ぴこれぽーと

最近はフィギュアスケート界の闇について書いています。

宇野昌磨の過剰上げ記事「昌磨語録」【The Answer】

   

Pocket

宇野選手のロンバルディア杯が終わった途端、The Answerからやたら宇野選手の上げ記事が連発されていました。

「昌磨語録」「宇野昌磨は愛される」という内容の過剰な上げ記事が出ていますので取り上げたいと思います。

スポンサーリンク

The Answerの宇野昌磨選手の過剰上げ記事

だから、宇野昌磨は愛される 「頑張る時間が好き」、声に出して読みたい“昌磨語録”

>言葉はアスリートの姿を映し出すと言われる。そういう意味では、この19歳が紡ぎ出す言葉はなんとも魅力的で、惹き込まれる。男子フィギュアスケートの宇野昌磨(中京大)のことだ。

>しかし、演技と同じくらい輝いていたのは、宇野の口からこぼれた言葉の数々だった。
宇野といえば、飾らず、気取らず、自然体でありながら、かといって他の選手とはどこか違う、フレーズが飛び出す。

今大会でもファンの話題を呼んだ“昌磨語録”をいくつか振り返る。

「僕は試合というものが好き。試合に向けて頑張る時間もすごく好き」 

「ちょっと、今から楽になるなって思ってます、勝手に」 

「なんでかよくわかんないけど、跳べる」「わーとか思いながら跳んだら、跳べた」 

「なんでかよくわかんないけど、跳べるって感じ」 

「『僕が笑顔になったら、すっごくキツいってこと』と言っていた」 

「わーとか思いながら跳んだら思いのほか、なんとか跳べた」 

>どれも、どこか心に残ってしまう、微笑ましい言葉の数々。飾らなくとも、印象深いフレーズが宇野が多くのファンに愛される理由に一つになっているのだろう。

>ただ、言葉だけを切り取れば“天然”にも見られかねないが、この男、そんなことは決してない。
宇野の言葉には、不思議さの裏に客観性も見て取れる。

読んで笑ってしまったのは私だけではないだろう。

>言葉はアスリートの姿を映し出すと言われる。そういう意味では、この19歳が紡ぎ出す言葉はなんとも魅力的で、惹き込まれる。男子フィギュアスケートの宇野昌磨(中京大)のことだ。

思いのほかみんなが下手すぎて。ここまでかとびっくりしました
「(今年の)世界選手権の開催地忘れました」
「マルセイユってなんですか」
「平昌てどこですか」
「いつかは”崩したい”」


「勝てると思ったら”負けたくない”と言う」
「勝ちたいですね、いい加減」

そうですね、言葉はアスリートの姿を映し出していますね。これらの言葉が魅力的でもないしまったく惹きこまれないですけどね。

スポンサーリンク

>宇野といえば、飾らず、気取らず、自然体でありながら、かといって他の選手とはどこか違う、フレーズが飛び出す。 

まともな発言をしたかと思えばどこかで聞いたことあるパクリ発言ね。「他の選手とはどこか違う」と、いちいち他選手をdisるんだなぁ。そりゃこんな発言する選手ほかにいないでしょうよ。

>今大会でもファンの話題を呼んだ“昌磨語録”をいくつか振り返る。

え?どこで話題になった? 「昌磨語録」って今度は羽生語録のパクリか。

 

ではその「昌磨語録」がこちらです。

「僕は試合というものが好き。試合に向けて頑張る時間もすごく好き」 

「ちょっと、今から楽になるなって思ってます、勝手に」 

「なんでかよくわかんないけど、跳べる」「わーとか思いながら跳んだら、跳べた」 

「なんでかよくわかんないけど、跳べるって感じ」 

「『僕が笑顔になったら、すっごくキツいってこと』と言っていた」 

「わーとか思いながら跳んだら思いのほか、なんとか跳べた」 

>どれも、どこか心に残ってしまう、微笑ましい言葉の数々。飾らなくとも、印象深いフレーズが宇野が多くのファンに愛される理由に一つになっているのだろう。 

これも笑ってしまった。これが心に残る???微笑ましい???印象深い????

 

疑問を持ちながら読み進めると、「愛される」の押し売りのうざさと、相変わらず「世界歴代2位」の捏造。

>これが成長の土台となり、不思議さとの“ギャップ”によって、宇野を「愛される選手」から「愛される強い選手」に引き上げているのだろう。 

空虚な「愛される」アピールほど痛いものはない。この「愛される」連呼、書いたの青嶋ひろのか?

羽生結弦に続く世界歴代2位の高得点で優勝した19歳。銀盤を舞う演技とともに、どんな言葉でファンを魅了してくれるのか。 

これは完全に歴代2位の点数だと思われる。一般人を騙せればそれでいいんだろう。

>平昌五輪でメダルが期待されるシーズン。宇野が放つフレーズにも注目だ。

フレーズね・・・。失言かパクリ発言が多いから嫌でも目に入るわ。

 

The Answerの過剰上げ記事連発

ロンバルディア杯後の過剰上げ記事の連発が異常。

【フィギュア】<日本のフィギュア熱に伊メディア驚嘆!>報道陣30社「サッカー選手のように愛される」

宇野昌磨、独走60点差V 衝撃の世界歴代2位に米絶賛「ウノが戦場を破壊した」

宇野は「スーパー」、羽生は「すでに伝説」日本最強Wエースにもう海外大注目

だから、宇野昌磨は愛される 「頑張る時間が好き」、声に出して読みたい“昌磨語録”

 

詳しくは宇野昌磨ロンバルディア2017異常すぎる過剰上げ報道まとめにて。

 

Pocket

スポンサーリンク

  関連記事

嵐アリーナツアーは顔認証!デジタルチケットに!当選確率アップか?

嵐のアリーナツアーの申し込み詳細はまだ!?と、まだかまだかと待ちわびていた人も多 ...

【動画】宇野昌磨2017ロンバルディア杯SPプロトコルとジャッジ

毎回、採点が不正だと言われている宇野昌磨選手の初戦:ロンバルディア杯2017のS ...

【画像】嵐の二宮(ニノ)が10/24嵐にしやがれでラップキス!相手は!?

10月24日に放送される「嵐にしやがれ」の予告では、 二宮和也くんがラップキスを ...

宇野ファンが災害L字を消せと大量凸!デーオタ同様に悪質化

デーオタらの悪質スケオタが、気に入らない選手が出演した番組やスポンサーに難癖をつ ...

国別SP後の高橋大輔は”明るく生き生きとした表情”だった

4月20日に国別SPが行われましたが、スポーツニュースはまったくチェックしていな ...

 - エンタメ