ぴこれぽーと

最近はフィギュアスケート界の闇について書いています。

天神祭花火2016穴場スポット!打ち上げ場所やレストランは?

      2016/07/04

Pocket

花火1出典:http://www.tenjinmatsuri.com/

日本三大祭りの1つで、1000年以上の歴史がある大阪の天神祭。人出も100万人以上と言われ、天神祭は花火だけでなく神事がたくさん行われ、その最後を飾るのが天神祭花火です。

天神祭は大小約150隻の舟が大川に現れる「船渡御」や、無数の篝火や提灯がで彩られた町が祭りらしさを演出します。その最後に打ち上げられる花火が船渡御の浮かぶ川面に映し出される姿はまさに幻想的。そんな2016年の天神祭花火の情報をまとめてみました。

・天神祭花火の日程・打ち上げ場所
・穴場スポット5選
・場所取りのコツ
・周辺のおすすめレストラン6選

スポンサーリンク

天神祭花火の日程や打ち上げ場所

花火2出典:https://i.ytimg.com/

大阪天神祭の日程は毎年7月24日・25日。奉納花火(天神祭花火)は25日と決まっています。

日程:2016年7月25日(月)

時間:19:00~21:00

打ち上げ場所:川崎公園と桜之宮公園の2箇所

打ち上げ数:4,000~5,000発

  • 7月24日「天神祭宵宮」宵宮祭・鉾流神事・催太鼓・獅子舞氏地巡行
  • 7月25日「天神祭本宮」夏大祭・神霊移御・陸渡御・船渡御・奉納花火

※天気が荒れる場合は中止、延期なし。

打ち上げ場所(桜ノ宮会場)へのアクセス:

  • JR環状線「桜ノ宮」駅
  • JR環状線・地下鉄谷町線「天満」駅
  • 地下鉄谷町線「都島」駅

川崎公園会場へのアクセス:

  • JR東西線「大阪城北詰」駅
  • 京阪電鉄・大阪市営地下鉄「天満橋」駅
  • 京阪電鉄・大阪市営地下鉄「京橋」駅

穴場スポット5選

・川崎橋
・都島橋
・飛翔橋
・藤田邸跡公園
・大阪アメニティパークタワー周辺

<穴場スポットの地図>

・川崎橋

造幣局との間にかかる橋の上は、打ち上げ場所から少し離れている分、混雑はやや少なめで、穴場スポットです。車は通れない橋なので安全だし、トイレも近いのでおすすめのスポットです。

・都島橋

打ち上げ場所からは結構離れますが、ここからも天神祭花火を見ることが出来ます。ライトアップされた大阪城と花火を一緒に見ることが出来る穴場スポットです。

花火3出典:http://livedoor.blogimg.jp/

・飛翔橋

都島橋より更に遠くなりますが、ここでも花火を見ることは可能です。この場所も都島橋と同じように大阪城と天神祭花火を鑑賞することができます。

・藤田邸跡公園

藤田邸跡公園の前からも天神祭花火を見ることは出来ますが、仕掛け花火が見えにくいのがネック。花火が見える場所が限られますが、人出が少ないのが狙い目の穴場スポットです。

・大阪アメニティパークタワー周辺

打ち上げ場所のほぼ正面に位置し、階段に座って鑑賞できるので迫力ある花火を楽しむことが出来る場所です。ただ仕掛け花火が見えにくいので、その分混雑も緩和されてる穴場スポットです。

場所取りのコツ

祭り出典:http://hokayan.cocolog-nifty.com/

スポンサーリンク

大型の打ち上げ花火がない天神祭花火は、よく見える場所を探して人が移動して集まります。特に桜宮橋より北側は絶好の観覧ポイントなので、例年早い時間帯から場所取りが始まります。花火大会当日の遅くても15時までには観覧場所に到着するのが場所取りのコツになるでしょう。

桜之宮公園は広いのであちこち花火を見られる場所はありますが、そのために人が当然たくさん集まります。16時には既に場所はなくなってると思っても間違いないでしょう。ですので、ここも15時には場所の確保は済ませておくのが、場所取りのコツといえます。桜宮橋より南側は比較的空いていますが、花火を遮蔽する橋などがあり、絶好のポイントと言う感じではありません。

