ぴこれぽーと

最近はフィギュアスケート界の闇について書いています。

【国別】宇野昌磨が瞬間最高視聴率とスポニチで捏造報道

      2017/04/28

Pocket

国別対抗戦のショートプログラムが行われ、視聴率が発表されましたね。フィギュアの試合といったらだいたい金・土・日が多いので、もう視聴率が出るのかーと思ったらそういえばSPは木曜日放送だったんですよね。

で、そのときの瞬間最高視聴率が発表されたわけなんですが、スポニチで捏造が入りましたので、今回は視聴率について書いていこうと思います。

スポンサーリンク

瞬間最高視聴率は羽生選手

国別対抗戦SPの瞬間最高視聴率は、羽生選手のキスクラ場面でした。国別の最後のほうから次のドラマが始まるまでは以下のような流れです。

20:56 羽生選手の演技リプレイ⇒キスクラ⇒羽生選手のインタ

20:58 宇野選手のインタ→MCと天海さんトーク

21:00 ドラマ開始

録画している人は確かめてみてください。瞬間最高は羽生選手で間違いないのですが、スポニチがおかしな動きをしていました。

 

スポニチの視聴率記事の最初の見出しと内容が変化 

瞬間視聴率は宇野選手だとあとから加えるスポニチ

スポニチの視聴率の記事の変化を辿ってみましょう。

スポニチ記事:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170421-00000080-spnannex-ent

最初のタイトル:フィギュア国別対抗 羽生SP7位 瞬間最高視聴率21・6% 

>20日放送されたテレビ朝日「世界フィギュアスケート国別対抗戦2017 男女ショート」の平均視聴率(後7・11~8・59)が 13・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが21日、分かった。

※このとき、記事の写真は羽生選手でした。

        ↓

変化後のタイトル:フィギュア国別対抗 SP宇野1位 羽生7位 瞬間最高視聴率21・6%

>瞬間最高視聴率は午後8時56分の21・6%。宇野昌磨(19=中京大)のインタビューが流れている場面だった。

※SP宇野1位という見出しが加わり、瞬間最高が宇野昌磨という捏造の一文が加わりました。記事の写真も宇野選手に変更されています。

追記:ヤフコメでの指摘を受け、写真も羽生選手に戻し、瞬間最高も羽生選手に訂正しています。

いったいなにがしたいのでしょうか。呆れます。

 

ヤフコメでも指摘あり 

mor***** | 2017/04/21 10:13
8:56は羽生選手のリプレイの場面ですよ?嘘はダメですよ。

スポンサーリンク

ov***** | 2017/04/21 10:54
やはり羽生選手の部分が瞬間最高だったとの記事が新しく出てますね
情報は最初から正しくお願いしたい

kao***** | 2017/04/21 10:57
宇野選手は確かに頑張ったかもしれないが、こういった捏造記事まで出して、スケ連と宇野選手の事務所の宇野選手ごり押しには嫌気がさします。

ann***** | 2017/04/21 10:19
8:56は羽生選手の演技リプレイの場面でしたけど・・?
時間が近いとしても、羽生選手の演技リプレイとキスクラとインタビューの流れで宇野選手のインタビューが来たので、どうも恣意的な記事の書き方ですね。
そんなに宇野選手が人気だということをマスコミはアピールしたいの?
なんでそこまでするの??
この2年間くらい、マスコミのフィギュアに関する報道はちょっと常軌を逸してますよ。

国別のような花試合でこんなに視聴率を取れるのはすごいですね。

mor***** |2017/04/21 10:35
花を持たせるのはいいが、情報は正確にお願いしたい。
こういうことばかりしていると、羽生選手が引退したら一気に視聴者が離れるよ。

hyn | 2017/04/21 10:52
宇野選手の報道にはこうした虚偽内容や、他の選手を下げる内容が多く含まれるからと思います。
>宇野くんにだけ敏感なんだよね。

 

これに対して、スポーツ報知は以下の記事です。

スポーツ報知は正しい報道

フィギュア国別対抗戦、視聴率13・2% 瞬間最高は得点待つ羽生の21・6%

>今回の瞬間最高視聴率は午後8時56分に記録された21・6%。今季2番目に悪い83・51点でSP7位に沈んだ羽生がキス・アンド・クライで自身の得点を待っている瞬間だった。

 

USM事務所の思惑

USM事務所は、宇野選手が視聴率を持っているかのように印象操作したいのでしょう。GPFでも瞬間最高視聴率操作をしていました。

GPFの瞬間視聴率操作について⇒宇野昌磨の視聴率は?GPF瞬間最高と全日本低視聴率の裏事情

GPFでは瞬間最高視聴率が宇野選手だと大々的に報道。しかし、羽生選手不在の全日本では、前年より4%ほど視聴率を落とし、SPに至ってはゴールデンで生放送にもかかわらず、一桁という視聴率でした。

 

まとめ

私はスポニチもスポーツ報知も好きでも嫌いでもないし、まともな記事なら普段買っています。しかし今回はスポニチの捏造はダメですね。

最も、これはUSM事務所側からの依頼なのだと思います。突如、記事にあとから宇野選手の名前を加えるというところからして、怪しさ満載。

USM事務所はこれまでもメディアを利用して宇野選手の戦績等を捏造したり印象操作したりのオンパレード。いまさら驚きません。

しかし、捏造記事出して上げ操作するだけではスターは作れないことを理解できないのでしょうか。まったくUSMには呆れてしまいます。

 

Pocket

スポンサーリンク

 - エンタメ