ぴこれぽーと

最近はフィギュアスケート界の闇について書いています。

顔のカサカサ肌を治すには?原因や対策を知って乾燥肌や肌荒れ改善

   

Pocket

20150505185908出典:http://skincare.blocube.net/entry/konafukihada-drink

顔のカサカサ肌って嫌ですよね!お化粧はうまく乗らないし、乾燥から肌荒れが起きてしまいます。でも、カサカサ肌の原因や対策を知っていれば、少しでも悪化を防げるし、改善できますよ!

ここではカサカサ肌について詳しく書いていますので、ぜひ勉強していって下さいね♪

スポンサーリンク

乾燥肌や肌荒れ…顔のカサカサ肌を招く原因は?

カサカサ肌の主な原因には

・歳を取ることにより皮脂や水分の分泌量が減る

・エアコンの使いすぎによる部屋の乾燥

・強い紫外線を長時間浴びる

・食生活による栄養の偏り

・顔や体の洗いすぎ

・ストレスや疲労などによる精神的問題

など、これらの問題があり、歳をとるのは防ぎようがありませんが、それ以外の問題は日頃気をつけるだけで改善することが可能な問題であることがわかります。またよくある原因に殺菌があります。

 

手や枕から雑菌が顔に移る

顔や手など、肌が露出している部位は特に雑菌にさらされやすいのですが、その中でも特に手は普段ものをつかんだり触ったりと、雑菌がつきやすくなっていて気をつけなければなりません。日頃から外出後や洗顔の後には手を洗うように気をつけなければ、知らないうちに顔に雑菌がついてしまって肌荒れになる原因になりかねません。また、普段就寝時に使用している枕、これも定期的に洗濯しないと寝ている間の皮脂や汗から雑菌が繁殖してしまい、その枕を使うことで顔に雑菌がついてしまいます。

 

便秘

benpi_geri_woman

便秘になると腸内で腐敗した便から悪性のガスが排出され、血液から全身へ周り、肌荒れの原因になることがあります。腸内環境が乱れると、善玉菌が減り、悪玉菌が増えるので、この悪玉菌のせいで悪性の毒素が体へ周り、結果皮膚まで到達するという仕組みなのです。

 

内臓疾患

肝臓は体の中の有害な物質を分解して、無害なものへと変えてくれる働きがあります。そんな肝臓に異常があると血流中に老廃物や有害物質が周り、結果肌荒れにつながることがあります。

肝臓の怖いところは疾患や異状があっても本人に自覚症状が出ないことが多いですし、またほかの臓器が悪い時にも肌荒れが起こることがあるで、理由不明で肌荒れが起きている時は一度内科へ行くのもいいかもしれません。

 

カサカサ肌を治す対策方法

なぜカサカサな肌になるのか。それは肌が乾燥しているからなのです。

肌の乾燥はその後の肌の荒れを引き起こしカサカサとした肌になってしまうかもしれません。それでは対策としてはどんなものがあるのでしょうか。

biyou_tsurutsuru出典:http://healthil.jp/28645

保湿 

肌を乾燥から守るために確執のバリア機能を落とさないようにしなければなりません。そのためにも、まずは入浴時や洗顔時に肌を洗いすぎないようにし、洗うときは老廃物や雑菌は洗い落とせるようにしっかりと泡をたてて洗いましょう。

また、入浴後に余分な水分を拭いてすぐに保湿クリームなど保湿をしっかりとすることで肌の潤いをキープします。

スポンサーリンク

 

食生活

カサカサ肌を防ぎ、潤いを保つためには体の内側からのケアも大事です。バランスの良い食事をとることで体調を整えるだけではなく、乾燥肌になりにくいような体質を作ったり、新しい角質層を作りやすいような肌の活性化にもつながったりします。

