ぴこれぽーと

最近はフィギュアスケート界の闇について書いています。

竹野内豊ドラマグッドパートナーのあらすじやキャスト、最終回ネタバレ予想

      2016/07/05

Pocket

竹野内豊の新ドラマ、「グッドパートナー」放送開始!

竹野内豊が10年ぶりにテレビ朝日の連続ドラマ主演すると言うことで話題になっているドラマ「グッドパートナー 無敵の弁護士」のあらすじやキャスト、最終回ネタバレについて紹介していきたいと思います。

good

放送日時は2016年4月21日(木)スタート。放送は毎週木曜夜9時からです。メインキャストは竹野内 豊と松雪泰子。企業法務専門の法律事務所が舞台のスタイリッシュでクールでコミカル、というのがウリの"闘う"法務&ホームドラマです。

企業法務というちょっと耳慣れない専門の弁護士と、それに携わる元夫婦弁護士が織り成す抱腹絶倒のホームドラマ、ということなので、緩急がついたメリハリのあるドラマのようです。

スポンサーリンク

グッドパートナーのあらすじは?

咲坂健人(竹野内 豊)は「神宮寺法律事務所」のエース弁護士で、企業法務のスペシャリスト。家庭では12歳の娘・みずきのシングルファーザーでもある。妻の夏目佳恵(松雪泰子)とは昨年離婚したばかりで、現在は娘と2人で暮らしている。そんな咲坂と佳恵は、現在も同じ法律事務所で働いていて、これまた同じくのエース級弁護士。佳恵の性格は負けず嫌いで完璧主義であり、それが離婚した原因に。互いに、仕事中は優秀で頼れる仲間だが、プライベートになるといつもケンカの残念なカップルに逆戻り。そんな2人を待つ結末は、ハッピーエンドなのだろうか……?

主要キャスト!

咲坂健人:竹野内豊

竹野内豊出典:http://funnystory.info/

大学卒業後に別の法律事務所に在籍していたが、神宮寺の目に留まりヘッドハンティングされてきた優秀なキャリアを持つ弁護士。得意分野は企業法律全般。仕事に対しては熱く情熱を捧げる。昨年離婚して12歳の娘と二人暮らし。

夏目佳恵:松雪泰子

松雪泰子出典:https://www.c-pon.com/

完璧主義者で、しっかりとした信念を持ち、それを決して曲げることはない。優秀な弁護士だが、家庭生活ではその性格が災いして、咲坂と夫婦だったが去年離婚している。その後も仕事は咲坂と一緒にしてはいるが常に対立している。

熱海優作:賀来賢人

賀来賢人出典:http://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/

「神宮寺法律事務所」の新人弁護士。着任早々、咲坂の下につくが、そのやり方や性格に戸惑っている。自信だけはあるが、弁護士として実力はまだまだこれから。

赤星 元:山崎育三郎

山崎育三郎出典:http://rintaro0329.com/

スポンサーリンク

「神宮寺法律事務所」の弁護士で、佳恵と組んで仕事をしている。赤星だけに、「レッド!」と呼ばれ、彼女に必死で付いていっている。

猫田純一:杉本哲太

杉本哲太出典:http://www.asahicom.jp/

「神宮寺法律事務所」の弁護士。かっこいい弁護士を目指しているが、なかなか思い通りにいかない。婚活もしているがこちらも上手くいかず悩んでいる。「最悪の場合」が口癖の悩み多き弁護士さん。

スポンサーリンク

城ノ内麻里:馬場園 梓(アジアン)

馬場園 梓出典:http://up.gc-img.net/

「神宮寺法律事務所」の弁護士で、猫田と組んで仕事をしているが、常に振り回されている。佳恵のことを憧れていて、尊敬している。

茂木さとみ:岡本あずさ

岡本あずさ出典:http://img.hpplus.jp/

「神宮寺法律事務所」で、法律事務の補佐全般をこなす仕事をしている。仕事よりもプライベート優先。

神宮寺一彦:國村 隼

國村 隼出典:http://gqjapan.jp/

「神宮寺法律事務所」の代表だが、今は事務所の経営に徹していて、常にカッコ良くなければいけないと言う信念を持っている。

最終回ネタバレ予想

ドラマ「グッドパートナー 無敵の弁護士」は原作があるドラマではなく、オリジナルの作品。そのため最終回ネタバレは予想をしてみるしかありません。あらすじやキャストなどから、何となく予想してみると……。

仕事上では咲坂と佳恵の二人はいい関係のままでいるようです。問題はプライベートの時間。しかし、普段から会わない、話すこともないという状況ではないので、二人が復縁する可能性は大いにあるかと思います。しかも12歳の子供が居ると言うのも復縁のきっかけにはなるかと。子どもと咲坂、佳恵の関係性がまだよくわからないので、想像ですが子供が両親の復縁を強く望めば、また二人は喧嘩しながらも元のサヤに収まって、めでたしめでたし、みたいな最後になるかも?でも、結局色々な事が起きても復縁にはいたらず、現状維持で、視聴率が良ければパート2に突入、なんて展開も当然あるストーリーですね。こんな最終回のネタバレを予想してみましたけど、実際はどうなるのか、最後まで目が離せない?

まとめ

このドラマの情報を色々探っていくと、制作側が結構力を入れているな、と感じます。竹野内豊を、10年ぶりに起用して連続ドラマを作るのですから、パート2以降の構想も少しはあるのではないでしょうか。もっとも視聴率が悪ければ無理な話になるでしょうけど、当然制作側は考えてると思いますね。相手役の松雪泰子も主役を張れる女優さんです。この2枚看板をかかげてドラマを作るのですから、鼻息が荒くなっても当たり前かもしれません。

ドラマ自体の内容は、あまり聞き慣れない企業法務専門と言う難しいジャンルの仕事をこなす、優秀な弁護士たちの奮闘ぶりと、主人公の力の抜けたアットホームな雰囲気が対峙するように、絶妙なバランスで出来ているようなので、見ている側もそのメリハリを楽しめるのではないでしょうか。

Pocket

スポンサーリンク

 - エンタメ