ぴこれぽーと

フィギュアスケート界の偏向メディア、悪質スケオタによる選手叩き、悪質ライター、疑惑の採点等、気になったことを書いています。

羽生のバッシング記事と宇野&高橋の上げ記事がセットで連発

   

Pocket

羽生結弦のバッシング記事と同時に、高橋大輔&宇野昌磨の上げ記事がセットで出ている。どこが書かせているかバレバレ。
「うそみたいな記事がたぶんこれからもっともっと出てくるんだろうなって思います」
「もちろんバッシングとかいろいろあるかもしれません。何かをすれば、とかく大きく捉えられるのが、この業界なので」
この羽生の言葉通り、五輪後からでもこんなにおかしな記事が連発しているのだ。

スポンサーリンク

羽生結弦バッシング記事と宇野昌磨&高橋大輔の上げ記事がセット

○羽生結弦は「天才」だけど……フィギュア界内部での“意外な評判”って!?(サイゾー) 2/26

>高橋大輔や浅田真央と比べたら、半分とはいわずとも、かなり少ないタイプですから、彼が“血のにじむような練習をしてきた”みたいなことを言うたびに、実は周囲は“よく言うよなぁ”と白けているんです。

>常にカメラに撮られていることを意識したようなナルシストぶりにも、周囲は“余裕があっていいね”という反応。
なんせ、出場者たちが集中している横で美顔ローラーを転がして、一人、カメラ写りを気にする余裕ぶりなんですから(笑)」

>「演技後のファンからのプーさんのぬいぐるみ投入にしても、片付けにあまりに時間がかかるため、次の選手の集中力が削がれると、実は評判は良くありません。施設に寄付されるなどの美談にするのではなく、むしろファンに自制を喚起するような配慮があってこそ真の王者ではと、陰で批判するものもいます。今回の劇的な金メダルで、ナルシストぶりに拍車がかかるでしょうから“面倒なことになるな”というのが、多くの関係者の本音。今も業界内から“高橋大輔こそ、最も偉大な王者だった”という声が聞こえてくるのは、そのためです」(同)

羽生下げ記事の中にこのムリヤリな高橋のねじ込み!笑わせにかかってんの?高橋がいつ王者だったんだよ。五輪後の金銀がいない試合で隙間王者だったことはあるけど、あと全日本王者かなw

どこが書かせてるかバレバレな上に現実と正反対のことを書いて虚しくないのか。それに美顔ローラーがどうたら、こいつらの外見コンプすげーな。

 

○五輪選手団の報告会が騒然…羽生結弦の終了と同時に大量ファン途中退場(Business Journal) 3/2

酷い捏造記事。羽生結弦の捏造記事<五輪選手団報告会でファン途中退場>

 

◯欲しいのは皇帝の座 羽生結弦が見据える“プルシェンコ超え”(日刊ゲンダイDIGITAL)3/2

>フィギュア界の「王子」に位置付けられる羽生が「皇帝」の座を虎視眈々と狙っている。

「プルシェンコ超え」だの煽ったが、羽生本人は「超えてません」と即答したのは怪我のシーンを羽生の目の前で流したみんニューだったな。この記事書いた人間も含め、選手達に対して敬意がまったくない人達の集まり。

 

羽生結弦、そだね~ジャパンは不向き!? テレビ界で輝く逸材アスリートはこの人(週刊女性PRIME) 3/5

羽生の解説や会見が評判良いのをねじ曲げて書いたのが下記の文章。

>「どの方向でもいけるという気はします。でも、意外と解説には向いてないのでは。よくもわるくも、個性が強すぎるんです。そこで行われている競技よりも、羽生くんが何を語るのか、そっちのほうにより興味をもってしまう可能性が高いですしね」(前出・放送作家)

 

◯妻が羽生結弦の「追っかけ」になった夫の苦悩~一体いくら使うのか(現代ビジネス) 3/4

一部のファンだけを取り上げてユヅリスト妻がどうたらこうたら羽生ファンの印象を悪くさせるという、まさに羽生本人が言った「ファンをすごくねじ曲げた特集をする」例。

 

◯週刊誌の盗撮写真を入れた記事複数

これに加えて、とくダネ・ゴゴスマ・グッディ・バイキング等で執拗に国民栄誉賞辞退推奨論調で煽る

羽生結弦に国民栄誉賞!フジテレビの悪質な報道<グッディ>

羽生結弦の国民栄誉賞と安倍批判<バイキング書き起こし>

◯木村太郎氏、国民栄誉賞を「どんどん出した方がいい。大した勲章じゃないんだから」(スポーツ報知)3/2
○「国民栄誉賞なんて大した勲章じゃない」 木村太郎の発言に「羽生選手まで侮辱するな!」の声 3/3
○「国民栄誉賞の価値は下がった。こんなに連発して」マツコの意見にネット賛否両論(スポニチ)3/5
◯マツコ、連発の国民栄誉賞に「数が多すぎやしませんか?」(デイリースポーツ)3/5
◯マツコ、国民栄誉賞連発で「価値が下がった」(日刊スポーツ)3/5

などと即記事になる仕込み臭い流れ。

 

一方宇野昌磨。

羽生結弦、そだね~ジャパンは不向き!? テレビ界で輝く逸材アスリートはこの人(週刊女性PRIME) 3/5

>そんな平昌アスリートたちの中に、今後、テレビの世界で活躍しそうな逸材はどのぐらいいるのだろうか。人気情報番組やバラエティを手掛けるある放送作家に聞くと、「今いちばん“わかりやすい”のは宇野昌磨選手。特に天然キャラぶりが注目されていますが、これまで一般的にキャラを知られていなかった新鮮さがいいですよね。トークバラエティで、いじりやすいのは間違いないでしょう」

この”宇野昌磨はバラエティに向いてる!”とかいう記事が出た当日に放送された「成功の遺伝子」「中居正広のスポーツ!号外スクープ狙います!」両番組から名前が消されてVTRすら流されなかった宇野昌磨。裏事情になにがあるのだろうか。

宇野は愛されキャラ売り記事連発!USMによる羽生の悪質記事は知らん振り

◯宇野昌磨は“例外”? 記者が「二度と取材したくない!」と叫ぶアスリート(サイゾー)2/21

>今回の五輪における「取材対応」で、一番株を上げたのは、フィギュアの宇野昌磨だろう。

【サイゾー】宇野昌磨上げ&ダルビッシュ・伊達公子下げ記事

他ジャンルの人達にまでケンカを売り始めたよ。

 

◯宇野昌磨の人気急上昇!? 最後まで海外女性ファンを虜「ショウマは地球遺産よ」(The Answer)2.25
◯宇野昌磨が愛される理由、ネックレスでつながった心(日刊スポーツ)2/27
◯「ゆづしょま」萌え! “弟”宇野昌磨、“兄”羽生結弦を徹底比較(週刊朝日)2/27
◯宇野昌磨の会見ネクタイ曲がってる... 「萌え死ぬ」「可愛すぎ」(J-CAST)2.27
◯【平昌 夢の跡】宇野昌磨、無防備すぎる“頬張りショット”で海外ファン虜「ショウマは癒し」(THE ANSWER)2/28
◯宇野昌磨、「デートよりもゲーム」 米エンタメ誌が異例特集「将来は大会参戦も」(THE ANSWER)3/2

 

羽生の不自然な捏造記事や下げ記事に高橋宇野の名前をねじ込んで宣伝。
胡散臭い絶賛を入れた上げ記事しか出ない高橋宇野。

どこが書かせてるかバレバレなのにバカだよね。

 

Pocket

スポンサーリンク

 - フィギュアスケート