ぴこれぽーと

最近はフィギュアスケート界の闇について書いています。

宇野昌磨ロンバルディア杯プロトコル&ジャンプ動画まとめ

   

Pocket

宇野昌磨選手が出場したロンバルディア杯では、他のCS戦と比べて非常に甘い採点が行われたことで、各国で疑問の声が上がっていたようですが、会場関係なく異常な盛り採点を毎回行われている宇野選手。

ロンバルディア杯のプロトコルとジャンプ動画をまとめました。

スポンサーリンク

宇野昌磨ロンバルディア杯プロトコル&ジャンプまとめ

回転不足・エラーの見逃し

宇野選手のジャンプはどれも回転不足だが毎回見逃されている。回転不足を取られるとプロトコルの基礎点(Base Value)の左隣には「<」や「<<」マークで明記されるが、宇野選手には一切そのようなマークがついていない。なぜ毎回見逃されるのか?

エッジエラーも当然のごとく見逃されている。

 

例として、宇野選手の同門松田悠良選手のプロトコルを見ると、回転不足やエッジエラーを取られているのがわかると思う。

※「<」・・・アンダーローテーション(UR)
※「<<」・・・ダウングレード(DG)
※「e」「!」・・・エッジエラー

これが宇野選手の場合はというと・・・

 

宇野昌磨 ロンバルディア杯プロトコル

■ショートプログラム

■フリー

回転不足もエッジエラーも完全に見逃されている。

 

ジャンプ動画まとめ

4F(SP)

GOE -0.04 

ジャッジで-2をつけたのは一人だけで、あとは0や1ばかり。

 

4S(FP)

GOE +0.80

ジャッジの一人が+2をつける始末。決して加点のつくようなジャンプではないことは明白。そもそもこれは4Sではない。他選手とまったく別物の4Sを認定するという異常さ。

 

4Lo

GOE -2.16

ステップアウトのみならず回転不足が明らかなのに完全に見逃し。これで10点近く得点を稼いでいる。

ジャッキーのツイにはスケオタほぼ無反応。

スポンサーリンク

ミーシャのツイのリプにはネイサンとのジャンプ検証動画が貼られ、それに宇野ファンが反論。

あきらかな回転不足が決して取られないのもそうだが、この加点を見るとISU的にはあの踏み切り違反や着氷も認めているのが奇妙である。

しかし、あんなに加点するなら「お手本」として真似する子どもが出てきても良いと言えるのだろうか?他選手が真似したら確実に回転不足取るでしょう。

ISUには疑問ばかり。

スポンサーリンク

以下、おまけ。

不可解なツイ

宇野と羽生が日本のファンにありがとうという題だが宇野選手しか映っていない


海外メディアでも上げが酷くなっているようだ

現地の人、高橋大輔に興味なし

一方、高橋大輔。

荒川氏とクリスティ・ヤマグチのショーに出たときの画像だが、現地の人達、誰も高橋を見ていない。

USMの仕込みがなければ本来はこんなもの。

宇野選手高橋大輔この2人は実態以上にメディアでも採点でも持ち上げられているので非常によく似ている。そして本人もその周りもそれが実力だと思いこんでいるところもそっくりである。

やればやるほど異常さに気づいた人は離れていくだけ。虚しいことをいつまで続けるのだろう。

【スターは作れない】ことに気づくのはいつになるのか。

 

Pocket

スポンサーリンク

 - エンタメ