2019世界選手権の不審な出来事に対するスケート連盟の対応を振り返る

長島会長の最近のツイを見て思い出した方もいると思いますが、2019年の世界選手権の頃にはおかしなことがいくつかありました。

それに対してスケート連盟はきちんと対応したと言えるでしょうか?

2019年の世界選手権で数々のおかしな出来事

男子SPで氷が溶けていたようですが、なぜなのでしょう。
しかも氷の温度を上げる指示を出したのはスケ連だったとか。

それが本当なら恐ろしいですね。納得のいく説明をしてもらいたいものです。

 

同じく2019ワールドではコレト選手が当時ツイにあげていたプレゼント盗難の件。複数の選手に宛てたファンの方々からのプレゼントが何者かに盗まれたようです。

プレゼントボックスの係員が「預かってもちゃんと選手に届くかわかんないんですよ」と笑いながら言っていたり、「届くかわからない」と複数の男女係員が言っていたという証言もあり・・・。

酷い運営状態ですが、これどうなっているんでしょうね。

 

この件に対してスケ連はなにも言及しませんでしたね。プレゼントをあげた人にとっても選手達にとってもかなり大きな問題だと思うのですが?

 

スポンサーリンク

誹謗中傷バイト「珍バイト」発覚

世界選手権SP前日あたりに発覚した、羽生選手への誹謗中傷バイト。

【珍バイト】羽生結弦への誹謗中傷バイト募集主の謎

羽生結弦を誹謗中傷する”珍バイト”の証拠が出てきた件

スケ連は最初無回答、数日後にようやく選手を守るといった内容のコメントを出しましたが、選手を誹謗中傷する珍バイトの犯人探しはどうなりましたか。

探す気あるのでしょうか。

 

最近の長島会長のツイですがこんなこと書いていますが。

 

そもそも長島会長は去年、珍バイトについて問われたツイも無視して全消ししてましたね・・・。

 

スケート連盟にはこういった不審な数々の出来事の解決に努めていただきたいものですが無理なのでしょうか。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました