ぴこれぽーと

最近はフィギュアスケート界の闇について書いています。

紫外線アレルギーの症状!顔がかゆい場合の治療法や薬と予防対策

   

Pocket

01最近、日の光を浴びるとすぐ肌が赤くなっちゃう。外出すると体がかゆくなっちゃう。

こんな症状、感じたことありませんか?敏感肌になったのかな、なんて思っているアナタ、もしかしたら「紫外線アレルギー」かもしれません。

 

紫外線アレルギーって、あまり聞いたことないですよね。他のアレルギー同様、この紫外線アレルギーの患者も増加傾向にあるといいます。

健康な人だったら、紫外線を浴びることは日常的にありますから、紫外線アレルギーには誰でもなる可能性はあります。

ここでは、紫外線アレルギーの症状や予防法、治療法や薬などをご紹介しましょう。

スポンサーリンク

紫外線アレルギーって何?

そもそも「紫外線アレルギー」とはどんなものなのでしょうか。原因や症状を見ていきましょう。

紫外線アレルギーの原因

紫外線アレルギーは別名「日光アレルギー」や「光線過敏」とも呼ばれます。

そもそもアレルギーとは、人体に害のない物質を、体が有害だと勘違いし、それに対して拒否反応が出ることをいいます。良く知られているのは小麦や卵などの食物アレルギーやスギ花粉です。

 

紫外線アレルギーは、花粉などと同じように、日光を浴びることで発症します。

本来なら問題のない量の日光(紫外線)を浴びると主に皮膚などがアレルギー反応を起こします。

 

発症の原因としては、この2つが大きいようです。

・紫外線を浴び過ぎた

・光毒性を持つ薬剤や化粧品などを服用、塗布した状態で紫外線を浴びた

 

※光毒性とは、日光や紫外線を浴びると変質し、肌に害を与えるものをいいます。

 

紫外線アレルギーの症状

02

紫外線アレルギーの主な症状はこちらです。

 

・湿疹

・皮膚のかゆみ

・皮膚が炎症を起こし、赤くなる

 

症状が酷くなると

・水膨れ

・頭痛

・吐き気

が起こることもあります。

 

 

紫外線アレルギーの予防

紫外線アレルギーを予防するためには、一番は紫外線を浴びないことです。とはいっても、通常の生活を送るためには、紫外線を完全に避けることは無理に近いです。しかし、なるべく紫外線をとり込む量を減らすことは可能です。

 

・日傘、帽子などを着用する

日傘や帽子を使うことで、全身に浴びる紫外線の量をぐっと下げる事ができます。

 

・自分に合った日焼け止めを塗る

03

紫外線カットの効果が高いものを塗れば良いというものではありません。紫外線をカットする力が強いものは皮膚への負担が大きいものもあります。肌への負担が逆にアレルギーを発症する引き金になることもあるので、自分の肌にあった日焼け止めを探しましょう。

 

・お昼前後の外出を控える

午後0時の前後2時間程は紫外線の量が他の時間帯に比べ格段に多いです。なるべくこの時間帯以外で外出するようにしましょう。外出しなければならない時は、紫外線対策をしっかりして、短時間で済ませるように。

 

 

紫外線アレルギーかも?

紫外線アレルギーを発症してしまったら、どうしたらいいのでしょうか。治療法や市販薬などをご紹介します。

 

◎まずは検査しましょう

紫外線アレルギーの症状が当てはまる方は、まずは検査してみましょう。

紫外線が原因かと思って薬を塗っていたら、違う病気で治療の時間を無駄にしてしまったということもあります。皮膚科などで3,000~5,000円位で検査できます。

 

紫外線アレルギーの主な治療法

残念ながら、紫外線アレルギーを発症してしまってから完治することは難しいです。しかし、症状が出ないようにする、症状を緩和する方法はあります。

 

・紫外線を浴びる量を抑える

予防法と同じで、なるべく紫外線を浴びないことで、かゆみや炎症などの症状を出さない、悪化させないことはできます。

発症してしまったら、日焼け止めは肌に優しい「紫外線散乱剤」のものを使いましょう。

 

・薬での治療

症状が出た時に抑える薬が、基本的な治療法になります。

 

