ぴこれぽーと

フィギュアスケート界の偏向メディア、悪質スケオタによる選手叩き、悪質ライター、疑惑の採点等、気になったことを書いています。

宇野昌磨GPF2018SPフリー見逃し爆盛り不可解採点

   

Pocket

GPF2018では女子は紀平がシニアデビューで初優勝を飾った。男子は羽生が怪我で欠場によりトップ6とは言っても結局はネイサンと宇野の対決になるので非常につまらない試合になることは最初からわかっていた。羽生・ハビ・ボーヤンなど有力選手がいない去年の名古屋GPF再びだ。

毎回のことだが宇野昌磨の採点は海外スケオタが検証動画を作るほど物議を醸す。

スポンサーリンク

宇野昌磨 GPF2018 

事前情報

まず、GPFではUSM御用達ジャッジが揃い踏み。爆盛りのお膳立てバッチリな状況だった。

Technical Controller Ms. Yukiko OKABE

J1 Ms. Jung Sue LEE KOR
J2 Ms. Jana BAUDYSOVA CZE
J3 Ms. Florence VUYLSTEKER FRA
J4 Mr. Doug WILLIAMS USA
J5 Ms. Karen HOWARD CAN
J6 Ms. Masako KUBOTA JPN 
J7 Ms. Merja KOSONEN FIN
J8 Ms. Raffaella LOCATELLI ITA 
J9 Ms. Olga KOZHEMYAKINA RUS

 

J4 Mr. Doug WILLIAMS USA ・・・オータムで羽生のTRに7点台をつけたジャッジ。平昌五輪でもアメリカジャッジは羽生に他国より10点も低い点数をつけ、ネイサンと宇野には演技内容に見合わない点数をつけている。

当然、実際の演技と出した点数には乖離が生じているわけだ。

平昌フリーのアメリカジャッジの不正採点

225.41 ネイサン
202.84 宇野 
199.29 ジョウ
199.21 フェルナンデス
196.76 羽生
185.50 ボーヤン

詳細は以下記事にて

中国だけじゃない!アメリカ不正ジャッジ<平昌五輪男子フィギュア>

 

Ms. Masako KUBOTA・・・以下試合で宇野に爆盛り採点をしているUSM御用達ジャッジ。

2017全日本
2017四大陸
2016全日本(レフェリー)
2016スケアメ
2018四大陸選手権

J8 Ms. Raffaella LOCATELLI ITA・・・かなりの要注意人物。

2017ロンバルディア杯/平昌五輪/2018NHK杯テクニカル。宇野の回転不足見逃しが酷く、海外スケオタにまで宇野御用達と言われているジャッジ。

ロンバルディア2017
平昌五輪(宇野4Lo回転不足見逃し)
・NHK杯(宇野4F回転不足見逃し)

SP採点&ジャッジ

画像拝借感謝です。

J4 Mr. Doug WILLIAMS USAは宇野のTRになんと9点台。

2018オータムで羽生に
SS 8.75
TR 7.75

今回宇野には
SS 9.75
TR 9.00

繋ぎスカスカ演技にこれだ。

そして日本ジャッジJ6 Ms. Masako KUBOTAは1人だけ3Aに+5をつけ4Fもたった-3しかしていない。

スポンサーリンク

フリー採点

日本ジャッジMs. Masako KUBOTAはフリーでも1人だけあの3Aに+5をつけてる。相変わらずJ4 Mr. Doug WILLIAMS USAも爆盛り。

 

アメリカと日本の不可解な宇野の見逃し爆盛りが目立つ結果となった。

 

フリースコア

http://www.isuresults.com/results/season1819/gpf1819/gpf1819_Men_FS_Scores.pdf

 

フリー動画

ここからはGIF動画を。作成者様ありがとうございます。

どれも低空ジャンプで汚い着氷。加点要素皆無。他選手のジャンプとはまるで別物のごまかしジャンプ(実質3.2回転)。それなのに4回転の基礎点は与えられるんだから腐ってる。

 

4S<<  (-2.15) 

 

4F< (-0.47) 

 

4T (1.76) 

 

4T-2T (2.85) 

3A (2.86) 

 

3A+1Eu+3F (-1.26)

 

3S+3T (-0.31) 

 

ガンディさんの分析ブログで採点について詳しく書いてあります。
Pocket

スポンサーリンク

 - フィギュアスケート