ぴこれぽーと

最近はフィギュアスケート界の闇について書いています。

20代貯金額平均女性・男性・夫婦別に紹介!月々平均や貯金目安は?

   

Pocket

画像1

みんなどれくらい貯金してるんだろう・・・気になるけど、面と向かってはなかなか聞きづらいものですよね。もし聞いたとしても大抵は少なく言っていそうだし。。。

20代は働き始めて収入はあるけれど、一人暮らしだと家賃や食費はかかるし、実家暮らしでも家にお金を入れたり、定期的に化粧品やスーツも買わなきゃいけない。そんな中で実際はみんなどれくらい貯めているのでしょうか。

30歳未満の単身男性と女性、一人暮らしと実家暮らしでの違い、結婚している世帯ではどれだけ違うのか、総額と月々の貯金額を平均値で比較していきます。

スポンサーリンク

実際どれくらい貯金しているの?

20代は、働き始めたとはいえ、休日やアフターファイブなどは友人や恋人と遊びたい年代ですよね。実際、20代で貯金額がゼロという人も全体の40%程いるそうです。それでも後半に入ると、男女ともに結婚を、女性だと妊娠・出産などを意識し始める頃です。遊びたいけれど、将来を考えて貯蓄を始めなければならない。そんな20代の平均貯金額を見ていきましょう。

 

20代女性の貯金額

女性単身者の貯蓄総額の平均は約200万円です。

この金額を大卒で30歳までに貯めようとすると、月々25,000円になります。実際はボーナスなどもありますから、月々15,000~20,000円程、年2回のボーナスでそれぞれ25,000~50,000円を補う感じでしょうか。

20代女性の月の手取り額は16~21万円が一番多いとされています。月収の1~2割を貯金に回す人が多いようですね。

画像3

20代男性の貯金額

男性単身者の貯蓄総額の平均は約120万円です。

男性の場合は、月収20~25万円の人が多いようです。この数値だけでも、男性よりも女性の方が貯金に対する意識が高いのが分かります。男性は将来の事よりも現在の趣味などにお金をかけてしまうようですね。女性よりも昇給のスピードが早いので「必要になったらいつでも貯められる」という考えになってしまうのかもしれないです。

 

・一人暮らし単身者

一人暮らししている人は毎月、住居費や水道光熱費がかかってきます。仮に家賃で50,000円、水道光熱費で15,000円かかるとします。

女性の場合、平均月収の約3分の1は無くなる訳です。そこに食費や服飾費などが加わると、正直毎月15,000円を捻出するのはキツイですね。

スポンサーリンク

男性の場合は、単純に収入の面だけを見ると女性よりも貯金額が多そうですが、女性に比べて自炊している割合が低いため、外食費にお金がかかっているのかもしれません。

 

・実家暮らしの単身者

実家暮らしの場合、家にお金を入れている人もいると思いますが、男女ともにその平均は3万円程です。食費や水道光熱費もかからないので、一人暮らしに比べて貯金はしやすい環境です。

女性の場合、月収から3万円を引いても12~18万円は残る計算になります。交際費や服飾費などに5万円かけたとしても手元に7万円も残ることになります。

男性の場合は、月収から3万円引いても17~22万円程残ります。女性よりも付き合いの飲み会などが多いとしても、どれだけ実家暮らしの男性が自由にお金を使っているかが分かります。

 

 

既婚者(夫婦)の場合

画像2

世帯主が20代の場合の平均貯蓄総額は約190万円です。

夫婦の場合、結婚式や新婚旅行で使ってしまったり、お子さんがいる世帯は養育費や学費などにもかかるため、単身と既婚者というだけで貯蓄総額には大きな差はないようです。

奥さんが妊娠すると、最低でも妊娠後期~出産後3カ月は産休を取らなければならなくなります。そうなると、最低4~5カ月程は旦那さんの収入だけで生活しなければなりません。また、出産時の入院費用もかかります。既婚者は子供ができるまでの間でどれだけ貯金を増やすかがキーポイントになってくるようです。

 

既婚者の場合、月々の平均値は算出できても、実際のところ平均金額を毎月貯めることは厳しいです。夫・妻それぞれの実家の冠婚葬祭や、子供の七五三や入園・入学などのイベントがあるとその度にお金が出ていきますから。。。

 

 

定期預金や財形などに頼ってみては?

貯金しなくちゃ、とは思っていても、実際はなかなか計画的に貯められないものです。でも貯金がないと、医療保険に入っていたとしても、入院・手術が入っている保険で足りるとは限りません。

年金だって、私たちがもらう頃には今より減っているかもしれないし。年金の受給額下がったり受給年齢が上がっとしても、大丈夫なくらい貯金額は増やしておきたいですよね。

そのためには、計画的に貯めれるかが、貯められない人との差になってきます。

ファイナンシャルプランなーなどによると、貯金の目安は、収入の約1~2割だそうです。まずは、手取り額(月収)の1割を毎月貯めることを目指していきましょう。

計画的に貯められない人は、銀行や郵便局の定期預金や、会社の財形などを頼る手もありますよ。

Pocket

スポンサーリンク

  関連記事

エアコンの電気代を節約!冷房の温度は何度で除湿とどっちが安い?

夏場に欠かせないアイテム「エアコン」。 最近では、北海道などでも35℃を超えたり ...

布団干しの時間帯は夏と冬で違う!効果的な干し方や収納法

布団干しの時間帯は?干し方や収納法を紹介 布団で寝心地って全然違うものです。あな ...

貯金の仕方と節約のコツ!貯金術で目標貯金額を賢く貯めよう

最近のニュースで、年金だけでは生活できず生活保護でギリギリの生活をしている高齢者 ...

地震対策に必要な持ち物は?災害時に準備したい非常用持出袋の中身

地震対策にはなにが必要?これだけは揃えておきたい持ち物! 2016年の4月の最大 ...

引っ越し挨拶の時間はいつのタイミングがいい?不在の場合の対策法

引っ越し挨拶の時間はいつのタイミングがベスト? 引っ越し挨拶をする時に重要なのが ...

 - 生活情報