ぴこれぽーと

最近はフィギュアスケート界の闇について書いています。

江戸川花火大会の穴場2016!場所取りのコツや時間をチェック!

   

Pocket

花火1出典:https://www.city.edogawa.tokyo.jp/

東京の夏の夜空を彩る数々の花火大会。その中でもっとも来場者数が多いのが江戸川区花火大会です。2016年はすでに第41回を数え、毎年の来場者数は少なくとも135万人と言われています。同じ東京の河川敷で打ち上げられる隅田川の花火大会の人出は100万人と言われているので、その数を35万人以上上回るこの花火大会。

そんな江戸川花火大会の2016年の情報をまとめてみました。

・江戸川花火大会は、なぜ135万人も来るのか?
・江戸川花火大会の見どころ
・2016年の日程
・穴場スポット5選
・場所取りのコツや時間
・会場へのアクセス

スポンサーリンク

江戸川花火大会は135万人の来場数!!なんでそんなに観に来るの??

花火2出典:http://simplers-list.com/

あの4万発花火が打ち上がることで日本一と言われている諏訪湖湖上花火大会の来場者数は50万人。有名度で言えばぶっちぎりだと思われる隅田川花火大会は100万人。そのどちらの花火大会よりも来場者数が多いのが、135万人を集めるこの江戸川花火大会です。

どうしてそんなに人が集まるのか不思議ですよね。打ち上げられる花火の数は約14000発。打ち上げ時間もおよそ1時間15分。それなのにこの人出。

その理由は同じ日程・場所で同時開催される、市川市民納涼花火大会があるからなのです。

最初の頃は別々の大会だったのですが、10回目以降から同時開催になり、江戸川花火大会の人出90万人と、市川市民納涼花火大会の人出45万人を足して135万人と発表されるようになりました。

江戸川花火大会の見どころ

2016年の江戸川花火大会は約1時間15分の打ち上げ時間の中で、打ち上げられる花火の数は14000発が予定されています。その花火の見どころは、趣の違う8つのテーマとBGMで構成された演出です。

参考までに、2015年の打ち上げの様子を簡単な説明を織り交ぜて時系列でご紹介!

  • 19:15「感謝感激☆江戸川夢華火」花火大会開始5秒間で1000発もの花火が一斉に打ち上げ。
  • 19:25「芝桜~富士に舞う~」芝桜と富士のコラボを花火で演出。
  • 19:35「サマースプラッシュ」まるで海中のような演出。
  • 19:45「集まれっ!夜空の鬼ごっこ」たくさんの動物を模した花火が次々と打ち上げられ、鬼ごっこ。

  • 19:55「えどがわ四重奏」四色の花火とBGMのコラボで魅了。
  • 20:05「鏡花水月~夜空の森林浴」まるで森林の中に居るかのような雰囲気。
  • 20:15「YELLOW RUSH」まさに、イエローラッシュ。昼間かと思わせる程、周囲を明るく照らし出す連発する花火は圧巻。
  • 20:25「輝きの道しるべ」最後はこれまでの花火を総括するドラマチックな演出で夏の夜を最高に盛り上げる。

さて、2016年はどんな演出がされるのか今からわくわくしますね!

2016年の日程

花火会場出典:http://img-cdn.jg.jugem.jp/

開催日:2016年8月6日(土)(悪天候の場合は8月7日に順延。7日も打上げ不可能な場合は中止)

時間:19:15~20:30

会場:江戸川河川敷

トイレ:仮設トイレ等が10か所用意されています。

交通規制:17:00~22:00まで一部交通規制があります。

穴場スポット5選

・篠崎公園

・篠崎ポニーランド付近

・大洲防災公園

・市川市側の河川敷

・総武線の陸橋近辺

・篠崎公園

大人数で行くならここは会場からもっとも近く敷地が広いのでおすすめです。打ち上げ会場のすぐ近くでなおかつ正面にあるので、絶好の穴場スポット。また敷地がとても広い上、24時間駐車可能の駐車場もあり、安心して鑑賞することができます。当日の17時頃からでも場所取りすることが可能です。

スポンサーリンク

最寄り駅:都営新宿線篠崎駅・徒歩14分

・篠崎ポニーランド付近

江戸川から南に下った河川敷。打ち上げ場所からは少し距離があるのですが、遮蔽物がないので、花火がよく見えます。比較的混雑しない穴場スポットなので、18時頃の到着でも割りといい場所を確保できる可能性があります。

