ぴこれぽーと

最近はフィギュアスケート界の闇について書いています。

熱海花火大会2016日程!有料席や混雑状況と駐車場アクセス

      2016/07/04

Pocket

熱海花火大会画像1 出典: http://niko2blog.com/986.html

あっという間に花火大会の季節になりました。あなたは今年どこの花火大会に行きますか?今回ご紹介するのは熱海花火大会についてです。

花火大会は一般的には1日、2日など短期で終わる大会が多いため、社会人にとってはなかなか行けないものですよね。しかし熱海花火大会は1年間に12回もの打ち上げがあるのです。予定を組んで年に1度くらいは行けるのではないでしょうか。

今年の夏は忙しいという方もたくさんの日程があるので、都合のあう日程を探してみましょう!

2016年の熱海花火大会について以下の内容でお伝えしていきます。

・熱海花火大会の魅力
・2016年の日程
・熱海花火大会の駐車場・交通アクセス
・有料席チケット詳細と購入方法

・混雑状況について

スポンサーリンク

熱海花火大会の魅力

熱海花火大会は今年で65年を迎える大規模な花火大会で、毎年たくさんの来場者でいっぱいになります。冒頭にもお伝えしたように、1年間に12回もの日程が組まれているので、予定が組みやすいのが良いですよね。

春夏秋冬と年中開催されている珍しい花火大会ですが、その中でも夏季花火大会7日間連続で開催される大規模な花火大会です。

熱海花火大会の見どころとしてよく言われるのが、「熱海湾という会場の良さ」です。熱海湾は三方を山に囲まれた地形のため、音の反響により大迫力の花火を楽しめます。

雨天決行で平日にも休日にも開催されるので、普段あまり花火大会に行けなくても熱海の花火大会は行きやすいですね!
また熱海花火大会の最大の見どころは毎回フィナーレを飾るフィナーレの大空中ナイアガラです。

この「大空中ナイアガラ」は仕掛け花火ではなく、スターマインを打ち上げるという特殊な方式であげられる花火です。生で見たときの迫力はとても言葉では言い表せないぐらい凄まじく、感動すること間違いなしです。

 

花火の打ち上げ場所は熱海湾から熱海サンビーチ海水浴場までの海岸です。ビーチで開催されるため、砂浜にゆったりと寝転んで花火を見ることができるのも、熱海花火大会の魅力の1つですね。

 

2016年の熱海花火大会の日程

  • 春季:4/9 5/14 時間:20:20~20:45
  • 夏季:7/24 29 8/5 18 21 26 時間:20:20~20:50
  • 秋季:9/19 時間:20:20~20:45
  • 冬季:12/4 11 18 時間:20:20~20:45

打ち上げ数:約3000発(夏季のみ約5000発)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

駐車場・交通アクセス

開催場所:熱海湾~熱海サンビーチ海水浴場までの海岸

交通アクセス

熱海駅より徒歩約10分

駐車場

周辺に駐車場はありますが、花火大会当日は早い時間から満車になります。車で行く場合にはかなり早い時間から会場に到着するように向かいましょう。

 

有料席チケット詳細と購入方法

熱海花火大会には有料観覧席もあり、新水公園の一部でチケットの人数分のスペースが確保されるため、ゆったりと花火を観覧することができます。

◆前売・当日券:1枚1,000円(共にエアークッション付)

◆販売枚数::1開催合計1600枚(うち当日券300枚)

有料席チケットは全国のセブンイレブンで購入することが出来ます。詳細は以下の公式サイトをご覧ください。

公式サイト販売ページ:http://www.atamicci.or.jp/atamiccihanabi/

熱海花火大会の混雑状況は?

熱海花火大会画像2出典: http://www.atamispa.com/cam_2012summer/images/img_summer3.jpg

熱海花火大会は開催回数も多いことから、他の花火大会と比べるとそこまで混雑はしていません。打ち上げ開始の1時間前に行っても、目の前で花火を楽しむことができるほどです。

車で来場される場合は特に交通規制等はされていませんが、駐車場の確保が難しく、最低でも2,3時間前に駐車場を確保しておく必要があります。

行き帰りの渋滞も早め早めで行動していれば、大きな渋滞に遭遇することはないと考えて大丈夫です。しかし会場は基本的に歩行者優先ですので、駐車場からの出庫の際に時間がかかってしまうことも多いです。

 

お忙しいあなたにピッタリの熱海花火大会

春夏秋冬と1年中を通して開催される熱海花火大会。特に夏季は平日開催もされるため、日頃土日が忙しい仕事の方やなかなか休みをとれないお父さんも、熱海花火大会であれば、お子さんを連れて一緒に観覧ができるのではないでしょうか?

熱海の花火大会であれば、花火の前後にものんびりと温泉や旅行を楽しむこともできます。また、三方を山に囲まれた「すり鉢」上での花火を味わうことができるのも、熱海花火大会の魅力です。

大迫力の音響花火を是非堪能してくださいね!

Pocket

スポンサーリンク

 - イベント