ぴこれぽーと

最近はフィギュアスケート界の闇について書いています。

夏風邪の症状と治し方!高熱や咳が出る?原因や予防方法をチェック

   

Pocket

夏風邪の症状や治し方について知っておこう!

necchuu

暑くなると何をするにも汗が出て、水分を摂ってはまた汗をかき、体力を消耗します。この状態が続くと体の免疫力が落ちてしまい、室内と室外の気温の差もあって、風邪をひきやすくなります。夏風邪は冬にひく風邪とどこが違うのでしょうか?

今年は夏風邪をひかないように、症状や治し方、予防法を一緒に学んでいきましょう。

スポンサーリンク

夏風邪の主な症状や原因ウイルスは?

風邪のウイルスは通常低温で空気が乾燥している状態を好むため、冬に流行します。しかし、夏風邪のウイルスは高温で多湿の環境を好むウイルスです。

お腹に出る症状「エンテロウイルス」

下痢・腹痛・嘔吐

のどに出る症状「アデノウイルス」

高熱・喉の痛み・

「エンテロウイルス」お腹に、アデノウイルス」のどに症状が出ます。夏風邪と冬の風邪とのウイルスが違うので、治し方も違うのです。

次に、夏風邪のウイルスのアデノウイルスで子供に起こる病気も知っておきましょう。

子供に起こる病気

324993

ヘルパンギーナ

特徴:高熱と喉にできる水疱(水ぶくれ)がでます。水疱はしばらくすると破けて、潰瘍になります。喉の痛みが強く、水分が摂れないこともあります。低年齢ほど、高熱が出ます。

手足口病

特徴:手のひら、足の裏や口の中に、2~3㎜ぐらいの赤い発疹や水疱ができます。口の中にできた発疹には痛みが出ます。微熱程度の熱が出ます。

プール熱

特徴:喉の痛み、結膜の充血がでます。

夏風邪の治し方は?

081374

風邪に特効薬はありません。一般的な治し方は、少しずつ免疫力をつけて、自然に治るのを待つしかありません。免疫力をつけるには、どうしたらよいのかを知っておきましょう。

  • 十分な睡眠をとる

とにかく体をやすめましょう。

  • 室温を快適に保つ

エアコンを上手に使いましょう。冬の風邪のように、汗を出したら熱が下がることはありません。体力を消耗します。冷やしすぎるのはよくありません。

  • 栄養価の高い消化の良い物を摂る

おかゆやうどん、ゼリー、豆腐など。下痢をしていなければ、アイスクリーム。アイスクリームは高たんぱく高カロリーで、喉が痛くてものど越しがよく、食欲がなくても食べやすいです。

スポンサーリンク

  • 水分補給

冷たい物をたくさん飲むと下痢になることもありますので、 常温のミネラルウォーターやスポーツドリンクを10分に一口ずつ飲むといいです。喉の痛みが強く、飲水することができない場合は、点滴治療が有効ですので、脱水症状を起こさないためにもかかりつけ医に相談をしましょう。

  • 内服薬を処方してもらう

・熱が高い時は解熱剤
・嘔吐、下痢の時は制吐剤、整腸剤
・咳がひどい時は鎮咳剤

など、夏風邪の症状に応じた薬を服用すると症状の軽減に役立ちます。ただし、下痢はお腹の中の悪いウイルスを排出するために必要なことなので、無理に薬で止めない方がいい場合もあります。

予防法は?

では、夏風邪にならないために私達が気をつけなければならないことは何でしょうか。夏風邪にならないよう、普段から気をつけておきたいことを知っておきましょう。

以下に書くことは、予防法として当然だと知っていながらも、なかなか実行していないことだったりしますので、ココで一度おさらいしておきましょう。

460187

  • 外から帰ってきたら、うがい・手洗いをすること

冬の風邪は飛沫感染が多いのですが、夏の風邪は接触感染が多いので、手洗いを十分に行いましょう。風邪の予防法として一番簡単で確実なのがうがいと手洗いです。

家に帰ってきたらうがい・手洗いを徹底するようにしましょう。これを習慣づけられるといいですね。

  • 夏風邪をひいている人とタオル等の共用をやめること

家族や友達で夏風邪をひいている人がいた場合、同じタオルを使うことによって接触感染することがあります。タオルの共用はやめておきましょう。外出した際のトイレ等でのタオルの利用なども気をつけましょう。

  • 日頃から体調管理をしっかりすること

十分な睡眠をとり、栄養バランスのとれた食事を食べるように心がけましょう。暑くなると食欲が低下して、あっさりしたものばかり食べたくなりますが、栄養に気を配って食べるようにしましょう。

食べものも、チーズやゆでたまご、豆腐など暑くても食べやすいものを取り入れると良いです。

夏風邪にかからないために…

夏風邪は暑さや食欲低下のため、体力や免疫力が低下し、感染しやすく、また、なおりにくいものです。感染しないためにも、日ごろから十分な睡眠をとり、食事もバランス良く食べるように心がけましょう。また、帰宅後の手洗い、食事前の手洗いを十分に行いましょう。

暑いからと言ってエアコンで冷やし過ぎないように気をつけましょう。少し体調が悪いと感じた時は、いつもより多く睡眠をとり、体を休めることがひどくならない治し方です。もし、夏風邪にかかってしまったら、とにかく、体をやすめるために十分な睡眠をとりましょう。

水分補給をまめに行い、食事は栄養価の高い消化の良いものを摂取しましょう。食事、水分が摂れない時は早めにかかりつけ医に相談をしましょう。また、症状に応じて、内服薬を処方してもらいましょうね。

Pocket

スポンサーリンク

 - 健康・病気