ぴこれぽーと

最近はフィギュアスケート界の闇について書いています。

国別バンケでなぜか今年から個人総合順位の表彰式

   

Pocket

先日、国別対抗戦についての不可解なことについてのまとめの記事を書きましたが、今回はバンケでの「表彰式」の画像を提供いただいたのでこちらの記事に掲載しておこうと思います。

スポンサーリンク

国別バンケで「個人総合順位」の表彰式 

宇野選手が冠をつけています。1位宇野選手、2位ネイサン選手、3位羽生選手。

 

不可解なのはなぜか『今年から』バンケとはいえ、個人総合順位の表彰をしているということ。以前の国別ではもちろんなにもなし。

宇野選手が「総合点を上回った今年から」というのが引っかかりますね。

スポンサーリンク

国別なのに”総合得点では羽生超え”なぜか日本スケ連HPに総合順位記載の謎の記事でも書きましたが、「個人総合順位」が載っているのはISUではなく「日本スケ連」のサイトのみ。

悪質が「公式で公認されたんだってー♪」と拡散していますが、違います。

個人が出したSP、FP、総合得点はISUの記録に残りますが、あくまでも国別は個人総合順位は関係ありません。なのでISUにも記載されません。

そしてフリー1位の選手がエキシでトリをつとめます。これは以前から同じ。

おかしいのが、「今年から」日本スケ連サイトに総合順位が載っていること。以前は載っていません。

ただ、ISUには総合順位は載っていないことを強調しておきます。

 

「羽生超え」が確定してから色々と計画を着々と進めていたように思えます。バンケでの表彰式もそう。

「羽生超え」のシナリオにはスケ連が絡んでいることが浮き彫りになってきました。

 

Pocket

スポンサーリンク

 - エンタメ