フランス杯2019宇野昌磨ネイサンSP・フリー結果・ジャッジ

フィギュアスケート

宇野昌磨選手とネイサン・チェン選手2人が揃って出場した今年のフランス杯の採点について記録として残しておきます。

フランス杯2019 SP結果

http://www.isuresults.com/results/season1920/gpfra2019/SEG001.htm

ネイサンと宇野選手両者ともPCSに注目してみる。

PCSはTESと連動しないというなら繋ぎ薄く4回転を降りただけのネイサンに高PCS46を付け、2転倒・コンボなしの宇野選手にPCS43。

オータムでの羽生選手の正確なジャンプを刺して2つの重大のエラーがあったとして強制的にPCSを下げた”シリアスエラー”の運用はなし。

もはやシリアスエラーとは一体なんだったのかわからない状況だ。

そしてネイサンの今季GPSのPCS。

スケアメ 102.71 (56.21, 46.50)  4Lzターン 3A 4T3T
フランス 102.48 (55.97,46.51) 4T3T 3Aお手つき 4F

SPのPCSはフランススケアメとほぼ同じ。ミスしてもほぼ変わらないPCS。

ルールは統一されているしPBも出るのに試合によって選手によってここまで採点が違っている。ルールなんてものが存在しなくなっている現状。

 

スポンサーリンク

スコア

宇野昌磨

ネイサン

http://www.isuresults.com/results/season1920/gpfra2019/FSKMSINGLES———–QUAL000100–_JudgesDetailsperSkater.pdf

 

回転不足見逃しの件

同じ試合 同じテクニカル 同じジャッジ。

 

これが回転不足で

こっちは回転足りている判定

 

スポンサーリンク

検証動画

海外スケオタが検証動画を作っていた。

コストルナヤSPの3Aについて
荒川静香「高さのある回転を確実に回りきって降りてきたジャンプでしたね」
「フィンランディアのフリーで回転不足をとられたので今回降りてきた向きがどうだったかで少し判定はジャッジも悩んでいるところかと思うのですが見た感じでは回っているように見えました」→ からの回転不足判定

 

転倒取られないネイサンについても。

取るべきDGを取っていないことが多々ある。特定の技以外で身体を支える重心が脚以外にいっていたら転倒。ネイサンのSPの3Aも完全に両手で身体を支えていたので本来なら転倒としてカウントすべきだがディダクション取らず。他選手なら完全に取られている。

「」

各国ジャッジ


スポンサーリンク

女子のSPは採点厳しかった件

テクニカルTSとATS が入れ替わっただけで男子も女子共通の2人。

男子
TC Ms. Wendy ENZMAN
TS Vanessa GUSMEROLI(女子ATS )
ATS Ms. Monika KUSTAROVA(女子TS)

女子
TC Mr. Jeroen PRINS
TS Monika KUSTAROVA(男子ATS )
ATS Ms. Vanessa GUSMEROLI(男子TS)

PROTOCOLS:
Kostornaia 3A(ur) 3Lz!
Zagitova 3Lz(e)3Lo(ur)
Bell 3F!3T
Higuchi 3Lz3T(ur)

コストルナヤに低く出しすぎたせいで調整でみんなに厳しくなった。男子のほうでも同様の傾向があった。

SPで批判されたからか女子フリーになったらいきなり甘々採点になり、コスの3Aは刺されず他の女子も見逃し。ほんともうこういうことはやめてもらいたい。まともな採点をしてほしい。

 

次のページはフリーの結果についてです。

 

スポンサーリンク

コメント

  1. サマー より:

    本当に試合ごと選手によって違う
    判定は何とかして欲しいですね。
     

    • piko より:

      サマー様
      コメントありがとうございます。
      試合ごとに選手ごとに採点が違うのはおかしいですよね。
      例えばSPで不正ジャッジを指摘されたらフリーでは真逆の採点にしたり…。今回のフランス杯は女子フリーがそんな感じでしたし。