非ステロイド薬

主にかゆみや軽い炎症を抑える塗り薬です。

このタイプの市販薬は安易に使うと、逆に悪化させてしまう場合もあるので、使用する前は必ず医師に相談して下さい。

 

・オススメの市販薬

イハダプリスクリードAA

非ステロイド薬の中でも効果が高い薬です。特に炎症やかゆみに効きます。乾燥肌などにも効果があるので、肌荒れした時の保湿クリーム代わりにもなります。

スポンサーリンク

イハダプリスクリードAA30g【第3類医薬品】
価格:4860円(税込、送料別)

ステロイド薬

局部的にアレルギー反応を抑える力が強い薬です。ステロイドというと、副作用のある怖い薬というイメージを持っている方もいるかと思います。しかし、自分の症状にあった強さの薬で、短期間の使用であれば、副作用はほとんど出ないとされています。

ステロイド薬は効き目が強い分、治りが早いですから、副作用が出るほど長期間使用することはあまりないでしょう。

 

オススメの市販薬

フルコートf

かさついた肌にも、かぶれている肌にも使えます。色々な皮膚炎に使用できるので、いざという時に常備してあると安心の薬です。

 

内服薬

花粉症などと同じように抗ヒスタミン剤などを服用することによって、症状が出ないようにしたり、症状を軽くする効果があります。

 

オススメの市販薬

アレグラFX

鼻炎薬のイメージが強いかと思いますが、アレルギー症状全般に聞きますので、皮膚のかゆみなどに効果があります。アレルギーの内服薬に多い、喉の渇きや眠気などの副作用が出にくいお薬です。

 

特に症状の出やすい顔には

紫外線アレルギーは顔に症状が出やすいようです。原因でも出てきた光毒性がポイントになってきます。顔は他の部位に比べて化粧品、日焼け止めなどを塗る機会が多いです。

また色々なものを重ねて塗ったりするので、光毒性が現れやすく、顔の皮膚に負担がかかりアレルギー症状が出やすくなります。

特に症状に出やすい顔のかゆみについての治療法を紹介します。

 

・冷やす

炎症を抑え、かゆみを止めるには、患部を冷やすのが一番手軽な方法です。濡らしたタオルや保冷剤をかゆいところにあてます。凍った保冷剤は冷やし過ぎてしまうので、必ずタオルなどに包んでから当てましょう。

 

・病院で薬をもらう

04

市販薬など自分の判断で薬を塗って悪化させてしまったら大変です。他の部位と違って長袖を着て隠したりできませんから、病院で処方された薬で早く治してしまいましょう。

 

まとめ

紫外線アレルギーの原因や治療法などを紹介してきましたが、一番は発症しないことですよね。

そのためには、やっぱり日頃から紫外線対策に気を付けなければなりません。とはいえ、毎日 日傘に帽子にサングラス、長袖で外に出ていたら完全に不審者に間違われてしまいます。。。

なので最低でも日焼け止めは塗る、日差しの強い時間は日傘or帽子をかぶる位で良いと思います。とくに顔はしっかりと日焼け止めを塗っておきましょう。

紫外線アレルギーになるのを恐れて外出を控えていてはせっかくの夏がもったいないです。しっかり紫外線対策をして、今年の夏を満喫しましょう!

Pocket

スポンサーリンク

  関連記事

秋バテの原因や症状は?解消法やおすすめの食事・食べ物を紹介

アナタは知っていますか?夏バテならぬ「秋バテ」の存在を。 夏バテならば、ご存じか ...

膝が痛い原因は何?突然の痛みや違和感の対処法や疑われる病気

あなたは膝が痛い!という経験をしたことがありませんか?膝の痛みに悩んでいる人が非 ...

インフルエンザ2016予防接種はいつから?ワクチン/症状/感染期間

あるお正月、私は十年以上かかっていなかったインフルエンザに悩まされ、完全に健康を ...

秋の花粉症の原因や症状は?予防や対策方法と最新の治療法

花粉症は突然発症する!その原因や症状を知っておこう! スギ花粉などの時期に花粉症 ...

ホホバオイルの効果的な使い方!ニキビやアトピーも改善する効能が! 

出典:http://youthful-beauty.info/hohobaoir ...

 - 健康・病気