【動画】宇野昌磨2017ロンバルディア杯FSプロトコル

ロンバルディア杯の男子フリーでは、宇野昌磨選手が合計319.84点で優勝しましたが、今回もありえない不正採点が行われました。

ここではフリーのプロトコルも合わせてまとめています。

今回組み入れた4SのGIF

4Lz入れるとかメディアが色々言っていたが、結果的に入れたのは4Sだったようだ。さてこのクオリティはどうだろう。

毎度のことながらおかしい踏み切りなのは言わずもがな、相変わらずのプレロテ、着氷の乱れ、回転不足なのがよくわかる。これ4回転と言っていいのかというレベル。もはや4Sじゃないし。

これにジャッジはどう採点したのか?

SPはこちら→【動画】宇野昌磨2017ロンバルディア杯SPプロトコルとジャッジ

 

スポンサーリンク

ロンバルディア杯2017 宇野昌磨選手 FSプロトコル

 FS 214.97 (TES 122.87 PCS 92.10)

なんとなんとなんと・・・

4Sが加点されている・・・!!完全に回転不足は見逃されている。どう見ても回転不足なのに明らかに不正な採点である。

 

動画

一応FSの動画を載せておきますが、再生したくない方は記事内の4SのGIFだけでもご確認ください。

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

 

改めてもう一度4Sを。

これが加点されている。+2もつけているジャッジもいる始末だ。こんな採点考えられるだろうか?

宇野選手以外の選手がこんな4Sを跳んだら確実に減点されるため、なぜこれが認定されているのか解せないスケオタは多い。ちなみに4Fにも多くのジャッジが+2をつける始末。

こんなジャッジをしているのでは、クリーンで幅も高さもあるジャンプを跳ぶ選手達が気の毒すぎる。そしてまともに回転不足をとられている選手達は何を思っているだろう。

他の選手と違う基準で甘く採点されているとしか考えられない。

 

スポンサーリンク

PB更新

SPに続き、FSもPBを「ほんのちょっと(0.◯◯点)」更新。

ショート 104.87(0.01点更新) 

フリー  214.97(0.53点更新)

合計   319.84(0.54点更新)

お約束通りの胡散臭い展開だ。

 

PCS

SSもありえない。1人を除き6人とも9.50を出している。まるで口裏でも合わせているかのようだ。SSはSPもジェイソンより上だった。

 

スポンサーリンク

点数調整

フィギュアは滑走順によって点数調整をされているのは間違いない。ヘルシンキの羽生選手はFSであれだけ完璧な演技をしてもGOEが抑えられ、+3を出してもらえなかった。SPでミスしてFSは一番滑走になったから仕方ないという意見も見るが、それがまずおかしい。

滑走順関係なくちゃんとしたジャッジがされていないのは問題だ。

高橋大輔はそれに加えて地元上げやスケ連、橋本聖子のお膳立てなんかもあってかなり優遇され、TESが低いときはPCSで調整され、いわゆる「PCS救済」されていた。

高橋大輔のTESとPCSの乖離|爆上げ採点の歴史

高橋大輔の悪行と高橋ファン(デーオタ)の他選手叩きの歴史

そんな不正採点を思い出させるのが宇野昌磨選手。やはり同じゴリ押し事務所の後輩。高橋がやっと引退していなくなったかと思ったらまた怪しい採点をされる選手が登場した。

それもゴリ押し度と他サゲ度がパワーアップしている。

 

マッシミリアーノの反応

宇野選手は4種クワドを降りた2人目のスケーターだと言ったツイに対して、マッシミリアーノさんは「この試合のジャッジをどう思いますか?」と聞かれ、「とても悪い」と答えている。

@
Thoughts about judging in this comp? Good, bad, so so?

max_ambesi
@
very bad

@
is it my impression or were the scores at #LombardiaTrophy way too high for everyone?

max_ambesi
@
I totally agree

 

ジョニー・ウィアーと海外スケオタのやり取り


ジョニー「昌磨は歴代2番目の最高得点で自信の記録も更新した!」

海外スケオタ「イタリアでは点数の付け方が甘い」

ジョニー「昌磨に限ってはそれは無い。 世にも難しいFSの一つと言える演技を微かなミスのみに止め、壮麗なスタイルで完成させた。A++に値する」

と大絶賛しているが、これに反論する海外スケオタが多い。

ジョニーは高橋の時代のことは熟知しているだろうから宇野選手のバックのこともわかっていると思われる。苦言を言えないのは当然かもしれない。

しかし、こういう裏を知っているからといってこの発言はどうかと思う。元スケーターなのに技術に関して何も思わないわけない。結果的に嘘を並べているだけに過ぎない。

 

まとめ

今回はさすがに不信感や怒りが頂点に達した方も多いのではないでしょうか。

 

報道についてもかなり酷いので、のちほど記事にします。

 

スポンサーリンク

SPはこちら→【動画】宇野昌磨2017ロンバルディア杯SPプロトコルとジャッジ

コメント

  1. モリカ より:

    はじめまして。
    勇気ある検証とフィギュアの闇に言及する記事をいつもありがとうございます。
    宇野選手のゴリ押し&不正を疑われてもおかしくない爆盛り採点続きに
    今や映ったらTVを消すか、録画から削除するくらい激しく嫌悪感を感じているので
    pikoさんの冷静で根拠のある検証記事に
    そう感じてるのは私だけじゃないんだ、と救われています。

    見ないことには意見も言えないので、
    頑張ってSPとFSの動画見ましたが……。

    これで合計300点越え!?!?
    SPもFSも休んでる部分が多いのが気になるし
    技と技のつなぎもスカスカだし、
    これにポンポン気前よく点数出すジャッジは
    もう採点なんてどうでもよくなってるのかなーと思ってしまいましたよ。

    ジャンプですが、プレロテ・回転不足・グリ降りもさることながら、
    巻き足? ジャンプ中の脚の開きが気になって
    これって空中姿勢の美しさの部分でマイナスにならないのかな、
    と加点されるたび、いっつもイライラしています。
    スピンだってトラベリングしまくりでも満点つけてるジャッジいるし…。
    SPのバラ1パクリ振り付けは本当にそのまんまだったので呆れました。

    フィギュアは97年からガッツリ真剣に見るようになったので、
    高橋大輔のゴリ押し案件もリアルタイムにつぶさに見てきました。
    シニアに上がってからの演技に伴わない点数と
    連盟のゴリ押しは本っっっ当に不快でしたが、
    当時のメディアはそれに関して一切言及しなかったので
    それが不思議で不思議で…。
    2002年の全日本なんて、演技ボロボロで4位だったのに
    彼より上位の選手さしおいてノーカットで放送されてましたよ。
    1位の本田武史はさすがにフルだったかもしれませんが、
    2位3位の選手はハイライトのみでした。

    2003年の全日本は唯一TV放送がなかった大会でしたが、
    放送がないのをいい事に3回転ジャンプ2回しか決まらないのに
    5.8とかつけるジャッジがいたりして(国内大会はまだ旧採点でした)
    メチャクチャな採点で下位から3位に救済されてました。
    実際会場に観に行ってたので、点数出た時は思わず叫んじゃいましたよ。

    髙橋をゴリ押しするためにチャンスの芽を摘まれたり
    機会を潰された選手がことごとく自分が好きな選手だったので
    何度、悔し涙を流したことか。

    その髙橋が引退してようやく、
    ようやく穏やかな観戦ライフを送れると思ったら
    髙橋をさらにきな臭くしたようなゴリ押し捏造激上げ(他激下げ)の
    不正採点としか思えない爆盛り加点な選手が出てきて
    あの悪夢が再び……と目眩を感じています。