      スケカナの採点はガス抜きじゃないかとも思います。本番はGPFとワールドですからね。
      ISUに不信感が募るばかりです。
      本当に異常ですよ。
      これからどうなっていくんでしょう…。

  2. えい より:

    ピコ様、記録ありがとうございます。

    ネイサン、内容に関わらず予想通りの固定化された高PCS、どうしようもないですね。目立つミスがなければ銀河点を出す仕組みだけ着々とできてます。

    羽生氏が思うような結果が得られないならトランジションを大きく削ろうと考えていた事を発言してますね。
    彼ほどルールに沿ってGOEを得ようと忠実に、そして高い難度で演技している選手はいません。ISUに対する重いメッセージだと思うのですが、まぁネイサンを次の五輪金メダリストにする事しか考えてなくて終わってます。

    海外のスケオタさんもかなりお怒りですね、動画付きスコア参照の証拠を突きつけられても茶番を続けるダメ組織。

    フィギュアは終焉です。

    • piko より:

      えい様

      コメントありがとうございます。

      >目立つミスがなければ銀河点を出す仕組みだけ着々とできてます。

      これなんですよね。
      ネイサンは2017年の四大陸、ロステレの採点に加えて、平昌でSP救済、フリー爆盛り採点がありましたが、さらに全米からネイサンはとんでもない採点になっていきました。
      今回もあからさまなミスをしても演技に見合わない固定化されたPCSが出てDGも見逃されています。
      USM選手と同じですね。

      >羽生氏が思うような結果が得られないならトランジションを大きく削ろうと考えていた事を発言してますね。

      オータムの激辛採点(というか不正採点)には心折れそうになってもおかしくないと思います。同じことをされたら、選手によっては立ち直れないダメージを与えられる出来事だと思います。
      繋ぎをぎっしり入れても評価されず、繋ぎが薄い選手と同等かそれ以下の評価だったり、それどころか不当に回転不足まで取られたのですから。
      これはただスケオタが言ってるだけでなく、解説者や海外メディアすら疑問を呈していたくらい異常な判定でした。

      羽生選手の先日の発言は衝撃的でしたね。
      スケカナで今季世界最高点を出せたからこその発言だの思います。ただ、今回はガス抜き採点かもしれないと思っています。
      他の選手とは違い、少しでもミスをするとがっつりTESもPCSも下げられるのは変わらないのではないかと。
      本番はGPF、ワールドなのでそこの採点がどうなるのかですね。

  3. モリカ より:

    今回も記事にまとめてくださりありがとうございます。
    フランス杯は爆盛り加点王が2人揃っていたので見ませんでしたが、想像以上だったようで唖然です。
    宇野選手、平昌の転倒ループ回転不足見逃しも大概でしたが、これはスローで見なくても明らかに回転不足です。
    選手や試合によって判定がブレるのやめて欲しいですね。
    ただでさえ曖昧でグレーな競技なのに、全ての選手に同じ基準の下ジャッジされないと、もはやスポーツとして成り立たないですよ。

    中国杯は見ましたが、フリーの最後、ボーヤンがぐらついて両手をついたのは転倒扱いでディダクションついてました。
    あ、減点する選手は減点するんだ、まさにpiko様の書いてある通りだ…と。

    そして最近、男子だけでなく女子も4Lzを跳ぶ選手が増えてて意外と簡単なジャンプなのかと思いきや、その割に最初に4Lzを跳んだボーヤンが苦しんでいるのは、ボーヤンは正しいエッジ&トゥピックで跳んでいるからじゃないかと推測しています。
    シェルバコワはもろにプレロテ・ブレードベッタリですが、男子でもプレロテみたいな選手がいて、チートな技術なら跳びやすいジャンプなのかも。
    正しいエッジ&トゥで跳ぶと難しいジャンプなんじゃないかな、とボーヤンや羽生選手を見ていて思います。

    いい加減、プレロテ・フルブレードジャンプも減点対象か別に点数の基準(もちろん正確なジャンプより低い)を設けてくれないと、正しい技術で跳んでる選手が報われません。

タイトルとURLをコピーしました