ジュニア女子トルソワと宇野昌磨のクリムキン比較

宇野昌磨選手のクリムキンイーグルはメディアがべた褒めですが、ファイナルジュニアで優勝したアレクサンドラ・トルソワ選手のクリムキンと比べると見劣りが半端ないという意見をいただきましたので記事にします。

トルソワのクリムキン

Alexandra TRUSOVA RUS – ISU JGP Final Ladies Short Program Nagoya 2017

2分4秒あたりからクリムキンからステップを入れて3Lzを跳んでいる。SPなのでコレオシークエンスじゃない。でも宇野選手のコレオよりコレオっぽいというね。ちなみにこれだけコレオのようなつなぎ入りでもルッツの加点は1.6点。宇野選手のように片手で支えたりもしていないイーグルだが。

繋ぎ恐ろしいトルソワ。クリムキンからターンして3Lzタノ・・・。これでまだ13歳という恐ろしさね。

 

何かのテレビ番組で言っていた「世界一美しいと言われている宇野昌磨のクリムキン」はこちら。(誰と比べて”世界一美しい”んだろうか?)

宇野選手の演技と点数の乖離が酷いことはスケオタの常識。ルッツは重度のエラー持ちだから入れられない。3Lzを構成に入れたフランス大会ではエラー見逃し。

宇野昌磨フランス大会2017フリージャンプ動画&プロトコル

コレオに高い点数が出ているという異常さ。

宇野昌磨はジャンプのみならずコレオも内容にそぐわない高評価で点稼ぎ

 

トルソワのクリムキン

この選手のSPの地上波放送はなかったが、あったら大変だったかもしれない。メディアが宇野選手のクリムキンを今まで持ち上げまくっていたのは何だったのかと視聴者は思うだろう。メディアの絶賛が虚しくなってしまう。

 

スポンサーリンク

ルール説明

コレオシークエンスは男女シングルと男女ペアのフリーにのみあるエレメンツで、GOEの係数は0.7。

つまりGOE+3(最高点)×0.7=2.1点となる。コレオシークエンスの最高点は2.1点ということ。
ちなみに3LzのGOEの係数も0.7で、最高加点は2.1点。

トルソワ選手の3Lzは満点の加点でいいだろう。カテゴリは違うが同じ名古屋で行われたファイナルの大会なのにな。

明らかに宇野選手より難しいことやってるよ。

宇野選手の演技はこうして他の選手の演技と比較すると採点のおかしさが際立つ。

 

スポンサーリンク

コメント

  1. モモ より:

    piko様

    gif付きの分かりやすい記事、ありがとうございました。

    スケオタじゃない方にルールの説明を少しさせて頂くと、コレオシークエンスは男女シングルと男女ペアのフリーにのみあるエレメンツで、GOEの係数は0.7です。つまりGOE+3(最高点)×0.7=2.1点となります。コレオシークエンスの最高点は2.1点ということです。
    ちなみに3LzのGOEの係数も0.7で、最高加点は2.1点です。トルソワ選手の3Lzは満点の加点でいいと思いますが。カテゴリは違うけど、同じ名古屋で行われたファイナルの大会なんですけどね・・・。

    こうして他の選手と動画を比較すると、採点のおかしさが際立ちます。
    pikoさまのblogで継続して記事にしていただき、いつも本当に感謝しています。

    • piko より:

      モモ様

      わかりやすい説明ありがとうございます。
      記事に加えさせていただきますね。

      また情報がありましたらお願いいたします。
      あと、モモ様には過去にも情報をいただいてますよね。
      情報が溜まりすぎてなかなか追いつかない状態で…気長にお待ちくださいねm(_ _)m

タイトルとURLをコピーしました