    しかも今年はオリンピックシーズン。
    いったいどんな手を使って代表、
    下手するとメダリストにするつもりなのか、恐怖すら感じます。

    宇野選手のジャンプじゃ、ほぼミスなく(本当はミスだけど)跳べますよ。
    どんなにエッジエラーでもプレロテでも回転不足でも着氷が汚くても
    フリーレッグで氷削っても高い加点貰えるんですから、
    ミスを気にせず演技できるというものです。
    正確なジャンプをクリーンに跳ぼうとして、結果ミスしてる選手が本当に気の毒で…。
    かといって、綺麗に決まっても加点は渋いし。
    採点基準がないにも等しい状態です。

    実は、観戦歴が長いわりにはデーオタの存在とか知らなかったので
    羽生選手がデーオタから犯罪と言ってもいい行為を受けていたのも知らず、
    こちらのブログを読んで心底ショックを受けました。
    それらを表に出さず、真摯にスケートと向き合う羽生選手の姿に
    胸が締め付けられる思いです。

    長々と大変失礼しました。
    いろいろ暴言書いてしまったので、承認はお任せします。
    闇を暴く作業は本当に大変だと思いますが、
    pikoさんの記事に救われている者もここにいますので頑張ってください。
    でも無理はなさらないでくださいね。

    • piko より:

      モリカ様

      初めまして。
      ご覧いただきありがとうございます。

      >宇野選手のゴリ押し&不正を疑われてもおかしくない爆盛り採点続きに
      今や映ったらTVを消すか、録画から削除するくらい激しく嫌悪感を感じているので
      pikoさんの冷静で根拠のある検証記事に
      そう感じてるのは私だけじゃないんだ、と救われています。

      そうですね。不快感を抱く方は結構増えてきていると感じています。

      >これで合計300点越え!?!?
      SPもFSも休んでる部分が多いのが気になるし
      技と技のつなぎもスカスカだし、
      これにポンポン気前よく点数出すジャッジは
      もう採点なんてどうでもよくなってるのかなーと思ってしまいましたよ。

      本当にそうですよね。
      スカスカな繋ぎにも高PCSが出てる。

      100点超え200点超えの演技って本来なら素晴らしいものなのに
      こんなに疑惑が持たれる内容で残念です。

      >ジャンプですが、プレロテ・回転不足・グリ降りもさることながら、
      巻き足? ジャンプ中の脚の開きが気になって
      これって空中姿勢の美しさの部分でマイナスにならないのかな、
      と加点されるたび、いっつもイライラしています。

      もはや1人だけ違う基準で採点しているのではと思います・・・。

      >スピンだってトラベリングしまくりでも満点つけてるジャッジいるし…。

      はい、そうなんですよ。異常ですよね。

      >SPのバラ1パクリ振り付けは本当にそのまんまだったので呆れました。

      この方の関係者はみんなパクリですね。
      発言もパクリ、振付もパクリ、
      最近でた「昌磨語録」とかいう記事には呆れました。
      羽生選手のモノは全部欲しい、そういう必死感が伺えます。

      >どんなにエッジエラーでもプレロテでも回転不足でも着氷が汚くても
      フリーレッグで氷削っても高い加点貰えるんですから、
      ミスを気にせず演技できるというものです。

      有り得ませんよね。
      どんなジャンプでもとりあえず着氷さえすれば高いGOEが貰える。
      回転不足もいつも見逃されますしね。
      気にせずチャレンジできますね。
      他の選手が本当に気の毒です。

      >正確なジャンプをクリーンに跳ぼうとして、結果ミスしてる選手が本当に気の毒で…。
      かといって、綺麗に決まっても加点は渋いし。
      採点基準がないにも等しい状態です。

      高橋の現役時代のこと、今度記事に入れさせて頂いてもいいですか?