摂るべき栄養素

shokuhin出典:http://healthil.jp/25576

緑黄色野菜やタンパク質、炭水化物などの栄養素をバランスよく摂取するのがコツです。

休息

kyuusoku出典:http://healthil.jp/25576

カサカサとした乾燥肌の時には精神的な疲労が原因という可能性もあります。もし、自分が疲れているかもしれないと感じたら、無理せず、好きなことをしたり、ゆっくりと休憩したり、睡眠をとったりと十分な休息が必要かもしれません。

 

引っ掻かない

kayui

乾燥肌になってしまうと、肌がカサカサして荒れてしまうだけではなく、その部位がとてもかゆくなることがあります。それは肌の角質が薄くなっていて、肌のバリア機能が低下している状態になることで、小さな刺激にも敏感に感じてしまうようになっているからなのです。

そんなときはつい引っ掻いてしまいがちですが、ここで掻いてしまうと肌に傷がつき余計に肌荒れを引き起こす原因となってしまいます。重要なのは治るまでできるだけ書かないように我慢することです。

 

カサカサ肌対策にはこの栄養素を摂りましょう

カサカサ肌の対策として内側から治すために食生活を変える方法があります。では、どんな栄養素を取ればよいのでしょうか。

shokuhin出典:https://nestle.jp/wellness/kids/mama/magazine0311.html

黒豆や黒ゴマ、ひじきなど黒食べ物にはセラミドという栄養素が入っていることが多く、このセラミドはお肌のうるおいには欠かせない成分です。黒い食べ物

セラミドは肌のバリア機能をより高めてくれ、雑菌や乾燥から肌を守ります。

 

ビタミンA

このビタミンAには体の基本代謝を高めてくれたり、皮膚の粘膜を正常に保つ働きがあったりします。代謝が上がることで新しい角質を作りやすくなりますし、

皮膚の粘膜もまた、乾燥したカサカサ肌を防ぐためには重要なものです。

 

ビタミンE

このビタミンEはあまり聞いたことがないかもしれませんが、実はすごく重要なもので、女性ホルモンの分泌を促してくれ、お肌の潤いを保持することに繋がります。

 

脂質

一見すると太るのではないかと思われがちな脂質、しかしこの脂質がなさすぎるとお肌は潤いを失ってカサカサ肌になってしまいます。ですから体の調子を整え、エネルギー源でもある脂質は重要なものなのです。

 

タンパク質

お肌の角質もそうですが、細胞の基本的な成分はタンパク質でできています。このたんぱく質が不足すると細胞自体が栄養不足になってしまいます。ですからタンパク質をしっかりととってしっかりと栄養たっぷりで潤いのある細胞にするためにもタンパク質は大切なのです。

 

ビタミンC

この栄養素は有名なので聞いたことがあるかもしれません。これはお肌にハリをもたせ、免疫機能を高めてくれる働きがあります。イチゴや柑橘系の果物に多く含まれているため摂取も簡単です。

カサカサ肌を防止し、しっとり潤い肌を保持するためにもこれらの栄養をしっかり取りましょう。

Pocket

スポンサーリンク

  関連記事

小林麻央発症進行性乳がん余命生存率!手術できない原因はステージ末期?

出典: http://www.centforce.com/profile/t_p ...

夏風邪の症状と治し方!高熱や咳が出る?原因や予防方法をチェック

夏風邪の症状や治し方について知っておこう! 暑くなると何をするにも汗が出て、水分 ...

ホホバオイルの効果的な使い方!ニキビやアトピーも改善する効能が! 

出典:http://youthful-beauty.info/hohobaoir ...

熱中症の症状?下痢が治らない!回復までの時間やどうしたら治るか

熱中症対策、しっかりできていますか? 夏のあつ~い季節になると、小さい子供や学生 ...

肩こりの頭痛や吐き気の解消法や原因!病院は何科を受診するの?

あなたは頭痛に悩んだことはありませんか?日本人は、頭痛に悩まされている人が多いよ ...

 - 健康・病気