ぴこれぽーと

フィギュアスケート界の偏向メディア、悪質スケオタによる選手叩き、悪質ライター、疑惑の採点等、気になったことを書いています。

ミヤネ屋で宇野昌磨祖父ゴリ押しで孫自慢

   

Pocket

全日本フィギュアが終わりそれに合わせてミヤネ屋で宇野選手の祖父のごり押しがあったようですので情報をまとめました。

スポンサーリンク

世界的洋画家←(?) 宇野昌磨祖父(宇野藤雄)ミヤネ屋 発言まとめ

「本っ当にかわいい子。私が言うとそれが自慢に聞こえるから嫌なんだけどね。まぁ私はあんなにかわいい子はちょっといないわ」

「すごい大物になるって周りに言ってたら本当にそうなっちゃった」
「芸術家肌 祖父から継いだ才能」

「あれだな、あの、僕の遺伝子だな、そういう芸術性の高いね、極めた大選手になってもらいたいと思う、世界的な」

 

宇野昌磨の祖父の絵

現在「外国で発表しようと思って」「跳んでいる昌磨をイメージして描いている」『氷上の舞』という作品を制作中

真ん中は宇野選手が跳んでいるらしきポーズ。背景含めて謎の絵。

 

最後にミヤネが「羽生選手と宇野選手で直接対決ワンツーフィニッシュ楽しみ」と台本丸出し発言で終了。

番組の一部の動画

祖父が孫を褒めたり可愛がるのは別におかしいことはないし本来微笑ましいことだ。しかしわざわざこんな番組作りをする必要がどこにあるかということ。

身内が褒めて「すごい選手なんです!」とやってそれで宣伝してるつもりなんだろうけど、端から見たらみっともないとしか言い様がない。そんなの見て一般人がすごいと思うか、それで興味を持つのか考えてみればいいのに。つくづく台本考える人間は無能だと感じる。

ほんと弟といい祖父といい出たがり一家だ。悪質キチガイスケオタ以外からどう思われるかなんてなんにも考えないんだろうな。ゴリ押しは嫌われるよ。

スポンサーリンク

本来五輪に出しちゃいけない、それどころかバッジテストも完全に落ちる技術の選手なのに、日本だけが異常に持ち上げてることがどれだけバックが真っ黒なのかの象徴になってる。

 

最近はジャンプ技術批判されてるからって「回りすぎちゃうから回転不足の練習してます!」って、失笑レベルのこと平気でやるほど周囲も頭が悪い。

 

このまえ弟のゴリ押しについて記事にしたら、あきらかに身内らしき人物が長文で嫌味ったらしいコメントいくつも送ってきた。名前を変え、メルアドを変え、時には高校生男子や高校生女子になりすまして。バレないとでも思ってるのかな。文章に特徴が出てるよ。10年前と同じ。

宇野選手がまだ9歳の2007年頃には、すでに宇野選手の身内が2chで他選手(羽生・高橋・日野・織田・小塚・荒川等)の批判+宇野選手の宣伝を延々としていたことがバレてるのに。

宇野昌磨の身内がノービスの頃から他選手叩きと宣伝活動か

それでも構わずネット荒らしを続けるんだからまともな神経してないことがわかる。そりゃ宇野選手の言動も行動もおかしくなるわ。

 

おまけ MOI 山田満知子ごり押し

フジのサプライズということで何かと思えば・・・今更だが山田の超出たがりを再認識した方も多いのでは。2016年に引き続き酷いUSMショーだった模様。

ジュニアのシニア選手メドレーにしても、羽生ファンの須本選手には宇野選手のトゥーランドットを演じさせ、高橋ファンの三宅選手にはSEIMEIを演じさせるという演出をしたようだね。

全日本ジュニア優勝者がシニア優勝者の演技を~って話だけど、明らかにデーオタが暴れるのが目に見えてるのにわざとだろう。フジの嫌がらせは今に始まったことじゃない。

逆だったら丸く収まったものの、案の定『三宅くんはSEIMEIなんて嫌がってた!大ちゃんファンのお母さんが泣いてた!』とか悪質仲間でグルグル回してるみたいだね。バカみたい。

孫もいるような年代の奴がこれやってるんだから痛すぎ。

 

スケ連副会長の荒川、理事の佐野などがあちこちで羽生宇野金銀キャンペーンをしている。

羽生宇野ワンツーフィニッシュプレパガンダはスケ連幹部とテレビが口を揃えているのでUSMの台本とみて間違いない。

 

Pocket

スポンサーリンク

 - フィギュアスケート