      >2002年の全日本なんて、演技ボロボロで4位だったのに
      彼より上位の選手さしおいてノーカットで放送されてましたよ。

      ここらへんのくだり、びっくりしました。
      ボロボロなのにノーカットで流されたなんて絶句・・・。

      もう一方の記事にも返信しますね。

      • モリカ より:

        piko様

        お返事ありがとうございました。
        こちらからの返信が遅くなってすみません。

        髙橋の現役時代を記事に入れる件、了解です。
        ぜひよろしくお願いします。
        2002年の全日本は「期待の若手(またはホープ)」といった扱いで
        ノーカット放送されてました。
        期待の若手だからミスがあっても仕方ないってことなのでしょうか。
        意味不明な放送基準です。

        2003年の全日本では救済爆盛り採点(5点台半ば以上〜5.8)がズラッと並ぶ中、
        一人だけ4.7か4.8点をつけているジャッジがいて
        スケ連の支配下にあるジャッジにも良心のある人がいるんだと感動すると共に、
        その人のジャッジ人生が心配になってしまいました。

        全日本がワールド最終選考と謳ってる以上、
        その時の全日本優勝者である田村岳斗さんが代表内定するはずなのに、
        連盟ゴリ押しの髙橋が3位だったため
        「世界選手権代表は四大陸まで選考を見合わせます」
        と、表彰式の時に当時の会長が明言してました。
        本田武史(怪我で2003年全日本は欠場)と髙橋を派遣したかった連盟は
        田村さんでは嫌だったんでしょうね。
        でも四大陸になっても本田武史の怪我が治らなかったため、
        渋々田村さんを代表に決めました。
        髙橋は最初から決まってました。

        この辺のやり取りは、実際にコアなスケートファンが
        連盟の幹部に問い詰めて聞きだしたとファンサイトに書いてありましたが、
        14年も前のサイトなので今は存在しません。
        なのでpiko様に提示できる証拠がありません。
        スクショ撮っておけば良かったと今になって後悔してます。

        2002年も1位の本田武史は確定、
        本来なら2位の田村さんが内定のはずなのに
        髙橋が4位なものだから「選考を今後の試合をみて判断します」と先延ばし。

        アジア大会に田村さんと髙橋を、
        四大陸に全日本3位の中庭さんと髙橋の派遣を決定。
        なんで4位の髙橋が2大会両方に派遣されるのでしょうか。

        そしてどちらも髙橋はボロボロで惨敗。
        本来なら結果を出した田村さんか中庭さんで代表を選考するべきなのに、
        pikoさんの記事にもあったとおり、枠を捨てたのです。
        髙橋連れていけないなら、選手が苦労して取って来た枠も捨てる
        日本スケート連盟に恐ろしさを感じます。

        余談ですが当時、田村岳斗さんは特別強化選手であったにもかかわらず、
        連盟から強化費を貰っていませんでした。
        田村さんのお父様が当時の田村岳斗私設FCの掲示板で言明してます。

  2. 星野光 より:

    PIKO様。
    初めまして、拙い質問ですが、させて下さいませ。
    色々な検証に頷きながら読ませて頂いております。
    高橋選手と織田選手の熾烈な闘いを長きに観て参りましたが、高橋選手のせいだと思っていますが、トリノのオリンピック枠を1人にしたのは高橋選手ではないかと苦い思いをした記憶なのですが、詳しくは如何でしたか?
    お教え頂ければ嬉しいです。
    宜しく解説の程お願い致します。

    • piko より:

      星野光さま

      いつも記事をお読み頂きありがとうございます。
      また、コメントもありがとうございます。

      トリノ五輪に関しては以下記事で触れております。

      高橋大輔の悪行と高橋ファン(デーオタ)の他選手叩きの歴史
      http://pikorepo.com/takahashideotatataki-8127

      私はスケオタ歴は長くはありませんので、昔のことは調べたり
      読者さまからの情報によりまとめております。
      すごく詳しい方が何人かおられて、情報をいただいております。

      上記記事も時系列で情報をいただいたものです。
      読めば読むほど酷い状況だったようですよ。

タイトルとURLをコピーしました