ぴこれぽーと

最近はフィギュアスケート界の闇について書いています。

赤ちゃんの咳と鼻水!熱はないときの対処法や病院に行く目安は?

   

Pocket

大人でも花粉症や風邪で鼻水や咳が止まらないと、とても辛いですよね。そんなとき大人であれば、自分で鼻水をかんだり、うがいをしたり対処出来ますが、赤ちゃんは自分ではまだ何もできません。

鼻づまりで苦しそうにしていたり、激しい咳で夜中何度も起きてしまったりすると、親も心配になりますし、高熱であれば、病院に連れて行くという判断基準になりますが、熱はなく鼻水や咳だけで病院に連れて行っていいのか迷いますよね。

しかし、「熱はないから・・・」と放っておくと、悪化して完治に時間がかかったり、他の病気につながる事もあります。ママがよく観察し、家で安静にするか、病院に連れて行くかしっかり判断しなければなりません。

ここでは、赤ちゃんが咳や鼻水で苦しんでいても熱はないときの対処法や、病院に行く目安についてお話します。

スポンサーリンク

咳や鼻水はなんででるの?

そもそもなぜ咳や鼻水が出るのでしょうか?その原因はなんでしょう?

画像1

咳は、のどや気管にゴミやウイルスなどが入ったときに咳をして体外に排出させようとする反応です。また、急な気温の変化や空気が乾燥していても出ることがあります。

 

鼻水は、ウイルスや花粉などのアレルゲン物質が鼻の粘膜につくと、粘液を大量に出し体外に流し出そうとするための働きです。咳と同じで温度や湿度の変化に体が対応しようとしている場合もあります。

 

大丈夫な咳、気をつける咳

咳は出るのに、痰や熱など他の症状がなく、機嫌もよく食欲もあり夜もしっかり眠れているようであれば4~5日自宅で様子を見ましょう。

ただし、咳の出方や鼻水の色によっては、すぐに病院に行った方がいい場合もあるので、しっかりと赤ちゃんの様子を観察しましょう。

 

咳は、音によって大きく3種類に分けられます。

 

コンコンと乾いた音

空気が乾燥しているときに出る咳です。加湿器をつけたり、洗濯物を部屋干ししたりして部屋の中を加湿してあげましょう。

風邪のひきはじめもこのような音の咳が出ますが、発熱などの他の症状がなければすぐに病院に行く必要はありません。まずは家の中で安静にして休ませてあげましょう。

 

しかし、コンコンという咳でも1週間以上続くようであれば要注意!百日咳などの可能性もあるので病院を受診しましょう。

 

ゴホゴホと湿った音、ゲホゲホと痰がからむ咳

このような音が出たら早めに病院を受診してください。

 

痰がからむとゲホゲホという音になります。痰の色が黄色や緑の場合は要注意です。

風邪がなかなか治らなかったり、熱は下がったのに咳だけ止まらないときは、ウイルスが気管支などに感染し、気管支炎や肺炎などに発展した場合も考えられます。

肺炎は重症化しやすいので、入院して治療することになります。

 

※痰がからむときは・・・

赤ちゃんは自分で痰を切ることができません。痰の切れがよくなるように水分を多めに飲ませてあげましょう。一緒に熱が出ている場合はたくさん汗をかいているでしょうから、イオン飲料などがオススメです。

画像2

ケンケンと犬のような咳

ケンケンと犬の遠吠えのような音がしてきたら早く病院を受診しましょう。夜の場合は救急でもいいので、なるべく早く処置してもらうことが重要です。

スポンサーリンク

 

のどの奥が腫れて気道が狭くなってしまい、呼吸困難などに陥る危険があります。風邪の治りかけのときに多く、乳幼児がなりやすいです。また、夜間に悪化することが多いので、日中に少しでもこのような音の咳を出したら、すぐに病院に行きましょう。

 

大丈夫な鼻水、気をつける鼻水

次に鼻水についてみて行きましょう。

鼻水は色や粘度を見て病院を受診すべきか判断しましょう。

 

