ぴこれぽーと

最近はフィギュアスケート界の闇について書いています。

中日新聞の捏造記事について|あるスケオタの見解

      2017/11/04

Pocket

例の中日新聞の捏造記事には呆れましたが、それについて読者さまの見解をご紹介します。

スポンサーリンク

中日新聞記事について あるスケオタの見解

なんのことだっけという方は先にこちらをお読みください→中日新聞の捏造悪質記事|デーオタと羽生ファンと宇野昌磨

 

宇野選手側にとって一番まずいのはジャンプ技術について突っ込まれることではないかと思う。やり方が汚いとかバックが黒いとかそういうことは折り込み済みで、ああいう事務所にとってはいくら言われても痛くも痒くもないのではないのではないか。
ネット記事にでもなれば問題だがそういうことはまず有り得ない。

羽生選手については以前から2ちゃんのスレをそのままコピーしたような記事が女性誌やネット記事になっていることを考えると、仕掛け人は芸能事務所側だろう。

ただ宇野選手のジャンプ技術に疑問を持たれることは隠しようがなく、弁護もできない。だから今回のようにファン同士の中傷合戦ということにしてジャンプへの疑問もアンチの戯言として封じ込めようとしているようにしか思えない。

小塚が前に日刊で4回転の特集をしていたが、宇野選手はフリップではなくループで登場して違和感を覚えた。

こちら↓

ギネスジャンプだと大騒ぎしておいて、いざジャンプの説明となると連続写真を細工して分かりにくくしたり、ビデオでスロー再生して説明することがないということはやはりスケート関係者も宇野選手のジャンプに問題があることを認識している証拠だと思う。

佐野を始め3人くらいのスケート関係者がほぼ同時に五輪は羽生と宇野の金銀独占、どちらが金でどちらが銀かは全く分からない状態というキャンペーンをしていたが事務所側はこの路線で売り込みたかったのかもしれない。

スポンサーリンク

しかしジャンプの疑問がある程度の水準になってきて無視できなくなり火消しのつもりでこのような記事になったような気がする。

 

かなり的を射ているご意見ありがとうございます。

>佐野を始め3人くらいのスケート関係者がほぼ同時に五輪は羽生と宇野の金銀独占、どちらが金でどちらが銀かは全く分からない状態というキャンペーンをしていたが事務所側はこの路線で売り込みたかったのかもしれない。

宇野選手のジャンプに指摘が増えてきたらこれですからね。『宇野昌磨のジャンプは素晴らしいキャンペーン』スタート。一斉だからわかりやすい。

「羽生も跳べない」「羽生より基礎点が0.3点高い」ギネス4Fはどうした?

羽生選手が4Lzを跳んだ途端にその煽りが消えて表現力売りに切り替わり、スケート関係者を使ってジャンプの天才の洗脳工作開始。よくもまぁいろいろ考えるものだ。

騙される人はルールがわからないフィギュアを知らないよほどの情弱だろう。そういう人達を騙してスケオタをバカにして利益が生まれると思っているのか。

こういう卑劣なことばかりしている選手とその周囲には不信感が募るばかりだ。いつまでこんな茶番劇を続けるつもりか。

Pocket

スポンサーリンク

 - エンタメ