ぴこれぽーと

フィギュアスケート界の偏向メディア、悪質スケオタによる選手叩き、悪質ライター、疑惑の採点等、気になったことを書いています。

世界選手権2019公式会見動画からカットされたシーンの見解

      2019/04/22

Pocket

フィギュア界は昨シーズンもいろいろとおかしなことがありましたが、今回は2019年の世界選手権公式会見動画からカットされたシーンについて記事にしておこうと思います。情報くださったM様ありがとうございました。

スポンサーリンク

世界選手権2019会見

この司会の白髪の男性の行動に注目。

 

世界選手権前の写真撮影が終わり、羽生選手が真ん中の椅子を引こうとすると司会の男性がすかさず飛んでくる。

 

この司会の男性の行動については

①羽生選手を真ん中に座らせまいとして飛んできた

ように見えた人がいると思います。

ほかに以下のように考える人もいました。

②写真撮影のため椅子をずらしていたから元の位置に戻してあげようという気遣いから羽生選手は椅子に手をかけた
③宇野選手が座るために気遣いで椅子を引いてあげようとした

『連盟の人は”羽生選手にそんなことをさせてはいけない!”と慌てて飛んできた。羽生選手を尊重している証拠!』(←美談にしすぎ。はっきり言ってこれはない)

「会見の事で運営を非難するのはおかしい!」

羽生ファンを名乗る人物がこうやってスケ連擁護をするのはなぜか。こういうのは全員応援系に多い傾向。

 

別角度動画

別角度の動画ではテロップがない分、司会の男性の手の動きがよく見えます。

 

実は私が初めてこの動画を見た時、最初は

①羽生選手を真ん中に座らせまいとして飛んできた

と思いました。すっ飛んでくるのが早すぎて不自然すぎて。

だけど何度も動画を確認するにつれ、②写真撮影のため椅子をずらしていたから元の位置に戻してあげようという気遣いから羽生選手は椅子に手をかけた これじゃないかなと。っていうかこれだろうと思ったのですが。

スポンサーリンク

そこで情報をくれた方にそれを伝えてみました。

以下提供者さまの返信文です。

私も何回も再生して見ました。
羽生選手の性格も鑑みて、ここだけ見ると率先して椅子を戻そうとしてるのかな…?
という風にも見えますね。
司会の男性のすっ飛んでくる速度が凄すぎて、何か他意でもあるのかと勘ぐってしまいますが。

そして以下の文に「なるほど」と思うことが書いてありました。

ただ、椅子を戻すだけなら選手に任せてもいいようなところを
わざわざ飛んでくるのもちょっと理解し難いのですが、
羽生選手自身は座ろうとしていないようにも見えますね。
元々座る順番で並んで入ってきたなら、羽生さんは自分の席は端だと理解してた可能性もありますし。

>ただ、椅子を戻すだけなら選手に任せてもいいようなところを
わざわざ飛んでくるのもちょっと理解し難い

これは最もですね。ただ椅子を戻すだけのことなのにあんなに勢いよく飛んでくるのかと。

 

そして以下の文が核心をついている気がしました。

こうも考えられます。
羽生選手はただ戻そうとしただけなのに、司会の人が座ろうとしていると勘違いして
「いやいやいやいや、これは宇野選手の椅子ですよ!!」と言いに来たようにも見えます。
これも憶測でしかありませんが、ただ椅子を戻すだけにしては勢いが良すぎるような気がして。

④羽生選手はただ戻そうとしただけなのに、司会の人が座ろうとしていると勘違いして「いやいや、これは宇野選手の椅子ですよ!!」と飛んできた

 

 

あなたはどう思いますか?

 

①羽生選手を真ん中に座らせまいとして飛んできた

②写真撮影のため椅子をずらしていたから元の位置に戻してあげようという気遣いから羽生選手は椅子に手をかけた
③宇野選手が座るために気遣いで椅子を引いてあげようとした→『連盟の人は”羽生選手にそんなことをさせてはいけない!”と慌てて飛んできた

④羽生選手はただ戻そうとしただけなのに、司会の人が座ろうとしていると勘違いして「いやいや、これは宇野選手の椅子ですよ!!」と飛んできた

 

いくら考えても真実はわからないしどれも憶測の域に過ぎないことでしょうけど、私が一つ言えるのは「スケート連盟は羽生選手を尊重している」そんなふうには到底見えない司会の行動ですね。

 

それは以下の言動からもわかります。

 

羽生選手がマイクを持って話し出そうとしたら、すかさず「宇野選手からお願いします」

 

”最初から宇野選手から話すことになっていたけどうっかり羽生選手がいつもの癖で最初に話そうとしてしまったんだろう”と解釈している人がいますが、それにしてもわざわざマイクを持った人を遮って阻止するとは・・・。

いずれにせよ、五輪連覇の偉業を成し遂げた選手への扱いではないな。コメントの順番も一々釘を刺す。

「全日本優勝者が真ん中だから!!」と主張する人がいるけど、羽生選手が全日本選手権で優勝しても高橋選手が真ん中でしたね。

 

写真撮影シーン

同じ司会の男性が来て宇野選手を真ん中へと促す。

 

この白髪の司会の男性、誰?

2015年全日本の舞台裏の動画の宇野選手のシーンの中にこの人物が出てくる。1分27秒~・1分58秒~
宇野選手のスコアを見てパフォーマンスエキセキューションとインテプレテーションが9点台だと言って樋口コーチと一緒に喜ぶ様子が見られる。

 

会見の司会の男性の画像

https://twitter.com/

 

この人物はスケ連の伊東と仲間のようなのでスケ連の人物だと思われる。

<世界選手権の公式練習を記者席のすぐ近くで見た人の情報>
大声で笑いながら話しまくっている2人の男性がいたが伊東と会見の司会の男性だった。
真剣に選手たちが練習しているのにあまりにうるさい笑い声。

 

スケ連伊東

ちなみにスケ連伊東といえば、

スケ連伊東「一人のスターだけ注目され、強くなっていくようではいずれ衰退する」

といった発言や、悪質なフジ系列の羽生選手を思わせるフィギュア金メダリスト誹謗中傷ドラマ制作に協力している。

さらに2015年全日本選手権終了後の世界選手権の代表挨拶でも宇野選手をゴリ押ししている。

2015年世界選手権代表挨拶の際、男子はなぜか2位の宇野選手に先にマイクを渡し、優勝した羽生選手の挨拶は後回しという異様な光景が見られた。それに対して女子は優勝者の宮原選手→3位浅田選手→4位本郷選手という例年の全日本選手権の順位通りの挨拶順。

過去の代表挨拶を見ても優勝者が先に挨拶している。

本来なら優勝者からの挨拶となるため「宇野選手の扱いがおかしい」と違和感を持った人は多い。この頃すでにスケート連盟による「ゴリ押し」が密かに行われていた。

 

Pocket

スポンサーリンク

 - フィギュアスケート