【日経新聞】宇野昌磨のゴリ押し&印象操作記事|2017年1月

さて、今回も宇野選手のゴリ押し&印象操作の記事の紹介です。こちらは元フィギュアスケーター鈴木明子さんによる印象操作の記事となっています。

日本経済新聞 2017/1/31付

タイトル:ジャンプ新時代の光と影 鈴木明子

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO12329630Q7A130C1UU8000/

 

はい、問題の日経新聞の記事ですねー。そう、悪質ライター原真子がいるあの新聞社ですね。

この記事全体的には、女子のジャンプに関する記載のほうが中心となっていますが、なぜかいきなり宇野選手上げから入っています。USM事務所から頼まれてあとから入れた感じ。

 

参考までに、日経新聞記事のほうも載せておきますので読んでみて下さい▼

 

<おかしな印象操作>

さて、この記事ではおかしな印象操作が多数見受けられます。

まずクワドを『計6個跳んだ』とありますが、2回転倒していることは書かれていません。実際は6個跳べてないじゃないですか。

りた(成功した)」といった表現にはせず、「跳んだ」・・・あやふやな日本語でのごまかし。

これに対して、全米王者となったネイサン選手を比較対象にしていますが、ネイサン選手は試合のフリーでクワド5回「成功」しているのに、宇野選手と同様に扱うために「跳んだ」で統一されてしまっている。

ネイサン選手は「5回跳んだ」宇野選手は「6回跳んだ」といった表現にし、宇野選手のほうがなにか驚異的なことをやりとげた印象を残そうとしているように思えます。

ネイサン選手はクワド5回全部成功して優勝したのが日本でもニュースになっているので、同様に宇野選手も全部成功したと誤解を与える書き方を意図的にしていますね。

実際は、宇野選手はアイスショーでの挑戦(2回転倒)。ネイサンは試合のフリーですべて成功。挑戦の場から結果まで、なにからなにまでまったく違うのに、同列扱い、さらには宇野選手を「6回跳んだ」、ネイサンは「5回跳んだ」とだけ書き、宇野選手のほうが上に見せるという印象操作をさりげなくやっている。

緊張感もアイスショーと試合とではまっったく違うのに同列または上に見せている。

ネイサン選手の偉業を利用しているわけです。卑怯としか言いようがありません。

 

宇野選手の「クワド6本」の真実

4Lo(fall), 4F, 4T, 4T(fall), 4T*, 4T*, 3A(so), 3A

※転倒2回、リピートしまくり4T2本分0点、コンボ1本も入らず、試合では使えない構成です。いくらなんでもコンペしかも全米で成功させたネイサンと並べるのは卑怯過ぎるのでは。

 

本来ならアイスショーって、観客を楽しませるものですよね。ジャンプの練習の場ではありません。

競技のプログラムをやっているわけでもないし、音楽も当然関係なしで繋ぎも薄く、クワドを跳びまくるだけのただの練習の場になっていたことに関しては辛辣な意見が見られました。

 

この記事ではクワド5回成功させたネイサンと宇野選手を同列扱いすることだけでなく、20代選手を下げた表現も見られるのが気になりました。

>スケーターは20歳のころに体力面で一つの壁を迎える。20代になったら、体力を配分し、演技面に比重を移すはずだ。

20代になると体力の問題があってクワドを多数入れるのは無理みたいな表現。

 

この他選手下げの宇野選手上げは、日経の悪質ライター原真子の手が入っていそうですねぇ。

関連記事:悪質ライターと宇野選手の過剰なごり押し報道まとめ

 

鈴木明子さんを下げる気はまったくないのですが、どこかからのお達しにより、不自然な宇野選手上げをしているのだと思います。鈴木さんは以前にも、宇野選手に対して色気がどうのって言っています。

 

2016年11月 宇野選手ゴリ押し&捏造記事の記事に書いているのですが、2016年11月15日発売のSportivaの鈴木明子が感じた羽生結弦の変化。「4回転アクセルをやるかも」という記事の中で色気がどうのって発言をしています。この件について書いていますので、興味のある方は読んでみてください!

 

スポンサーリンク

コメント

  1. UNO_one より:

    pikoさま

    鈴木さんの最近の宇野上げ同調は私も残念に思っていました。
    鈴木さんはスケーターとしても申し分なく引退後の仕事も順調、そのような人の言葉は重みがあります。
    USMとのお付き合いやフィギュア界でうまく立ち回っていくためだと思いますが、他にも荒川さんは特にスケ連の副会長になってから人が変わったように思います。
    立場上、微妙なところには関わらないようにしつつ、しっかり長いものに巻かれて橋本聖子の傘下にはいってしまったのが言動でよくわかってしまいます。
    最近の表情は爽やかさがなくなってすっかりUSM顔になってしまいました。
    浅田舞さんはお金に同調してコロコロ変わるっていうのがよく分かりました。
    最近では伊藤みどりさんが山田組のツテでUSMの宇野上げ需要にのって出てこられましたね。
    これから山分けする金子の山を目の前にちらつかされて我慢できずに田舎からのこのこ出てきたような。。
    誤解のないようみどりさんの3Aはいまだどの女子も越えてないし日本フィギュア黎明期に活躍したという選手としては非常に高く評価しています。
    織田くんは機転を利かせて安易に宇野上げに乗らないように注意していて織田くんも生活があるし落としどころが大変そうだと思って見ています。
    フジの歌子の部屋もずっと歌子氏の門下や取り巻きばかり読んでは高橋宇野上げばかりしていますがあれは楽しいですか?
    歌子一派で盛り上がっておしまい、系統のちがうゲストは一切こない。。
    この前ジュニアの男子選手についていい加減な情報を流していましたがきちんと訂正謝罪はされたんでしょうか?
    大物歌子氏には大したことなくてもこれから出てくる選手にとっては一大事となる危険性を孕んでいることは一切気にしないんですね。
    橋本ー荒川ー高橋ー宇野といったUSMラインを取り巻く人間関係って胡散臭いと思ったらやはり政治家が絡んでいるということでしょう。
    芸能事務所が所属タレントを売り込んで金儲けよりもおどろおどろしい。
    五輪利権ってあるけど何かUSMは宇野くんを軸にして利権をいじくりまわしたいのかな。。
    単に宇野くんをゴリ押しして人気者にして金儲けしたいだけじゃないような気がします。
    宇野くんを見ているとフィギュアからだんだん離れていくんですよね。。

    • piko より:

      UNO_oneさま

      そうなんです。鈴木さんは影響力のある方だからこそ、こういう不自然な上げ報道に関わってほしくなかったですね。
      同様に荒川さんも。残念です。
      伊藤さん、浅田舞さんも然り。

      >この前ジュニアの男子選手についていい加減な情報を流していましたがきちんと訂正謝罪はされたんでしょうか?

      どうなんでしょうね?されていないのでは?

      >単に宇野くんをゴリ押しして人気者にして金儲けしたいだけじゃないような気がします。

      どう考えてもこのやり方では無理ですね。スケオタから反感を買いまくっています。
      金儲けなんてできるはずがありません。
      いったい宇野選手側はなにをしたいのか、何を考えているのかさっぱりわかりませんよね。

タイトルとURLをコピーしました