源八橋で花火を見る場所取りのコツは、16時ころまでに到着して場所取りをする順番待ちをしましょう。18時になると交通規制が掛かり、順次場所取りができるようになります。あまり遅くならないかぎり場所はほぼ確保できるでしょう。源八橋は道幅も広くおすすめの観覧場所です。

周辺のおすすめレストラン6選

夜景出典:http://www.asahi.com/

天神祭花火を直接見に行くのもいいですが、出来れば人混みを避けて、静かなところで食事をしながら打ち上げ花火を眺めたい、と思うあなたにおすすめのレストランを紹介します。どのレストランも天神祭花火の時は専用のメニューやプランを用意していて、毎年直ぐに予約でいっぱいになってしまう程の人気ぶりです。

既に予約が出来る店舗もあるので、気になった場合はまず予約を済ませてしまいましょう。食事をしながら見る花火や、船渡御は優雅な気持ちにしてくれること間違いなし、です^^

・帝国ホテルのカフェレストラン「フライング トマト カフェ」
・ホテルモントレ ラ・スール大阪の「エスカーレ」
・大阪リバーサイドホテルの「スカイレインボー」
・KKRホテル大阪の「シャトー」
・天満橋OMMビルの中華料理「東天紅」

・帝国ホテルのカフェレストラン「フライング トマト カフェ」

こちらのレストランでは、天神祭特別メニューが用意されています。花火を見ながらゆっくりと食事をすることができます。

公式サイト:http://www.imperialhotel.co.jp/j/osaka/restaurant/tomato/

・ホテルモントレ ラ・スール大阪の「エスカーレ」

7月25日は完全予約制の天神祭花火ディナーのみです。天神祭花火の時は直ぐに予約で埋まってしまうので注意を。

公式サイト:http://www.hotelmonterey.co.jp/ginza/restaurant/shop/3.html

・大阪リバーサイドホテルの「スカイレインボー」

ここでも、食事をしながら花火を楽しむことが可能で、窓からは大川を見下ろせて、船渡御も楽しむことができます。

公式サイト:http://www.osaka-riverside-hotel.co.jp/restaurant/

・KKRホテル大阪の「シャトー」

天神祭奉納花火と大阪城の夜景を満喫できます。やはりこちらも、天神祭の花火大会当日は予約で直ぐに埋まってしまいます。早めの予約を心がけましょう。

公式サイト:http://www.kkr-osaka.com/restaurant/index.html

・天満橋OMMビルの中華料理「東天紅」

天神祭花火大会ディナーご予約受付中です。15,000円コース(税・サービス料別)の完全ご予約制です。

公式サイト:https://www.totenko.co.jp/

まとめ

天神祭花火大会はその名の通り、天神祭の最後に行われる花火大会なので、日中は夏祭りを楽しんで、そのまま花火大会まであるという、とてもお得な(笑)、夏のイベントですね。

大川で行われる船渡御と打ち上がる花火の数々。この2つが夏の夜を彩る景色が大阪の夏の夜というものでしょう。この夏もまた素敵な夜景を見せてくれると思うので、ぜひ見に行ってみてくださいね!

Pocket

スポンサーリンク

  関連記事

【お中元の時期】九州と関西、東北で違うの?マナーも知っておこう

梅雨が終わると、「そろそろ親戚に何を送るか決めないと・・・」「今年は取引先になに ...

ゴールデンウィークのキャンプ場のおすすめ(関西編)

キャンプシーズンの幕開けともいえるゴールデンウイークが迫ってきましたね。キャンプ ...

敬老の日のプレゼント手作り簡単ランキング!祖父母が喜ぶものは?

☆敬老の日☆心を込めた手作りプレゼント 敬老の日のプレゼントはもう決まりましたか ...

【アース福袋2017】中身ネタバレや予約再販情報!アースミュージック&エコロジー

<画像>アースミュージック&エコロジー福袋2017 予約再販情報まとめ 毎年売り ...

千葉で手ぶらでバーベキューができる!おすすめ穴場スポット10選

いよいよバーベキューシーズンの到来ですね!1年中バーベキューはできるけど、やっぱ ...

 - イベント