宇野昌磨のプレゼントばらまきがメディアに取り上げられない理由

宇野選手が試合やショーでプレゼントをばらまいているという報告があちこちで見られます。彼の叔母さんの手作りのものが主だと言われていますが、スケオタの間ではこれが問題視されています。

ばらまき行為の数々

■世界選手権でボランティアなどに

こちら、宇野選手の名前入り。

 

■国別で選手に

 

■FaOIでロシアンスケーターに

これまでも、宇野選手の祖父の絵だったり、叔母さんの手作りのエッジカバー等、選手やスタッフに対して様々なプレゼントを贈っていたようです。

「お世話になった方へ」という気持ちでやっているのだとは思いますが、本当の意図は彼らにしかわかりません。

 

それにしても、USM主導の、宇野選手に関してなんでもかんでも美談にする記事がいくつも出ている中、プレゼントのばらまきは記事になりません。真っ先に美談に仕立て上げられるはずなのになぜでしょうか。

 

それは、USMの関係者も、ばらまき行為がまずいものだとわかっているからだと思います。だから記事にしません。

 

試合でこんなばらまきをしている選手はこれまでにいません。それだけ異常なことを行っています。

 

どんな品物だとしても、関係者や選手に配ったら賄賂と思われてもおかしくない。言いたいことを言えなくさせる狙いがあるのではないかという見方もされています。
たしかに、ファンにお礼の手紙を送るのとは全く違いますよね・・・。

 

試合の度に関係者に物を配るということは、常識的に考えたらあり得ない行為であり、賄賂だと言われても否定出来ません。

 

選手やスタッフにプレゼントをしているということは、ジャッジや関係者に対して、もっと良いものをあげていたとしてもおかしくありません。

さらに悪質ライターにも配っている可能性も考えられます。

 

これはそのように疑われてしまう行為なのです。

 

そして、デーオタらの悪質スケオタが目の敵にしている羽生選手がもしこの行為をしていたら、賄賂だなんだと騒ぎ立てるんでしょうね。

 

これを「素敵な心遣い」と褒めているファンの方(デーオタ含む悪質がほとんど)もいますが、それなら、これまで一度もこの件をメディアで取り上げていない理由を考えてみるといいと思います。

 

良かれと思ってやっているのかもしれませんが、ただでさえ採点が不正だと世界中から疑われている宇野選手。これ以上、自分で自分の首を絞めることは辞めたほうが良いと思いますが。

 

スポンサーリンク

コメント

  1. さくら より:

    はじめまして。
    記事を拝見いたしました。
    羽生選手のお母さんは手芸がとてもお得意だという事で、オリンピックチャンピオンになる前くらい迄、お手製のビーズのストラップやビーズ人形をお配りしていましたよ。
    小分けのお菓子をたくさーん用意してお配りしていた女子選手もいましたし、そういうお気遣いの大切な世界なのではないでしょうか?
    宇野選手にしても羽生選手にしても、しっかり気遣いできるご家庭のご出身って事ですね。

    • piko より:

      白々しく「はじめまして」とは。
      古い記事に今更コメントする人なんて身内くらいのものです。

      勘違いなさっていますね。というか印象操作に必死ですね。羽生だってーほかの人だってーと言いたくてしょうがない。

      宇野選手の場合は「うちの子をひとつよろしくお願いね」と大会の関係者に配ってますよね、試合の度に。他にそんなことをしている人はいませんよ。
      しかも叔母さんのは自社製品で宣伝行為じゃないですか。完全にアウトです。

      疑惑を持たれる行動は慎むことです。
      ただでさえ採点が不正だと世界中で言われているのですから。

      その違いがわからないような頭なら相手する価値もないので2度とコメントなさらないでくださいね。

      馬鹿なコメントで恥を晒しただけでしたね。

タイトルとURLをコピーしました