フィギュアとスピードスケート比較|橋本聖子とパソナ情報

橋本聖子が会長を務める日本スケート連盟のフィギュアとスピスケの合宿数、チケット代、収益と事業費の違いなどについて思うこと。また、橋本の真っ黒なパソナ情報もまとめた。

フィギュアとスピードスケート比較

合宿の違い

平成28年度事業報告並びに決算書類 – 日本スケート連盟

平成28年7月1日~29年6月30日
・スピードスケート
海外強化合宿 2700万
国内強化合宿 2200万
・ショートトラック
海外強化合宿 3000万
国内強化合宿 1500万
・フィギュア
国内強化合宿 1500万

・ジュニアとノービスの手厚さの差が歴然としておりJOC補助金の合宿の数も全然違っている。
・赤字になるくらい予算を使うならフィギュアの若手育成にもう少しお金をかけてもらいたい。
・ビビットではスピスケは五輪の春夏競技中最多の強化費2億円という説明あり。
・予算を大してかけず結果ばかり求めるのはいかがなものか。
・ジュニア・ノービスにも逸材がいるのだから育成費用に企ててほしい。

 

チケット代の違い

チケット代の違いも酷い。

・フィギュア
アリーナ→28000~30000円
・スピードスケート
アリーナ→1000円~2000円

フィギュアの高額チケット代で稼ぎ、スピスケ強化費に注ぎ込んでいるということに。

 

収益と事業費(強化費等)がアンバランス

正味財産増減計算書

 

会長がスピスケの橋本だからこんなふうになってるんだろうが平等にする気はないのか。

スポンサーリンク

橋本の真っ黒パソナ情報

橋本会長はノーザンホースパークマラソンという北海道で行われてる大会の会長をやっており、そこに羽生選手のグッズをオークションに出品という、スケートとはまったく関係ない橋本氏個人の仕事に羽生選手を利用していた模様。

株式会社パソナグループとの東京2020スポンサーシップ契約について
https://tokyo2020.jp/jp/news/sponsor/20180117-01.html

12/15 日刊スポーツ(関西版)8面
聖地巡礼④関西大学たかつきアイスアリーナ

 

関西大学東京経済人倶楽部
総会・年賀会・ミニコンサート・講演会

パソナの東京五輪のスポンサーシップ契約後に合わせたかのように関大のパソナの会場を使った講演にでる橋本会長・・・

パソナ、南部、関大、森本、橋本

 

そしてASKA事件で注目を集めたパソナの接待パーティのメンバーでもある高橋大輔。
五輪関係の仕事に高橋氏が使われたのはバックの黒さがあるからだと言われている。

 

高橋大輔の黒すぎる周辺|パソナ関西大学関空アイスアリーナ

 

橋本が会長でいる限りこのような不条理なことは続くのではないだろうか。

 

高橋大輔と橋本聖子の誘致リンク開設の真っ黒情報まとめ

 

スポンサーリンク

コメント

  1. 以前から、「フィギュアで稼いだお金」は、「お金を稼げないスピード」に使われている事は周知の事実でありますが、道理で行くと大変おかしなことになっていますよね。

    資本主義の世の中において、収入を得て必要経費であれば、それを優先的に使用する事は、あるべき姿ですし(福祉の世界は別として)、今の現状はあたかもフィギュアよりスピードやショートトラックの方が、重要な扱いとしてしか思えず、やるせない気持ちでいっぱいになります。

    個人的な好みは脇において、それぞれ甲乙つけがたい素晴らしい競技ではないでしょうか。

    会長がスピード出身というだけで(おそらくそうでしょう)、「鶴の一声」状態のようにスピードやショートトラックに大盤振る舞いをして、スケート界でもっとも人気があり、大いに稼いでいるフィギュアをないがしろにしていると言われても仕方が無いくらいの配分は、不公平を通り越して、非常に異常ですよ。

    橋本会長は、聡明な方でお分かりでしょうが、この先ずっとフィギュアを冷遇していると、必ず後々しっぺ返しがあり、取り返しのつかないことになるでしょうし、気がついた時には、既に手遅れになっていると思います。

    「お気に入り」の高橋大輔氏と、ちちくりあって頂いて一向に構いませんので、稼ぎ頭であるフィギュアの今後の育成の為にも、納得できるせめて平等な事業費を強くお願いします!

    • piko より:

      アンジェリーナ様

      >会長がスピード出身というだけで(おそらくそうでしょう)、「鶴の一声」状態のようにスピードやショートトラックに大盤振る舞いをして、スケート界でもっとも人気があり、大いに稼いでいるフィギュアをないがしろにしていると言われても仕方が無いくらいの配分は、不公平を通り越して、非常に異常ですよ。

      本当にフィギュア界、いや、スケート界は不可解なことばかりですね。
      橋本が牛耳っている間はずっとこのままなのでしょうか。

      橋本は去年高橋の氷艶を見に来ていたりと
      騒ぎがあってからも関係は続いているようです。
      非常に気持ち悪いですね。

  2. えい より:

    やはりこういう強化費のアンバランスを見ると、羽生氏がメダル獲得を報告に行った文科省で、大臣に「スケート施設の充実を」とわざわざ訴えなければいけない現状がよく見えますね。

    不可解ジャッジなどもスケ連何をしてるんだ?と真っ先に思うところですが、橋本会長始めメンツを見るとう〜ん…となりますね。どうにもならないのかと歯がゆくなります。
    少し先が見通せてスケート界全体を考えるなら、フィギュアを冷遇する事、そしてハッキリ言えば羽生氏人気を利用するだけで実は貶めるような事をするなら、後々スケート界全体の首を締めると思うんですけどね。

    • piko より:

      えい様

      >やはりこういう強化費のアンバランスを見ると、羽生氏がメダル獲得を報告に行った文科省で、大臣に「スケート施設の充実を」とわざわざ訴えなければいけない現状がよく見えますね。

      スケート界のなかであからさまに不公平なフィギュア界、
      羽生選手は自分が言わないと変わらないとわかっているのでしょうね。

      フィギュア関係者が橋本を始め長光、OBOG(特に名古屋)、
      日本スケート連盟理事の佐野・・・信用できる人物が数少ない現状です。

  3. モーニングティー より:

    ハッキリ言って、スケートという枠組みでいっしょくたにせず、もう連盟を分けて欲しいです。(怒)

    子供の頃、品川プリンスのスケートリンクに冬期は毎日曜日に通っていましたが、スピスケのシューズを借りる人なんていませんよ。
    殆ど全員がフィギュアの靴です。

    フィギュアスケートの収入に、サナダムシのように寄生せず、自分達でスポンサーを探して欲しい。

    そういえばもう1つのスケート競技「アイスホッケー」は、一体どうなっているのでしょうね。

タイトルとURLをコピーしました