ぴこれぽーと

最近はフィギュアスケート界の闇について書いています。

【熱中症対策グッズランキング】首を冷やす・首に巻くタイプを紹介

   

Pocket

熱中症、大丈夫!?

夏の暑さは一時的かもしれませんが、心配なのは熱中症ですね。毎年全国各地で熱中症で倒れる人が多いのは、熱中症対策をしっかり行っていないからです。

そこで、ここでは熱中症の症状や予防対策、熱中症対策に欠かせないグッズをランキング形式でご紹介していこうと思います。

おもに熱中症対策グッズとしては、首に巻いたりして首を冷やすものが効果的とされていますので、あなたに合うものを選びましょう。

スポンサーリンク

熱中症の症状は?

まずは熱中症のおもな症状を知っておきましょう。この症状に当てはまったら要注意です。

めまい・立ちくらみ・顔のほてり・筋肉痛や筋肉のけいれん

体のだるさや吐き気・異常な汗のかき方をしている・体温が高すぎる

声をかけても呼びかけに反応しない・身体がひきつけを起こしている

直立歩行できない・自分で水分補給ができない など。

このような症状が見られたら重度の熱中症にかかっています。しかしそうならないためにも、熱中症の原因をあらかじめ知っておき、適切な予防対策を行うようにしましょう。

熱中症

熱中症の予防対策はどうしたらいい?

  • のどが乾いていなくても適度な水分補給をする

これが一番大事ですが、水分補給、意外とができていない人が多いのです。お年寄りはのどの渇きを感じないといいますが、若い人でもなにかに夢中になっていたりしてのどの渇きを忘れることもあります。気づいたら水分補給、これをしっかりしましょう。

  • 適度な塩分補給

毎日の食事の中で適度な塩分をとりましょう。

082990

  • 日々の生活での対策

室内を涼しくしたり、衣服を工夫して暑さ対策を行いましょう。服は麻や綿など通気性のよい生地を選ぶといいですね。また、日差しよけに帽子をかぶったり、日傘をさすのも対策になります。外に出るときは飲み物を持ち歩くことも忘れずに。

  • バランスの良い食事やたっぷりの睡眠で、じょうぶなからだづくりをする

当たり前のことかもしれませんが、日々意識して熱中症に負けないからだづくりをしていきましょう。

  • 冷却グッズを身に付ける

冷却グッズは、首を冷やしたり、首に巻くタイプがおすすめです。

以下に熱中症対策グッズをランキング形式で3点ご紹介します。あなたに合うものを選んで、予防に活用してくださいね。

 

熱中症対策グッズランキング

416352

さて、ここからは熱中症対策に欠かせない冷却グッズをご紹介していきます。どれも人気商品なので、売り切れになることもあるので早めに手に入れておきましょう。

1位 冷か朗

 

首ポケットに5連タイプの横長保冷剤、背中ポケットにはジェル保冷剤が収納されている「冷か朗」。気化熱効果と保冷剤との相乗効果で、涼しさがさらにアップします。手洗いして、繰り返し何度も使えるのがいいですね。スポーツやレジャーなどに幅広く活用できますよ。

2位 Coolbit 冷タオル

「クールビット」は高吸水繊維で構成された、繰り返し安心して使えるタイプの冷却グッズです。“水の力・気化熱を利用して冷えるタオル”のクールビットは、爽快に夏を過ごせる必需品になるでしょう。猛暑の年は注文殺到で完売する人気商品です。

 

3位 アイスネック

エコ&クールの冷やして気持ちいい元祖クールバンダナ兼アイスネックです。ベルオアシス(保水効果で冷やす)と保冷剤(水を吸わせて凍らせて効果200%アップ)のW効果で冷やすネッククーラー。水に浸し、気化熱で清涼感とリバーシブルで両面使えるのも経済的でいいですね。

熱中症対策のまとめ

熱中症の症状や対策方法、熱中症対策グッズランキングをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

  • 適度な水分補給
  • 適度な塩分補給
  • 日々の生活での対策(温度、衣服、出かけるときに飲み物持参)
  • バランスの良い食事やたっぷりの睡眠で、じょうぶなからだづくりをする
  • 冷却グッズを身に付ける(首を冷やすタイプがベスト)

これらの対策をしっかり行うことで、熱中症は確実に防げるでしょう。今年は体調管理をしっかりして、快適な夏を過ごしましょう!

Pocket

スポンサーリンク

 - 健康・病気