透明でサラサラな鼻水

透明で粘度の低い鼻水の場合、アレルギーや気温差によるものがほとんどです。

 

・花粉

・ペットの毛やダニ

・ホコリやカビなどのハウスダスト

アレルギーの鼻水の場合これらが原因となっている事が多いです。透明でサラサラの鼻水が長く続く場合は一度小児科や耳鼻科で何のアレルギーがあるか調べてみるといいです。

 

明け方など急に気温が下がったりすると鼻水が出る事があります。特に体調が悪いわけではないので、部屋を暖かくしたり、服を一枚足して対応しましょう。

 

色が付いている、粘度の高い鼻水

ウイルスや細菌が体の中に入ると、白血球が死滅させようと戦います。黄色や緑色の鼻水はその戦った白血球の残骸やウイルスや細菌が死んだもの、つまり膿なのです。

色のついた鼻水が出るのは、体の中にウイルスや細菌が入り込んでいるサインなのです。

 

また、色のついた鼻水は粘度が高くなり、鼻づまりになりやすくなります。

鼻づまりは放っておくと、中耳炎や蓄膿症につながります。中耳炎や蓄膿症は一度なると、癖になることがあるので病院で薬をもらったり、こまめに鼻水をとってあげて、早めに直すようにしましょう。

 

赤ちゃんの鼻水をとるには、鼻水吸い器、耳鼻科

赤ちゃんは自力で鼻水をかむことができません。

大人がとってあげましょう。いろいろな鼻水吸い器が売っています。口で吸うタイプ、電動のタイプ、ポンプで吸うタイプなど。電動のものは数千円するので、まずは電動でないものを試すといいです。(電動を買っても使いづらかったり、赤ちゃんが嫌がって使えなかった場合、お財布へのダメージが大きいので・・・)

画像3

鼻水吸い器はコツと大人の勇気が必要です。自分で上手くできない場合は、耳鼻科に行って吸ってもらうといいです。「鼻水だけで行っていいの?」と思いますよね。私もそうでしたが、耳鼻科に行って「小児科で薬はもらっているので、鼻水だけとってほしいです」と言ったら、「いいよー、鼻水だけでも大丈夫だから、いつでも来て~」と言われました。

 

 気になる症状があれば病院に行きましょう

赤ちゃんは抵抗力が弱く、粘膜も敏感ですから、大人が反応しないようなウイルスやホコリにもすぐ咳や鼻水を出してしまいます。

ここでは病院を受診するタイミングや判断基準を確認してきましたが、実際の赤ちゃんの様子を良く見て、食欲や元気がなかったり、苦しくて寝付けなかったりしても、病院を受診した方がいい場合があります。

判断に困ったら、かかりつけの小児科に電話で受診が必要か相談してみるといいです。

咳や鼻水は、体からの何らかのサインです。よく症状を観察し、大人がしっかり赤ちゃんの健康を守ってあげましょう。

 

Pocket

スポンサーリンク

  関連記事

赤ちゃんの便秘を解消する方法!綿棒浣腸や離乳食レシピを紹介

授乳に夜泣き、突然の発熱と子育ての悩みは尽きませんよね。生まれたばかりの時はゆる ...

赤ちゃんのおむつかぶれの市販薬!種類や効果と正しい使い方

赤ちゃんがおむつを卒業するまでには短くても1年、長いと3~4年付き合っていかなけ ...

赤ちゃんが下痢のとき離乳食はなにが良い?食事の与え方や注意点

赤ちゃんが下痢のときの見分け方やおすすめの離乳食! 赤ちゃんはまだ内臓が未熟なた ...

妊婦が風邪引いたら病院は何科?妊娠への影響や自宅での治し方

妊婦が風邪引いたらどうしたらいい? 普段から手洗いやうがいをして気を付けていても ...

夏の紫外線対策!赤ちゃんの日焼け止めクリームおすすめランキング

赤ちゃんの日焼け止めクリームおすすめランキング! 赤ちゃんがいる方にとって赤ちゃ ...

 - 育児