ガンディさんの分析ブログと上記動画を照らし合わせて見てみるとどのジャッジがどれほど盛ったのかよくわかる。

GPS2017カナダ大会男子SPの分析

 

以下は別の作り手のスケカナクワド検証動画。

宇野昌磨のスケートカナダGOE検証動画|海外スケオタ作成

 

世界中でジャンプ技術や採点が疑惑の目で見られている選手が、平昌五輪日本代表として行くような流れがすでにできており、宇野選手になにか都合の悪いことがあれば全力でマスコミ・スケ連・OBOGなどの関係者が擁護するという奇妙さ。

スポンサーリンク

やればやるほど胡散臭さが増すばかり。私達が気づかないとでも思っているのだろうか。

おかしな採点も技術も興味のない一般人はスルーだろうが、騙される一般人をターゲットにしているのだろう。実績さえ作ってしまえばこっちのものという考えが透けて見える。

しかし宇野選手の演技に見合わない爆盛り採点によって割りを食った選手はどうなる?特に被害を受けているのはボーヤンだろう。世界ジュニアもアジア大会も世界選手権も。

 

フランス大会ではまともな採点なら6位で、とてもGPFに行ける成績ではなかったという分析も・・・。

ミーシャ·ジー選手は前回のロシア大会が4位だったので、
採点がまともだったら今大会2位となって
ファイナル進出の可能性が残ったのに…最悪だ

 

……って、PCSを据え置き+自己採点の基礎点とGOEだと
宇野選手はこの大会6位……

 

スケオタとしてはとてもスルーできない事態。高橋大輔のゴリ押しソチ代表の二の舞いになりそうだ。身内関係者が必死にネット工作で擁護してるがこんな酷いことをして平気でいられる神経が信じられない。

馬鹿みたいな印象操作に加担しているフィギュア関係者にも不信感が募るばかりだ。

 

宇野昌磨スケカナ2017フリープロトコル&ジャンプ動画まとめ

宇野昌磨スケカナ2017SPプロトコル&ジャンプ動画まとめ

 

Pocket

スポンサーリンク

 - エンタメ