ぴこれぽーと

最近はフィギュアスケート界の闇について書いています。

喪中の初詣、神社やお寺参拝のNG期間は?お守りや厄払いOK?

   

Pocket

喪中の初詣での参拝やお守り、厄払いなどはOK?

年末になると、どこに初詣に行こうかなどと、調べる人が増えてきますね。全国各地で有名な神社やお寺では、毎年たくさんの参拝者が訪れています。

shrine-682362_1920

ところであなたは、近親者が亡くなったときの初詣の参拝のマナーについてはご存知でしょうか?

人が亡くなるということは、結婚式とちがって準備もできませんし、いつやってくるかわからないものです。「そのとき」のためにここで知識を学んでおきましょう。

ここでは

  • 神社やお寺の参拝はしてもいいのか?また、お守りは買えるのか?
  • 厄払いはしてもらってもいいのか?
  • お正月におせち料理を食べたり、お年玉をあげるのは?

これらの疑問にお応えします。

スポンサーリンク

喪中期間にお寺や神社の参拝をしたり、お守りを買うのはどうなの?

喪中の場合、初詣は弔中の期間を避けるべきとされています。

喪中の期間は仏教(=お寺)では49日間、神式(=神社)では50日間であり、一般的には、この期間の初詣は避けるのがマナーとされています。

実は、お寺への参拝は喪中期間でも何の問題もないということはご存知でしょうか?むしろ旧年の感謝や新年のご挨拶をすることが大切とされているので、ぜひお参りに行ったほうが良いんですよ。また、お守りも初詣と同様、喪中期間でも買っても大丈夫です。

神社の参拝は喪中期間が過ぎればOK!

神社の場合は喪中の間に初詣をすることは避けるべきですし、同時にお守りを買うことも慎む方がいいでしょう。

逆に言えば、この喪中の期間を過ぎたのであれば、喪中であっても初詣をして構いませんし、お守りを買っても問題はありません。また、持っているお守りやお札などを焚き上げに出すのも良いです。

スポンサーリンク

ただし、神社によっては喪中の期間の参拝を遠慮するように呼びかけている神社もあります。初詣に行きたい神社のホームページを確認するなど、事前の確認をしておくと安心できますよ。

厄払いについて(お寺・神社)

仏教(お寺)の場合、喪中を特に忌み嫌うような宗教観ではないので、喪中であっても厄払いを受けることが可能です。お寺に厄払いをお願いするのであれば、喪中であることを気にする必要はありませんし、断られる可能性も低いでしょう。

一方、神社の場合ですが、神社は境内を神聖な場所として認識しています。そのため、死の穢れに触れた人が境内に立ち入ることを忌み嫌います。したがって、神社で厄払いを受けたい場合では、喪中であることを理由に断られる可能性が非常に高いです。

このように喪中の場合、お寺で厄払いを受けるのか、神社で厄払いを受けるのかで対応が異なりますので、注意が必要です。

喪中のお正月におせち料理を食べたり、お年玉をあげるのはOK?

喪中の間のお正月で、我が家の場合は、簡単なおせちと雑煮で年末年始を過ごしました。お年玉もキャラクターがかかれているポチ袋で頂いたことがあります。

一般的には、お正月の(おめでたい、おめでとう)といったことが故人に対して良くありません。

そのため、おせちも家族の健康や長寿などの意味合いのあるものは良く、おめでたい意味合いのものを取り除けばおせちも良しという考えで良いでしょう。

お年玉も、紅白などの水引はよくなく、ポチ袋や名目を変えてのお年玉なら良いですね。例えば、キャラクターの袋で名目もお小遣いや本や文房具代などと言う名目にすれば、子どももお年玉と同じように嬉しいはずです。

小さいお子様がいらっしゃる家庭では喪中も分かりにくいし、その家によって何を良しとするかは異なっていますので、ご家族でよく話し合うのが大事ですね。

まとめ

近親者が亡くなったときの喪中の期間は、心も沈み、うきうきとしたお正月を過ごせないかもしれません。私自身、初詣を始めとしていつもなら楽しめていたお正月を楽しむことはできませんでした。

しかしながら、やはりお正月は年に一度のイベントですので、あなたも、ささやかながらもご家族で満足のいくお正月を迎えられると良いですね^^

Pocket

スポンサーリンク

 - イベント