ぴこれぽーと

最近はフィギュアスケート界の闇について書いています。

【中日新聞】宇野昌磨の異常なゴリ押し2017/9

   

Pocket

先日出た中日新聞の宇野選手の記事、相変わらず物凄いゴリ押しでしたね。宇野選手による山田組についてのコメントも掲載されています。

スポンサーリンク

中日新聞 「4回転 誓う”下克上”」

中日新聞といえば、言わずもがな相当の宇野選手上げ&他選手下げの記事を書くところ。2月の記事でも「打倒羽生」と書いている。

【中日スポーツ】羽生結弦を敵視した宇野昌磨上げ記事2017年1・2月

今回は「下克上」と見出しをつけているが、散々「打倒羽生」と書いてあるのを見ているからか驚きはまったくない。またかという感じだ。

そして内容は羽生VS宇野という、まるで羽生選手と宇野選手しか競技に出ないかのような、他選手の存在無視の書き方も一緒。

 

それにしても自国の選手、それも五輪金メダリストに対して「打倒」だの「下克上」だの失礼にも程があるが、他競技でもこんな異常な他下げをしながら持ち上げられている選手がいるのだろうか?

 

山田組について「みんなジャンプの跳び方が違う」

>指導は本当に優しい。型にとらわれず、のびのびと、個性を伸ばしてくれる。
>クラブではみんな、ジャンプの跳び方が違う。誰も型にはまってない。

ジャンプの跳び方が違う=型にはまっていないという発想の転換がおかしすぎる。一般的に「型にはまらない」ことがいいのはスケートスタイルの話だろう。

ジャンプは「正確な技術で跳ぶ」これしかない。ジャンプの跳び方がみんな違う時点で山田組がおかしいと気づいていないし、自分のジャンプが不正確であることも自覚していないのがわかる。

山田組出身の選手の多くはジャンプの癖があり、矯正に苦労している。

 

コーチが一貫したジャンプ指導をしていないのは明らか。昔山田満知子が出したDVDの教則本を見た人の話では、その中に出てくるルッツの見本が堂々とフルッツでビックリしたとのこと。とんでもない話だ。

山田は長光歌子とも仲が良く、ショーや試合で一緒になると重鎮面して並んで最前列に座っている。さすが悪質同士気が合うのだろう。

 

ひたすら上げ記事「純粋無垢な魅力を持つ」

>何かと私生活までストイックな印象をアピールしがちな現代アスリートとは違い、宇野は幼さを残した純粋無垢(むく)な魅力を持つ。

ストイックな印象をアピールってどんなだ?宇野選手の記事って、わけのわからない他下げを必ず入れるのがお約束。

スポンサーリンク

 

幼さを残した純粋無垢って・・・。「マルセイユってなんですか」「平昌てどこですか」「世界選手権の開催地忘れました」やら、無知を曝け出しているけどそのことかな。

 

口を開けばパクリか他選手disりか意味不明な発言。

 

どこが純粋無垢なんだろうか?相当計算高いと思うが。事務所ともども。他選手下げ自分上げの新聞記事読みながら「知名度が上がった」と喜んでいる人が純粋とは。

宇野昌磨「知名度が上がってきた」発言&他下げ記事報道はスルー

 

こういうのも当然読んでいると思われる。これで喜んでいるのだからドン引きだ。

事務所がゴリ押しして書かせている上げ記事を自分の実力や人気と思い込んでいる節がある。

 

ここからは読者さまからの情報。

浅田も宇野も山田組で二人とも小さい頃から学校に行っていなかった件で、宇野母が浅田を真似たという話がある。
浅田母は姉の舞の時には結構学校に行かせていたが舞がうまくいかなかったと思い真央には学校に行かさず練習漬けにさせたという。

山田組は母親が子供の練習に付き添うっていうのは必須らしくその根拠はコーチは一人一人付きっきりでみれないけど、親なら見れるので親なしでは子供は上達できない、という考えらしい。

それで母親達の覇権争いのようなものがあって、ある女性週刊誌によると(どのスケート教室かは書いてなかったが)序列によって先生のお世話をする○○係というのがあるらしく1位の人は先生のお弁当係、2位の人はお菓子係とかこんな世界があるのかと信じられないことが書いてあった。

宇野母は宇野を学校に行かせるのをやめ他の子が学校に行っている間の空いたリンクで宇野を練習させることに決め、当時の自身のブログに「子供を一流にするために親として苦渋の選択」と書いて当時のママ達から顰蹙をかったらしい。
その後いつも真昼間から宇野が練習していると言われるようになりノービスの頃、フィギュア雑誌で宇野本人が家庭教師を付けていると発言していた。

山田も美穂子も宇野を叱ったことがないという。特に山田は「男の子は褒めて褒めて褒めまくることが大事」と言っている。

 

いやいやいやいや、褒めるのはいいけどダメなところは直させようよ。というか間違った技術を教えてるのかそれとも本人が間違って覚えているのか知らないが。

全部踏み切りがおかしいし着氷もきれいとは程遠い。正確とは真逆の別物のジャンプが認定されて加点されているから本人も勘違いしているし世界中のスケオタから批判されているわけで。

陰謀論でもなんでもない、おかしなジャンプは直してもらいたい。ジャッジにも正しい採点をしてほしい。不正確なジャンプに爆盛りを続けることはフィギュアスケートの汚点になる。

 

山田満知子も樋口美穂子も長光歌子も橋本聖子もフィギュア関係者はみんなどうかしてる。

 

長光歌子「歌子の部屋Vo.22」相変わらず嫌味満載

【東スポ】宇野昌磨の異常なゴリ押し2017/9

 

Pocket

スポンサーリンク

 - エンタメ