ぴこれぽーと

最近はフィギュアスケート界の闇について書いています。

【画像】羽生結弦がSPで110.95!!グランプリファイナル【プロトコル・結果】

      2016/07/04

Pocket

フィギュアスケート グランプリファイナル in バルセロナ

11月に行われたNHK杯で世界最高得点を叩きだした羽生結弦選手が、グランプリファイナルで自己最高記録の110.95点を獲得し、話題となっています。ここではライストを見ていたファンのみなさんのショートプログラムの感想、画像、プロトコル、結果などのTwitterをまとめました。

まずは今週の羽生結弦選手の軌跡を辿ってみましょう。

12月7日に21歳の誕生日を迎えたばかり。

12月9日にはフィギュアスケート選手では初の「anan」表紙を飾り、アマゾンでの予約段階でもanan史上初の注文数、そしてネットショップはおろか、どこの書店でも売り切れという事態にまでなりました。

そしてグランプリファイナル3連覇の期待がかかる羽生結弦選手ですが、練習から調子がよかったようで、4回転を軽々と決めていました。

スポンサーリンク

練習でも4回転の調子バッチリ!!

プロトコル

プロトコルもほぼ満点に近い。恐ろしい点数が出ています。これでもまだ伸びしろがあるという・・・。

スポンサーリンク

GPファイル男子シングルSP結果

  • 1 羽生結弦 110.95
  • 2 ハビエル・フェルナンデス 91.52
  • 3 金博洋 86.95 4
  • 宇野昌磨 86.47
  • 5 村上大介 83.47
  • 6 パトリック・チャン 70.61

羽生結弦選手、圧倒的です。また異次元の点数です。

美しい流れるようなスケーティングで観客を魅了

SP世界最高得点「110.95」が発表されたときの表情"ガッツポーズ!!"

110.95

NHK杯でのSP結果を上回る110.95で他選手を圧倒。文句なしに首位です。ガッツポーズ!!

キスクラでの様子

Pocket

スポンサーリンク

 - スポーツ