最寄り駅:都営新宿線篠崎駅・徒歩15分

・大洲防災公園

市川側にある穴場スポット。混雑が少ない上、露天も出るので、ゆっくりと楽しみたいあなたにはぴったりのスポットです。

最寄り駅:JR市川駅・徒歩20分

出典:http://art6.photozou.jp/

・市川市側の河川敷

河川敷から花火が見たいのならば、江戸川の河川敷は早朝にいかないと良い場所はなくなりますし、他の場所も昼過ぎにはなくなります。なので、そっちは最初から諦めてこちらを狙いましょう。市川側の河川敷を最初から目指せば高確率でいい場所を確保できますよ。

最寄り駅:京成電鉄本線国府台駅・徒歩20分

・総武線の陸橋近辺

ここは周りが開けているので邪魔するものがなく十分に花火を見ることができます。打ち上げ場所からは少々離れているので、時間ギリギリとかでもまだ空いていたりするので、時間がなく花火を楽しみたいのなら、絶好の穴場スポットです。

最寄り駅:京成電鉄本線江戸川駅・徒歩8分

場所取りのコツや時間

屋台出典:http://trend.reviewtide.com/

場所取りのコツとしては、江戸川花火大会という名称ですが、花火を見るなら市川側で見るのようにしましょう。人混みなどを避けたい、場所取りをもっと楽に、また有料席が用意されてるのも市川側だけ、とどう考えても花火の見やすさは圧倒的に市川側しかないと思います。

河川敷の広さは江戸川区側に比べると、市川側は少し狭い感じですが、露天などはたくさん出ますし、夏の夜のイベントだと考えれば、何もかも市川側を選択した方が楽しめると思います。

時間は少し早めに目的地に着くこと、おおよそ16時~17時ころには到着するように行動しましょう。市川側は江戸川区側ほど電車の大混雑や場所取り合戦が激しくないのもおすすめのポイントです。

会場へのアクセス

江戸川区側の会場の周辺には、駐車場や駐輪場はなく、さらに17時~22時の間は交通規制がかかります。そのため公共交通機関を利用して会場まで行くことになります。

ただ、この花火大会は江戸川区側と市川市側の2つの会場があるので、その両方のアクセス情報をお伝えします。

・江戸川区側の方の会場までのアクセス

・市川市側の方の会場までのアクセス

江戸川区側の方の会場までのアクセス

・都営新宿線「篠崎駅」徒歩15分

・JR総武線「小岩駅」徒歩25分

こちらは大変混雑しますので、予定の時間通りに行動することは行きも帰りも難しいと思っておきましょう。

市川市側の方の会場までのアクセス

・JR総武線「市川駅」徒歩15分

・JR総武線「本八幡駅」徒歩30分

※本八幡駅より市川駅行き「大洲防災公園」下車

・京成電鉄「国府台駅」・「市川真間駅」徒歩20分

やはりおすすめはこちらの方ですね。

まとめ

江戸川花火大会の2016年の情報、いかがでしたか。江戸川方面から花火を見るのもいいですが、色々調べていくとやはり市川市方面からの観覧の方が断然おすすめだと思います。どちらから見ても同じ花火なら、より快適に見れたほうがいいですしね。それに江戸川の方は露天なども出店の制限があるらしく、夏の夜の祭りという風情が少し足りない感じもしますね。

しかしどちら側から見るにしても、この江戸川花火大会は演出もしっかりとされていて楽しめるので、今年の夏はぜひ会場に足を運んでみてはどうでしょう。

Pocket

スポンサーリンク

  関連記事

岡崎花火2016穴場はここ!駐車場アクセスや場所取りのコツ

出典:http://smartcat01.com/ 岡崎花火大会は岡崎城と一緒に ...

彼女や妻へのプレゼントに!腕時計おすすめランキング

彼女・妻へ贈るならコレ!腕時計おすすめランキング! 男性から女性へ腕時計をプレゼ ...

【花火大会の服装】女性が浴衣以外でデートする時の私服の選び方

『夏の花火大会デート、浴衣以外で行くならどんな服装がいいの?』悩んでいるあなたに ...

【オリーブデオリーブ福袋2017】中身ネタバレや予約再販情報

【オリーブデオリーブ福袋2017】中身ネタバレ&予約再販情報 カジュアル系やフェ ...

3歳の誕生日プレゼントに!男の子におすすめ人気ランキング

3歳の男の子は誕生日に何をプレゼントしたら喜ぶ? 3歳の男の子といえば、公園を元 ...

 - イベント