ぴこれぽーと

最近はフィギュア界の闇について書いています。

高橋大輔の日経コラムが悪評!選手に対して失礼すぎると問題に

   

Pocket

高橋大輔のコラムが失礼すぎる|日本経済新聞

全日本選手権大会当日の12月23日、日本経済新聞朝刊に寄稿された高橋大輔さんのコラムの内容が問題視されています。

このコラムには羽生結弦選手、宇野昌磨選手、宮原知子選手、本郷理華選手、本田真凜選手、樋口選手、坂本花織選手、浅田真央選手に対して書かれていますが、一部の選手にだけ自分語りやズレた見方による酷評をしているので、まるで悪質デーオタライターのようです。

 

※デーオタの人たちは気分が悪くなるでしょうから読まないで下さい。

まず、高橋大輔さんと羽生結弦選手の関係性とは?

高橋さんが現役時代、羽生選手が高橋さんを追い越したことでかなりの嫉妬心を抱いていたことを多くのスケオタはご存知だと思います。さらに、高橋さんは自分のファンを煽り、そのファンは悪質化し、羽生選手に対して異常な中傷やいじめを現在まで継続していることもかなり有名です。

彼女達は「デーオタ」といわれています。

※YahooやGoogleで「デーオタまとめ」と検索すると、ファンの実態を見られますので気になる方はお調べ下さい。フィギュア誌の羽生選手のページをビリビリに破いた画像もみたことがありますが、かなりのヒステリックな人達です。

高橋さんがフィギュアで解説の仕事などするようになっても、やはり羽生選手に対する嫉妬心が垣間見えます。

スポンサーリンク

日本経済新聞 朝刊 2016/12/23付 

一部抜粋で、意見を書いていきます。

タイトル:浅田、自信取り戻す演技を 羽生・宇野対決見たかった 高橋大輔さん寄稿

羽生選手に対して

・昔から体力面に不安があった。
・常に世界で追われる立場だからプレッシャーで疲れもたまる。

羽生選手のこれまでの怪我や病気による休養などを勝手に「体力面」で片付けている。プレッシャーのせいで疲れがたまり、インフルエンザや病気になったと言いたいらしい。

しかもフィギュアスケーターに怪我はつきもの。自分も知っているはずなのにね。「体力面」というとかおかしい。ソチ五輪では自分は怪我を隠して強行出場させてもらったのにこの言い草。

空気を支配する力があるがもっと違うジャンルの表現が見たい。

別のジャンルの表現て高橋さんみたいな色気売りプロですか? 色々なジャンルに挑戦している羽生選手に対してなんて失礼な上から目線の発言。一応仕事だから仕方なく褒めるんだけど、最後には余計な一言で貶す。いつもそうですよね。

 

宇野選手に対して

羽生選手に対する意見とは対照的で、自分を尊敬するという宇野選手に対してはスケーティングのスピードや表現力など大絶賛です。しかしその後、問題発言です。

若い選手は演技構成点で苦戦するものだが、彼は黙っていても試合を重ねれば上がる。

言っちゃいましたねー。これは問題発言でしょう。「黙っていても」とか、インチキですって言っているようなもの。

スポンサーリンク

高橋さんは現役時代、回転不足をとられても転倒してもPCSは高いままで固定されていました。むしろ、ジャンプなどを失敗してTESが下がると代わりにPCSを異常なまでに上げるように優遇されていました。その点で「黙っていても上がる」なんて言っちゃうんでしょうね。

荒川さんもこの手の発言をしていましたが、「努力の積み重ねで上がっていく」という言い方をしていましたよ。こういうところにも知能の差が現れますね。

宇野選手は自分と同じくインチキをしてもらっていますよーという問題発言です。アンチに餌をばらまくようなマネを先輩がしてしまった例です。

 

宮原選手に対して

女子の前回王者の宮原もうかうかしていられない。簡単に順位は変わらないかもしれない。それでも演技がはまれば、迫力という面で圧倒できる選手がたくさんいる。

はい、信じられない酷評でました。宮原選手がいつ「うかうか」なんてしていたのでしょうか?宮原選手はスケカナでステップノーカンをとられてしまったときもフリーでは好演技で魅せ、表彰台にも上がりました。

GPFではSP・FPともに回転不足の少ない演技で、FP・総合点は日本女子歴代最高得点を獲得した彼女に対してこれはないでしょう。

常に努力をしている選手に対して「うかうか」なんて表現を使ってくるなんてどれだけ性格が悪いのか。

シニアに上がったばかりの樋口選手、三原選手ほか、ジュニアにも実力のある選手がたくさんいるため「うかうか」という言葉を使ったんでしょうけど、全日本2連覇でワールド銀メダル、四大陸金メダルを持っている選手に対して言う言葉として適切ではありませんね。

むしろここでは一切褒めもせず貶しただけで終わっています。

 

本郷理華選手、本田真凜選手、樋口選手、坂本花織選手に関してはそこそこ無難な内容だったので省きます。

 

最後に、浅田真央選手に対して。

 

浅田選手に対して

一見、浅田選手の内容は絶賛に見えます。しかし後半にいくにれ、高橋さんが後輩(羽生選手)の台頭により自信をなくした自分を、勝手に浅田選手に投影しているため、浅田選手のファンから反感を買っていました。

 

前半は浅田選手のスケーティングについて褒めています。その後はジャンプを跳ばないと上位進出が厳しいと言っています。それは当然ですが問題は以下です。

同じ経験をしたので分かるが、あれだけ下から選手が出てきたら自信をなくすもの。その現実を受け入れたくないけど受け入れ、その気持ちをごまかしながらやっていた時期がある。モチベーションを上げるのが大変だが、浅田は吹っ切れつつあるように見える。順位、得点とは別に、自信を取り戻す演技で終えてほしい。

浅田選手がどう感じてどういうモチベーションでやっているか他人に到底わかるものではないでしょう。勝手に浅田選手に自己投影し、自分語りをし、得点も順位もダメだと言っているようなもの。

 

まとめ

どうも、高橋さんは解説とか向いていないと思います。読者を不快感に包ませる天才かもしれませんね。「日経」はデーオタライター原真子がいるので、原真子が書いた文章かと思いました。

高橋さんの発言によりデーオタは悪質化し、いまもなおTwitterや2chで羽生選手を中傷し続けています。この人の存在により、フィギュア界の闇はそう簡単に消えそうにありません。

Pocket

スポンサーリンク

  関連記事

【日刊スポーツ】羽生結弦下げと宇野昌磨上げが異常(2017年4月)

またも悪質な日刊スポーツ 当サイトでは、日刊スポーツの酷さを散々書いてきています ...

【画像】日刊スポーツ高場泉穂の悪質記事まとめ

日刊スポーツの高場泉穂という悪質ライターについての記事です。 当サイトの記事より ...

管理人からのメッセージ:この記事を書いた理由とブログ批判について

スポンサーリンク 管理人からのメッセージ 宇野昌磨がごり押しでアンチ急増中?羽生 ...

宇野昌磨と高橋大輔所属事務所USMやゴリ押し報道について改めて考えてみた

皆さんもよくご存知のように、宇野昌磨選手の報道は偏向報道なので、不快感極まりない ...

高橋大輔ファン=デーオタはかなり悪質!捏造工作や妨害行為を平気で実行

当ブログで書いている宇野選手のゴリ押し報道に関する記事ですが、内容がだんだん濃く ...

 - 未分類