ぴこれぽーと

最近はフィギュアスケート界の闇について書いています。

宇野昌磨の不自然な擁護記事|レコードチャイナ2018/2/4

   

Pocket

湯浅教授による朝日新聞のデタラメ検証と羽生選手叩き記事に続いてスポーツ科学ジャーナリストとやらのおかしなデータ表といい、五輪直前にわざとらしい宇野選手の上げ記事と擁護記事が乱発されています。

そして今回はレコードチャイナからもあまりにも不自然な宇野選手擁護記事が出たことをお知らせします。

スポンサーリンク

おかしな宇野昌磨選手擁護記事/レコードチャイナ

平昌五輪のフィギュア団体戦、羽生結弦の特別扱いで宇野昌磨にしわ寄せ?―中国メディア 

2018年 02月05日 22時20分; 提供元:Record China

2018年2月4日、フィギュア男子の羽生結弦が平昌冬季五輪の団体戦出場を回避すると報じられた問題に関し、 
新浪体育は「宇野昌磨の負担を懸念する声が上がっている」との記事を掲載した。

昨年11月のNHK杯の練習中に右足を負傷した羽生は、先月上旬から氷上での練習を再開したと発表されている。
平昌では今月9日からの団体戦に出場せず、16、17日の個人戦に集中するもよう。

記事は「団体戦には宇野昌磨と田中刑事がショートプログラムとフリーで起用されるとみられるが、 
一部からは羽生に対する特別扱いで宇野や他の選手らの負担が過度に重くなるとの指摘が出た」と説明。 
事情を知る人物が「日本スケート連盟が羽生のコンディションによって団体戦出場者リストを調整することは 
あまりに不公平との声が出ている」と話したことを伝えている。  

記事は羽生について、「前回のソチ五輪で日本唯一の金メダルを獲得するなどした羽生は日本体育界にとって
『国宝級』の存在」「連盟の羽生への肩入れにも許すべき点はある。
外部は羽生に連覇実現という偉業を期待しているため、
本人にとってより良い条件と環境を作り出そうとしている」と説明。
ただ、これと同時に宇野がこれまで休む間もなくさまざまな大会に出場していることにも言及している。 
(翻訳・編集/野谷)

 

五輪直前に羽生選手叩き+宇野選手擁護記事。どこが書かせてるかわかりやすいね。

 

中国は、2017年アジア大会で宇野選手の見逃し爆盛りの影響でボーヤンが金メダルを獲得できなかったことに対して「相手の腹黒い手段によるものもあった」と総括し、アジア大会で起きた3つの問題の第1位に宇野選手が逆転優勝したことを挙げている。

スポンサーリンク

宇野昌磨アジア大会の採点不正疑惑|中国メディアから批判記事

さらに同年の世界選手権でも「宇野は今年、審判の庇護を受けすぎだ」と批判記事を出している。

宇野昌磨世界選手権2017の採点不正疑惑|中国メディアから批判記事

 

それなのにここへきて急にこのような宇野選手の擁護記事を出すという不自然さ。

 

これは確実に裏で誰かが動いてるな。本当に汚い奴らだ。

 

試合出場は個人の希望 他人のせいにするな

ただ、これと同時に宇野がこれまで休む間もなくさまざまな大会に出場していることにも言及している。 

四大陸は個人の判断だから希望すれば出られる。前哨戦であり五輪前の世界ランク1位を狙っての出場だったんだから「宇野ばかり試合に出させるな!!」と人のせいにするのは筋違い。本来なら五輪代表選手は四大陸に出ず五輪にピーキングを合わせようとするし、五輪に出られない選手に枠を譲るべきだ。ソチ前に四大陸に出た代表選手は村上佳菜子くらいだしな。

羽生選手が団体戦を回避したことにより宇野選手はSPで済んだ。羽生選手が団体戦出場すればSPだし宇野選手はフリーを滑らなければならなかったんだから負担は軽減しただろう。

どちらにせよ団体戦は羽生選手が出る出ない関係なく宇野選手の出場は確実なのによくもまぁこんなおかしな擁護記事書かせるよな。

 

この記載から見えてくる黒い影。

>記事は「団体戦には宇野昌磨と田中刑事がショートプログラムとフリーで起用されるとみられるが、 
一部からは羽生に対する特別扱いで宇野や他の選手らの負担が過度に重くなるとの指摘が出た」と説明。 
事情を知る人物が「日本スケート連盟が羽生のコンディションによって団体戦出場者リストを調整することは 
あまりに不公平との声が出ている」と話したことを伝えている。  

 

羽生選手が「特別扱い」だって?この「事情を知る人物」って誰だよ。大方想像つくけど。

事情を知る人物とやらの悪質な奴はソチの高橋の特別待遇のことすっかり忘れたのかね。こんなこと書けば高橋のアレコレが蒸し返されるのに馬鹿だな。

 

橋本聖子、長光歌子、USMあたりが完全に関わったとみられる嫌がらせ記事だ。

 

デタラメ検証記事に加えて今度は海外メディアにまで訴えさせるという悪質さ。

 

だけど残念ながら中国は去年宇野選手を批判する記事を2記事も上げてる。どれだけお金を積んだか知らないけどその中国に書かせたのは失敗したね。

 

Pocket

スポンサーリンク

 - エンタメ