ぴこれぽーと

最近はフィギュアスケート界の闇について書いています。

2018四大陸後のGoing佐野「宇野は羽生が330点出した時に近い!」

   

Pocket

Goingは完全にUSMの印象操作番組。

またボーヤン完全無視で宇野選手を「羽生を脅かす存在」というテロップ。Jスポもそうだが完全にボーヤンを舐め腐ってるGoingの番組の作りだった。

スポンサーリンク

四大陸選手権フリー後のGoing

・五輪で羽生の最大のライバル宇野というナレから4Sサルコー封印というテロップ 

いやいや、4Sは刺されるのわかってるから回避しただけなのにそれを封印とはなぁ。3Lzもエラー取られるから入れないしね。こういうのは絶対言わないよね。都合悪いことは隠されてる。

・羽生は自分より難度の高いジャンプを跳ぶ若手が台頭してきたからルッツ挑戦して怪我をしたかのような番組の作り。まるでルッツ成功させていないかのような印象操作。

「羽生より難度の高いジャンプを跳ぶ選手が台頭してきた」というナレが流れる。

そこで宇野とネイサンを並べ、あたかも宇野も羽生より難度の高い4回転を跳んでいるかのような印象操作をしてる。

スポンサーリンク

 

・荒川と佐野が異常な宇野選手上げ。

佐野「宇野は隙がない。羽生が330点出した時に近い。つまり金を狙ってる(意味不明)」「手の位置がいい」 

褒めどころがない選手に対して言う「表現力」とやらの上半身を褒めるしかない有様。足元みても両足ばっかだしジャンプも4回まわってないしスピンは回転不足にトラベリングだし。

羽生の330点出したときに近いの意味がわからんな。回転不足もどんどん酷くなって相変わらずのスカスカな繋ぎプロで褒めどころが何も無いんだが。

荒川「宇野はSPでベストなら110点近い点数が出る」 

OBOG陣、もうなりふり構わなくなってきた。荒川までタラレバ始まったよ。何を根拠に110点出ると言ってるんだ。佐野も同じこと言ってたな。スケ連理事佐野とUSM荒川が絶賛すればするほど胡散臭さが増すだけなのにまだやるんだから呆れたものだ。スケオタも馬鹿にされたものだよな。

ちゃんとルール勉強してるスケオタもたくさんいるのにね。ルール理解してないくせに見当違いなこと言ってるバカがいるが、その大半が宇野選手擁護というわかりやすさ。タカハシとかの場合もそうだったけど、まともなジャンプを跳べないのに不可解な採点をされてる選手を擁護するのって大変だね。

 

佐野稔による宇野昌磨の過剰上げまとめ「改善点はなにもない」

佐野稔と小塚崇彦の過剰な宇野昌磨上げ|スケカナ~フランス杯

 

Pocket

スポンサーリンク

 - イベント